上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

時間が経ったほうが断然おいしい「寿ようかん」。

今日はいいお天気でしたよー♪
d0182179_12421872.jpg



こちらは1月限定の新年のようかん「寿羊羹(ことぶきようかん)」です。
d0182179_1252521.jpg


お年始の手みやげとしてとてもポピュラーなんです。
高田エリアだけのようですが。

うちのおみやげコーナーで売ってるんですよ。

袋から出すと
d0182179_13192329.jpg


笹(・・・かな?)に包まれた黄金色のようかんが出てきます。

白いんげんを使って作られてるから、こういう白っぽい色になるんだそうです。


おいしいんですよ、すごく!
d0182179_1638234.jpg


そして、開封直後よりも、何日か経過したほうがよりおいしくなるんです。

わかります?このひび割れた感じ。
d0182179_16415167.jpg
表面が乾燥すると周りのお砂糖が粉をふいたようになるんですよね。

それを食べたときのガリガリッとなる食感が最高なんですよー

そのガリガリがこのようかんの醍醐味っていえると思います。

だって誰に聞いても、
「寿ようかんは開けてすぐより、時間経ったやつのほうが好き。」って言いますからね。


ネットで寿ようかんのこと調べてたら、こんなエピソードを見つけました。

昔は砂糖のお菓子って貴重だし、寿ようかんは特に長持ちするので、
おみやげでいただくと、
それを知り合いに分けてあげ、
その知り合いもまた別の知り合いに分け、、、

回りまわって最初にあげた人のところに戻ってくる。

それほど長持ちするし、人に喜ばれるお菓子だった。


・・・ということです。


ホントにホントにおいしいですよ!寿ようかん。

2月になったらもうお目にかかれなくなりますからね。
食べてみたい!という方、お急ぎくださーい!






★☆今日の言葉☆★

何事にも動じず淡々と生きることが、いちばん大切な心構えなのだ。
外の状況がどうであれ、感謝と平安を選択しなさい。  ( 本田 健 )

by shinyanagi | 2013-01-24 23:13 | お菓子 | Comments(0)