上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ハーブ教室「ブイヤベース」と「ピクルス」

月初めの火曜日はハーブ教室の日。

6月の米山ガーデンは早咲きのラベンダーが花盛りでした!
d0182179_17124155.jpg

d0182179_17121420.jpg

あー
癒されます!



今回もおいしーーーいハーブ料理習ってきましたよ。
d0182179_1831469.jpg



習ったのはブイヤベースとピクルス。

ではさっそく紹介しますね。

まずはブイヤベース。

有頭エビとタラ
d0182179_1841345.jpg


あさり
d0182179_1845982.jpg


先に薄切りにんにくと薄切り玉ねぎをオリーブオイルで炒めて、
d0182179_1852924.jpg


水を入れて、これを投入。
d0182179_1872320.jpg

d0182179_1874550.jpg

何かというと・・・

セロリと一緒にガーデンから摘んできたタイムやローズマリーを糸で縛ったもの。
「ブーケガルニ」といいます。

ハーブのブーケって意味なのかな。
煮込み料理の風味づけをしてくれます。

エビとタラ、入りました。
d0182179_18301751.jpg


白ワインとサフランも入れました。
d0182179_190211.jpg


あとはアクを取りながら少々煮込み、
d0182179_1905146.jpg

最後にあさりを入れて、あさりの口が開いたら完成です。

タイムとパセリを飾って、ブイヤベースができました。
d0182179_1915480.jpg

エビのだしとコクがすごい効いてる!
ごちそう感たっぷりの豪華スープですよ。

それにしても、
びっくりするくらい簡単&短時間でできてしまいました。
これなら、ご飯の支度に時間をかけられない私でも作れそう。


次、ピクルス。

棒状に切った材料いろいろ。
d0182179_1917129.jpg

きゅうり、にんじん、ピーマン、パプリカの赤と黄、玉ねぎ、カリフラワー、プチトマト、セロリなどなど。

びんに入れていきます。
d0182179_19175555.jpg


d0182179_19201754.jpg


すっからかん!
d0182179_1918325.jpg


私もこんなに詰め込みました。
d0182179_1245737.jpg


米酢です。
d0182179_12535034.jpg


米酢と水、同量ずつ入れます。野菜が完全に浸るまで。
d0182179_12542132.jpg


砂糖、塩、唐辛子、ローリエの葉、粒コショウ、コリアンダーを入れて、
混ぜたら完成です。
d0182179_12561468.jpg


見た目もきれい!
d0182179_1303354.jpg

冷蔵庫で2ヶ月くらいオッケーだそうですよ。



さあ、ランチタイムです。

ブイヤベースにはハーブ入りバターを塗ったフランスパンを添えて。
d0182179_1333265.jpg


お水にはミントの葉を浮かせました。
d0182179_1391682.jpg

ハーブ好きとしましては、
味もさることながら、ちょっとした飾りにハーブをあしらったりするこういう演出にやられます。



今回もハーブ料理、充分に堪能してまいりました。



さてさてピクルス。
一晩寝かせて、、、
d0182179_13124316.jpg


ビールのつまみに最高でした!!
d0182179_13191020.jpg

by shinyanagi | 2014-06-06 13:29 | オフ | Comments(0)