上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー

じゅんさい採り

笑学館の太田さんから、
「じゅんさい採りやってるけど見に来る?」と連絡をもらったので、

そんな珍しいもの見たことない!と思って、
「行きます、行きます!」と2つ返事で行ってきました。


だいたいの場所は聞いたので、
そこへ行ってみると、

車道から脇に入っていく田んぼ道があって、
d0182179_1826928.jpg
その先に太田さんの車発見!


田植えの終わった田んぼを眺めながら近づくと。
d0182179_18284288.jpg



池があって。

その池の中に・・・いた!太田さんだ!
d0182179_18541632.jpg


この水面に浮いてる草がじゅんさいなんですね。
d0182179_18561199.jpg


そしてこんなふうに水に入って採取するんだ~
何の予備知識もなく行ったものですから、すごく驚きました。
d0182179_18572184.jpg


ちゃんと仕事として栽培してる方は船を浮かべて採ったりするそうです。

しばらく見させてもらってたけど、
気持ちのいい景色に誘われて、花の写真撮ったり、田んぼの写真撮ったり。

d0182179_19421298.jpg

d0182179_1945127.jpg

d0182179_19431880.jpg

d0182179_19435216.jpg


と自由行動。
おかげでなんだかすっかりリフレッシュできました!

気持ちよかった!


さてさて、太田さんのところに戻って。。。


じゅんさいの食べれるところって、
葉っぱの下の水面下にある芽の部分なのだそうですが、

これを一つ一つ手で取っていくわけで、
それがまた本当になかなか捗らないんだそうです。

じゅんさい採りってかなり根気と時間のいる仕事のようです。

でも、私にもお裾分けしてくれましたよ!
d0182179_1933081.jpg

すごいです!この艶々のぬめり!
これこそがじゅんさいの魅力ですよね。

太田さん、ありがとうございます!


さあ、さっそく持ち帰って料理長にお願いすると。

さっと湯掻いてくれて、
d0182179_19112895.jpg


できた。
d0182179_19122570.jpg

茹でてもこの弾力のあるトゥルントゥルンのぬめりは少しも弱まらないんですね。
というか、
よけい透明感を増してすっごくきれいです。

そして料理長の味付けは、
醤油にワサビを溶いたものをだーっと流しこみ混ぜ混ぜ!
d0182179_1920565.jpg

できました!

もちろん、さっそくいただきました。

トゥルントゥルンとしたぬめりの何とも喉越しのいいこと!
そして茎の食感がいい感じで。

めちゃめちゃおいしい!

じゅんさいって多分人生で2回くらいしか食べたことないけど、
みんなが「おいしい!」って言うのが今日はとってもよくわかりました。

ごちそうさまでした!
by shinyanagi | 2015-06-11 20:40 | 風景 | Comments(0)