上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2016年 05月 25日 ( 1 )

先週の日曜日、深山荘では、
「春の味覚まつり」と題して、山菜料理を楽しんでいただく会を催しました。

共催はおなじみのNPO法人「よもぎの会」さん。

今年も山菜を使った様々なお料理を用意してきてくださいました。

深山荘ブログで紹介しています。→牧湯の里深山荘ブログ「本日は、春の味覚まつり」


私も相変わらずたくさんの写真を撮りました。


沢菜の淡雪和え
d0182179_2072322.jpg


山菜煮
d0182179_2075568.jpg


ぜんまい煮
d0182179_2083392.jpg


ウドのクルミ和え
d0182179_2092653.jpg


ウルイの酢味噌添え
d0182179_20101516.jpg


せり煮
d0182179_2011451.jpg


ワラビの甘酢
d0182179_20113548.jpg


こごみのつゆ浸し
d0182179_20122214.jpg


フキのたらこ和え
d0182179_20294053.jpg


タケノコの天ぷら
d0182179_20303875.jpg


いろんな葉っぱの天ぷら
d0182179_20145691.jpg



と、これはまだ一部ですが、
みーんなバイキングで食べ放題!

山菜って、
アクを抜いたり皮をむいたり、
素材としてまな板の上に乗るまでに、ひと手間もふた手間もかかってるんですよね。

さらにそこから今度は煮たり揚げたりするわけだから、
とにかく時間も手間もかけられて、できあがったお料理たちなわけで。

これだけのお料理を作り上げるよもぎの会さん。
すごいです。



そうそう、今日はちょっと変わり種を紹介したかったんです。


これ、何の天ぷらかわかりますか?
d0182179_20152948.jpg




答えは。。。


なんと、


ドクダミなんです。


そう、あの独特のにおいのやつ。


薬草だから普通は煎じて飲むものだけど、
天ぷらにして食べるってどうなの??

と思いながら恐る恐る口に入れてみました。


で、私の口から出た叫びは、「うわ~!ドクダミだー!」


だって、口の中じゅうにドクダミの香りが広がって、もうそう叫ぶしかなかったです。

久々のびっくり体験でした。



「これは決しておいしいものじゃないですよ。
でも、普通は食べないし、食べたことないでしょ?
だからこそ、皆さんにちょっと食べてみてもらいたと思って。」

と、よもぎの会の代表小林さんのお話でした。


そのあと、お客様のお声を聞いたら、

「意外と食べれたよ。」
「面白い経験ができた、話のタネになるよ。」

などなどなかなか好評をいただいていました。


ま、私的には、
食べれなくはないけど。。。でももういいかな。
といったところです。



そんなドクダミの後にいただいた、よもぎの会さん特製ぼたもち。
d0182179_20155931.jpg

これ、めちゃくちゃおいしかったですよ。







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-05-25 21:19 | イベント | Comments(0)