上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi

2010年 11月 13日 ( 1 )

まほろば風弁当

今日はお客様からの特別のご注文で、
「まほろば風弁当」というお料理を作らせていただきました。

「まほろば」とは、
「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味の古語。
そして、
「まほろば」には貴族など高貴な人たちが住んでいたのだそうです。

このあたりでも、大昔そういう貴族が暮らしていて、
宮口古墳はその貴族のお墓だそうですよ。

今回のご注文は、
「地元の山菜やきのこなどを使って古代食風なお昼のお弁当を作ってほしい。」
というご依頼でした。

ふるさと牧の歴史や文化を学ぶ「くびき自由大学」の講座のあとの昼食会。
そこでお出しするお料理ということで。

d0182179_18204224.jpg




主催の「ふるさと牧歴史文化研究会」成島様のアイディア。
そして、
その趣旨に賛同した社長。

自ら天然のきのこを採りに行ったり、
80歳を越す社長のお母さんに昔ながらの山菜料理の作り方を習ったり。

ご期待にこたえたい、いえ、ご期待以上のお料理を!
という気持ちで準備をさせていただきました。



こんな献立でお出ししましたよ。

小鉢・・・ぜんまい煮(写真はでかいですが小鉢です・・・)
d0182179_17451861.jpg


大皿・・・焼き魚(鮭)、イクラ、天ぷら(スル天、さつまいも、しめじ、青唐)
     煮豆、とんぶり。
d0182179_1813177.jpg


煮物・・・鶏肉、里芋、チンゲン菜、だつぼこ
d0182179_18154245.jpg


ご飯・・・紫黒米(古代米と言われてます)とこしひかり米の天然しめじご飯
d0182179_18173564.jpg


汁物・・・ぼたん汁(いのししの肉ですよ!)
d0182179_1819655.jpg


水菓子・・・おけさ柿
d0182179_18194427.jpg


以上6品。

全員で56名の方たちに食べていただきましたよ。
たくさんの方たちに「おいしかった!」って言っていただきました。

皆様どうもありがとうございました!


by shinyanagi | 2010-11-13 19:22 | Comments(0)