上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

うちのご先祖様といん石の関係は?

親戚からこんな写真をもらいました。
d0182179_2012957.jpg
あ、コピーなんですけどね。

これは大正9年に撮られた写真。
おおよそ100年も前に写されたものです。

もらったコピーはA4くらいの大きさですが、
実物は本当に小さい昔の写真だそうです。


中心に写ってるこの人は、私の曾祖母のお兄さんに当たる方。
笹川九一郎さんといいます。
d0182179_20432981.jpg


この写真のエピソードです。

大正9年9月16日のこと。

曾祖母の実家のある清里・櫛池地区の田んぼに隕石が落下したんです。

空から何か塊りがすごいスピードで降ってきて田んぼの中に墜落した!
ということで住民は騒然となりました。

でも、
誰も怖くて近づけない。。。

そんな中、名乗りを上げたのが地元の消防団長だった九一郎さん。

消防団長である自分が確認しに行くしかない。
と意を決してのことだったんでしょうが、

とにかく相当に勇気ある行動だったはず。

そして、九一郎さんは隕石を発見するのです。


上の写真は、その時の記念写真。

九一郎さんの前の台の上に隕石を置いての撮影だったようですが、

台にかけてある白い布がハレーションを起こしちゃったのか、
隕石の部分は残念ながら真っ白け。

とはいえ、
どこか誇らしけに見える九一郎さんの表情、
凛々しくていいな~

一緒に写っている奥さんや子どもたちや警察?の人たちの真面目な表情もいいです。

そんな写真を眺めながら当時に思いを馳せると、
私の感情も動きます。
胸がちょっとキュンとする感じかな。


隕石が落ちた穴は今も保存されていると聞いて、
行ってみました。
d0182179_20501833.jpg

「櫛池隕石落下公園」


人気のない小さな公園に建っている三角の碑。
d0182179_20505974.jpg


そこに穴がありました。
d0182179_21143547.jpg

きれいにコーティング?されてます。

のぞくと、
あ、落ち葉がたまってる。。。
仕方ないですよね。
d0182179_2115274.jpg

写真だとあまり深く見えないけど、
1メートルくらいの深さはあるんじゃないかな。

そっか~
ここに落ちたんですね。


ちなみに、
その落ちた隕石は、清里の星のふるさと館に展示されていていつでも見ることができるそうです。

そして、それは新潟県において現存する唯一の隕石だそうですよ。


勇敢な九一郎さんが自分のご先祖様って、なんか嬉しいです。

そうそう。
隕石が落ちた日の九月一六日って「くいちろう」ですよね。

奇しくも!って感じ。

9月16日の九一郎さん。

ブログ読んでくれた皆さんの記憶にも残るといいな。





おまけ。
d0182179_21153955.jpg

残業中、調理場から届いた海老汁です。

からだも心もあったまりました!
by shinyanagi | 2014-09-23 23:59 | オフ | Comments(0)