上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

新柳の「青梅蜜煮」が新聞に。


これは昨日の新潟日報の「上越かわら版」の写真です。

かわら版とは、毎週水曜日に上越地域に折り込まれる別刷りの新聞のことです。

d0182179_19502595.jpg

この折り込みの「旬の味」というコーナー。
ここに今回載った「青梅蜜煮」の作り方をお教えしたのがうちの板前、大竹さんなんです。


新柳では、毎年梅の収穫期になると、
梅酒を作ったり、梅干しにしたり。

そして会席料理にお出しする「青梅蜜煮」も定番のように作っています。


かわら版の記事を書いている方が、新柳の過去のブログでこの青梅蜜煮を見つけられて、
取材のご依頼をくださり、今回の記事につながったというわけです。


なかなか手間暇かかるお料理なので、
ご自宅で作るのは大変だとは思うのですが、


ぽったりと甘く優しい味わいと、きれいな緑色が楽しめる極上の梅ができあがるので、
やってみる価値はあるかもですね。


でも、
「大変だわ」という方は、ぜひ新柳で召し上がっていただけたら嬉しいです!


といっても、
今年はまだ梅の収穫をしていないので、お出しできる時期がいつになるかは未定なのです。

また調理場で仕込むことになったらブログで報告しますね。





これは何年か前に写真を撮った、
前菜盛りの中の一種だった「青梅蜜煮」です。

d0182179_21042217.jpg

何気なく盛り付けられたほんの小さな一粒ですが、
さっきも言ったようにしっかりと手間暇かかってます。

なので、その深い味わいは召し上がった方にはわかっていただけるんじゃないかなー
と思います。






◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら









by shinyanagi | 2017-06-22 22:42 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)