上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi

2013年 08月 28日 ( 1 )

昨日は米山ガーデンの料理教室。

さて、昨日のメニューは。。。

ハンバーグきのこソース
トマトのブルスケッタ
温野菜サラダ
カボチャの冷製スープ

というラインナップでした。

先生に材料をそろえてもらって料理開始。
d0182179_1257285.jpg


カボチャ切ったり。
d0182179_13322941.jpg


トマトの皮をむいたり。
d0182179_13423559.jpg
トマトって湯むきしなくても、直火であぶると皮に裂け目が入って、
スルスルと手で簡単に剥けるんですね!

教室仲間のまなちゃんが教えてくれましたよ。
・・・上の写真はあぶった後、皮をむいてるところ。


昨日はいつもに増して野菜を多く使ったので、
とにかくあちらでもこちらでも野菜を切ってましたよ。
d0182179_15343854.jpg



さて、これは何の実かわかりますか?
d0182179_15354043.jpg


叩くとコツコツ音がする固い実ですが、おろし金ですりおろします。
d0182179_15413763.jpg


と、こうなる。
d0182179_15422866.jpg


そして、ハンバーグのタネへと投入。
d0182179_1543062.jpg


ということで、この実はハンバーグには欠かせない香辛料・・・
ナツメグでした。

市販のは粉状で売ってるから、ナツメグがこんな実だなんて知らなかった。。。
さすがハーブの料理教室!
勉強になります。

そしてもうひとつの香辛料はこれ。
d0182179_1547059.jpg

ドライセージです。

米山ガーデンで収穫されたセージの葉です。

それを手で揉むとこんなにチリチリになりました。
d0182179_15481324.jpg


で、投入。
d0182179_15495662.jpg


ナツメグもセージも肉料理に向くハーブと言われてるけど、私は普段使ったことないから、
これはお店で食べるようなハンバーグになるな~!
とワクワクしてきましたよ。

先生流ハンバーグは、
パン粉を入れず、玉ねぎは炒めないで生のまま。
そしてあまりこねすぎないように。
ということでしたよ。

d0182179_15545271.jpg



さて、こちらではさっき皮をむいたトマトを角切りにして。
d0182179_16242425.jpg


オリーブオイル、塩、黒コショウ、
そしてにんにくオイルを入れて味をつけます。

これがにんにくオイル。
d0182179_2262242.jpg
にんにくを刻んでオリーブオイルに漬けたものです。

これを作って常備しておくと、
炒め物はもちろん、ドレッシングを作るときに数滴落として風味をつけたりできるので、
とても便利に使えるそうですよ。

そして、
ガーデンから摘んできた新鮮バジルをちぎって入れます。
d0182179_16281076.jpg


パンにバターを塗ってトーストして、
d0182179_16301735.jpg


トマトを乗っけて、ブルスケッタできあがり。
d0182179_16365944.jpg



きのこソースはしょうゆベース。
さっきのにんにくオイルも入ってますよ。
d0182179_16335353.jpg


d0182179_16375538.jpg


温野菜サラダ。
d0182179_16343215.jpg
キャベツ、ブロッコリー、アスパラ、パプリカ、ピーマン、しめじ。
さらにゴボウ、ミョウガまで入っててこれ1品だけでも10品目くらい摂取できてしまいます。

からだにめちゃめちゃよさそうですね!


かぼちゃのスープです。
d0182179_16353231.jpg
ハートの形の生クリーム、かわいいでしょ?

このテクニックも、トマトの皮むきを教えてくれたまなちゃんから伝授してもらいましたよ。
意外と簡単!
今度自分でもやってみようと思います。


さあ、盛りだくさんメニューがすべて完成。
d0182179_16331883.jpg

昨日も楽しくて充実のランチタイムでした。

こっちは料理シーン。
d0182179_16402726.jpg
いつもこんな感じでアットホームにやってますよ。
by shinyanagi | 2013-08-28 23:59 | オフ | Comments(0)