上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2016年 07月 06日 ( 1 )

深山荘の源泉へ。

牧湯の里深山荘のお風呂は100%天然鉱泉の湯です。

昨年の秋から営業を引き継いでいる深山荘ですが、
そういえば、その鉱泉はどこから来ているのか、
源泉の場所を知りませんでした。

そして、
先日、初めてその源泉まで連れて行ってもらいました。


6月の終わりでしたが、もう真夏のような日差し。
d0182179_18162386.jpg



源泉の場所をよく知っている折笠さんの運転で。
d0182179_18105219.jpg



深山荘はかなり高いところに建っていますし、
その先にはもう民家はありません。

ただ、少し山道を上ったところに鷹羽温泉という今は閉鎖されている一軒宿がありますが。

今回の目的地である源泉は、その鷹羽温泉を通り越してさらに上ります。
d0182179_18113883.jpg

車1台が通れるだけの砂利道で、S字カーブが続く上り坂。
d0182179_2017224.jpg

ふだんは車酔いしない私ですが、さすがにちょっと気持ち悪くなってきた・・・
そんなころ、到着しました!

道路に車を停めて、
脇にある草やぶの坂道を下りていきます。

でも写真撮ったりしてるからどんどん置いていかれてしまいます。

待ってー
d0182179_1971290.jpg

熊が出てきたらどうしよう?
とちょっとドキドキしました。


そして、
下りて行った先にあったのはこれ。
d0182179_18155090.jpg

これが源泉のマスだそうです。
d0182179_1981742.jpg




ふたを開けてもらうと・・・

わ~~~!と思わず声をあげてしまいました。
d0182179_1983875.jpg


湯花のめちゃくちゃいい香りがあたりに広がったんです。

そして白濁してるのに透き通ったように見える水の色がとてもきれい。

こんなにいい匂いするんだからもしかしてけっこう温度高いの?
と思って手を入れてみたら、
当然のことながら冷たかったです。

鉱泉ですからね。



この場所はまたなかなかの眺望。
d0182179_199328.jpg


d0182179_1910326.jpg


本当に見晴らしがよくて、
源泉視察という目的でしたが、
ちょっと高原のドライブみたいで楽しかったです。

それにしても、
深山荘と源泉との距離の遠さにはびっくり。

これを引っぱってきた当時の方たちが大変な苦労だったこと、
容易に想像できます。




けがをした鷹が羽根を休めて治療したという伝説もあるこの源泉。
素晴らしい源泉を持った深山荘のお湯。

改めて皆様にPRしなきゃ!という気持ちになりました。

ぜひぜひたくさんの方から深山荘のお湯に浸かっていただきたいです。






さて、
深山荘とは変わって、

最後は新柳のお料理の写真を。

焼き豚がおいしそうに焼き上がり、
d0182179_19145464.jpg


オードブルコースのひと品「自家製焼き豚のサラダ風」になりました。
d0182179_19151766.jpg

こんがりと焼けた焼き豚は、切れ端のところが特においしいんですよね。









◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-07-06 21:02 | 深山荘のこと | Comments(0)