上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:お菓子( 7 )

これはとある日、
スタッフさんとのお茶タイムのテーブル風景です。
d0182179_18412437.jpg

仕事の合間の、このお茶&おしゃべりタイムは必須なんですよね!

お茶菓子いろいろあってしあわせ♪

おせんべいにりんご、大福にようかん・・・

そう!
ようかん!

・・・ということで、
ようかんに話題を持っていきたいがための稚拙な前ふりでございました。
すみません。


今日は、このお茶菓子の左下に写っているようかんのことを書こうと思って。

地元限定、季節限定のようかん。
「寿羊羹(ことぶきようかん)」です。
d0182179_1801857.jpg


白いんげん豆から作られている練り羊羹なんです。
d0182179_1861075.jpg

ずっしりとした重量感。
この色、このつや!

おいしいんですよね、すごく。
個人的にも大好きで、毎年必ずブログに載せてしまいます!

でも、
この開封直後のつるつる状態ではちょっと物足りないんです。



これを数日置くと、
d0182179_181148.jpg

乾燥してきて、表面のお砂糖がこのように浮き出てくる!
この状態で食べるのがおいしいんですよ。

かじった時のお砂糖部分がガリガリってする食感。
これがたまらないんです!

寿羊羹は、上越高田地区で昔から続いている年始あいさつ用のお菓子。
12月の半ば過ぎから、1月末頃までしか店頭に並ばない期間限定のようかんです。

お年始のおみやげ用ですが、
もちろん人にあげず、自分で食べたっていいじゃないですか。

うちの売店でも、藤本製菓さん特製の寿羊羹を並べてますよ。

おいしさ保証します。
ぜひぜひ買って食べてみてくださいね。






さて、これは昨日の夜の写真。
d0182179_19344514.jpg

d0182179_1936890.jpg

ふるさと村の上の方まで行ってきたときに撮りました。

道路は道幅広く取れてるし、路面もデコボコがなく滑らかだし、
非常に運転しやすかったです。

やっぱ地元の除雪部隊はすばらしい。
ホント上手だな~って改めて思いながら帰ってきました。
by shinyanagi | 2014-01-18 19:51 | お菓子 | Comments(0)
d0182179_18545630.jpg


予約して買っちゃいました♪
どぶろくスイーツのクリスマスケーキ。



じゃーん!
d0182179_18445456.jpg

白い陶器の器に入ってます。
飾り付けとかがおしゃれでハイセンスなので、見た目でまず「わーすごい!」って感動します。
かまださんのケーキっていつもそうなんですよね。




白根産のルレクチエのコンポートスライスがたっぷり乗っかっててゴージャスですよ。
そのたっぷりルレクチエのほかにも飾りが結構いっぱい乗ってるのに、
ごちゃごちゃしてなくてすっきりシンプルだし。

やっぱ全体的におしゃれだわ~

と見とれながら写真何枚も撮ってたら、
娘から「ケーキまだ~?」の催促が。

「ごめん、今切るとこ。」
と答えつつ、今度は中身をお伝えしたくて断面写真を何枚か・・・


でもきれいにカットできずこのありさま。
d0182179_1858396.jpg

だってレアチーズなので柔らかいんですよー

でも、
うまいアングルで撮ればなんとか見栄えのする写真になるかも。
と何枚か試みるもこの程度。
d0182179_1856381.jpg


ま、中身をお伝えできればいいや、と割り切りました。


どぶろくスイーツシリーズの中のアルコールを飛ばしてあるタイプ、
「レアチーズ」と「フロマージュ」をコンビネーションさせてるんですよ。
d0182179_2021482.jpg
上の白い部分がレアチーズ、下の黄色いところがスフレタイプのフロマージュ。
間は、ブルーベリージャムです。

口の中に入れた瞬間、とろけますよー
もうめちゃめちゃおいしい!!

見えるかな?
この砕かれたクッキー生地。
d0182179_18572821.jpg
このクッキーのサクサクなとこが、
ふわっととろけてるレア&スフレのアクセントになっていてまたさらにたまりません!




どぶろくレアチーズとどぶろくフロマージュの見事な合体で完成したクリスマスケーキ。
d0182179_1945754.jpg


私は一足お先にいただきましたが、
ご予約された皆様はこれからですね。

宣伝とかそういうの抜きにして、ホントおいしかったですよ。


また来年のクリスマスもこのケーキやってほしいな~
かまださん、よろしくお願いしまーす!
by shinyanagi | 2013-12-21 23:28 | お菓子 | Comments(0)

年に一度の川渡餅。

今年もこのお菓子が店頭にやって来ましたよ。
d0182179_20241659.jpg


毎年11月30日と12月1日のたった2日間しか販売されな幻のお菓子、
「川渡餅」です。
d0182179_20242517.jpg

「かわわたり」と書いて「かわたり」と読みます。

ポスターに由来が書いてあるので、そのまま写します。

今を去ること約450年、永禄四年(1561年)、
越後の上杉謙信公は甲斐の武田信玄公との戦いのため出陣しました。

両軍約5万余騎が対陣した時、戦の前夜、兵に餅を配り、
兵の士気を高め、濃霧の中、川を渡り武田軍との激戦に臨み、
勝利したと伝えられています。

その後、
この越後高田で12月1日に無病息災を願い食す風習として
「川渡餅」は伝えられています。

とのことです。


そうやって由来を知ったうえで食べるというのは、またいいことですよね。

さてさて、中はこのようになってますよ。
d0182179_20243471.jpg


餡ころもちなんですよね。
d0182179_20245783.jpg

こしあん、粒あん2種類あります。

この2日間、高田の和菓子屋さんが一斉に売り出す「川渡餅」ですが、
うちに届くのは藤本製菓さんのものです。

他のお店のはあまり食べたことないんだけど、
藤本さんのはお餅がやわらかくて甘さひかえめ。

今年もおいしくいただきました。
私は今年、粒あん、こしあん、それぞれ1個ずつをぺろっと食べてしまいましたよ。

ごちそうさまでした!
by shinyanagi | 2013-12-01 21:32 | お菓子 | Comments(0)

