上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi

2012年 01月 16日 ( 1 )

昨日は「さいの神」。

昨日は上越の各地で、
小正月行事の「さいの神」が行われてましたね。

ここ落田町内でも行われましたよ。

落田の高台、神社のそばの空地。
d0182179_12514936.jpg
当番の方たちが当日の朝から作業に入り、作り上げられたさいの神です。

作業された皆さん。
d0182179_1303593.jpg

さいの神を作り終え、藁のイスにすわってコップ酒で一杯やってるところ。
つまみはちくわを1本丸かじりだそうです。
ワイルドでいいですね!

皆様、寒い中本当にお疲れ様でした!


さいの神、高く聳え立ってますよ。
d0182179_13101212.jpg

d0182179_13122783.jpg

各家庭のお正月飾りや、子どもたちの書初めなんかが、
中に入ってるんですよね。

さいの神で書初めを燃やすと字がうまくなるとか、
スルメやお餅をその炎で焼いて食べると1年健康で過ごせるとか。
子どものころ大人から教わりました。

そんな言い伝えもあわせて、こういう伝統行事はずっと続いてほしいと願います。


午後4時、点火。
d0182179_15165043.jpg
降りしきる雪の中、燃えてます、燃えてます!

この写真は隣りの酒屋のご主人からいただきました。

私たちはこの時間帯、お店から離れられなくて会場へ行けないので、
お願いして写真を撮ってもらったんです。

考えてみたら、
実際に燃えてるところって子どものころ以来見てない気がします。

ま、
さいの神の炎を見るのは老後の楽しみにとっておくことにします(笑)。

by shinyanagi | 2012-01-16 17:01 | Comments(0)