上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

梅酒を仕込みました。

昨日の続き。

1本の梅の木からこんなに収穫がありました。
d0182179_20241742.jpg

フルーティーないい香りが漂ってます。


ということで、
調理場の新人みうちゃん、今回は梅酒づくりを習うの巻です!
d0182179_2025378.jpg


さあ、一人でがんばろう。
d0182179_20274022.jpg


8リットルの瓶1本につき、
梅2キロ、氷砂糖2キロ、ホワイトリカー1.8リットルを2本です。


まず梅の半量を最初に入れて、その上から氷砂糖の半量を入れ、
d0182179_20394152.jpg

さらに残り半量の梅を入れ、残り半量の氷砂糖を。

つまり、半量ずつ交互にいれました。
d0182179_20412038.jpg

きれいでしょ!


そこへホワイトリカーを全量注いで。
d0182179_2040959.jpg


ふたをして完成です。
d0182179_20404052.jpg


簡単といえば簡単だけど。。。

たくさんあるからそう簡単には終わらない!



でもがんばりました!
d0182179_20415497.jpg


全部で10本の梅酒ができましたよ。

ってことは、20キロの収穫があったってこと。

1本の木からこれだけの梅が収穫できたんだから上々ですよね。

みうちゃん、おつかれさまでした。
d0182179_2110132.jpg



これから3か月ほど寝かせるので、
秋頃には今年の梅酒を食前酒としてお出しできそうです。

美味しい梅酒になりますように!
私もとても楽しみです。


あと、
板前さんは梅でこんなのも作ったりします。

甘ーく煮詰めた「青梅蜜煮」です。
d0182179_21481748.jpg


前菜盛り合わせのひと品として。

ほのかな梅の香りと上品な甘み。
これもおいしいですよー!





◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-06-25 22:00 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)