牧のどぶろく製造者2名(佐藤さんと中川さん)のどぶろくを使って、
菓心亭かまださんがプロデュースしたおしゃれなスイーツ、「どぶろくスイーツ」。

牧の新しいお土産品として9月より販売スタートしていますが、
おかげさまで売れ行き絶好調です。

皆様が買いに来てくださって、
また他の方にも広めてくださってるおかげです。
ありがとうございます!

さてさて、
今回その勢いに乗って、
クリスマスケーキのどぶろくスイーツバージョンを販売することになりました。

名付けて、
「雪降る牧のどぶろくスイーツ」
~フロマージュとレアチーズのマリアージュ~    です!!!!

d0182179_17294526.jpg


d0182179_1824511.jpg
5号サイズ 2625円(税込)です。


「フロマージュとレアチーズのマリアージュ」ということで、
どぶろくスイーツシリーズの中の
「どぶろくレアチーズ」と「どぶろくフロマージュ」を合体させたクリスマスケーキです。

全体はレアチーズなんですが、
中にフロマージュが内蔵されてるんですよ。

白根産のルレクチエのコンポートやフランボワーズ、すぐりが飾られていておしゃれです♪

どぶろくスイーツの中でもアルコール分を飛ばしてあるレアチーズとフロマージュのケーキなので、
お子様やお酒の弱い方にも安心しておいしく召し上がっていただけますよ。

d0182179_1833895.jpg
上記のとおり、
ご予約受付は12月18日まで、
お渡し日は12月15日~12月25日までです。



ご予約承りは、菓心亭かまだ子安店さんと新柳の2店だけです。

d0182179_18324549.jpg

どちらかお受け取りしやすい方でご予約いただけます。


おいしくておしゃれなスイーツを次々と生み出しているかまださん。
だからこそ、皆さまの期待を裏切らないおいしいケーキが完成すると思います。

誕生したての新しすぎるクリスマスケーキ。
今年のクリスマスに多くの皆さまに食べていただきたいです。

皆さまからのご注文、ご予約を心よりお待ちしています。


そうそう、
今日かまださんに行ったら新しいバージョンのロールケーキを見つけたので、買ってきました。
d0182179_18434053.jpg

塩黒糖ロールと米粉ロールです。

d0182179_18455178.jpg

ロールの中はおいしいおいしい生クリームがたっぷり。

とくに塩黒糖ロール、気にいってしまいました。

食べた瞬間にもう塩味を感じるんですが、
このしょっぱさと黒糖のやさしい甘みが妙になじむんですよ。

「スイカに塩」の効果と同一なのか、
かえって黒糖の甘さが際立って、めちゃめちゃおいしい!

d0182179_18445256.jpg

こんな素敵なスイーツを生み出してしまうかまださんの手掛けるケーキですからね。
絶対絶対おすすめですよ。

重ね重ね、皆さまのご予約をお待ちしております。








今日は風の強さ、すごすぎでしたね。
d0182179_18335335.jpg

風が雲を追いやって太陽が顔をのぞかせる光景が美しかったです。










by shinyanagi | 2013-11-25 23:58 | お菓子 | Comments(0)
今週の水曜日は2週間に1度のたい焼きデーでした。

落田壮青年会の有志の方が、新柳の店内でたい焼き屋をオープンする日です。

元々和菓子職人だった渡辺さんが焼いてます。
d0182179_15334028.jpg

いつもニコニコ笑顔を絶やさない素敵な方ですよ!

たい焼きの中身はあんことクリームの2種なんですが、
今回はお試しで新種のたい焼きを焼くというのでチェックしに行くと・・・

d0182179_1544967.jpg


何か黄色くて四角いものが乗ってますよ。

これ。
d0182179_15465097.jpg

プロセスチーズでした。

チーズ入りたい焼きを売り出すかどうかはまだ決まってないそうですが、
とりあえず試作してみて検討するそうですよ。

試作ならば試食せねば!
ということで、いただきました。

d0182179_1603022.jpg

ほーら、入ってますよ。

でも割ったときチーズがもっと伸びる方がいいかもな~

プロセスチーズだからチーズの形がしっかり残っていて存在感あるけど、
溶けるチーズにしたら、とろーっと伸びてもっといい感じになるのでは?

でも流れ出しちゃったりして、うまくいかないのかな?

などと思いつつも、
おいしくいただきました。

d0182179_16155751.jpg


チーズ入りたい焼き。
思ったよりあっさりとしていて
たい焼きの皮とナイスマッチでした。

あと感想としては、もう少し塩気があった方がいいかな?

・・・と話したら、他の人たちも同意見だったよう。

正式販売はもう少し検討してからのようですね。




ついこの間まで青々としていたとう菜畑ですが、
d0182179_16211312.jpg

今は菜の花が花盛りですよ。
d0182179_16233764.jpg

d0182179_16301857.jpg





☆★手を無心に動かしていると、心に元気が戻ってくる。 (香山リカ)★☆
by shinyanagi | 2013-05-10 16:49 | お菓子 | Comments(0)
今日はいいお天気でしたよー♪
d0182179_12421872.jpg



こちらは1月限定の新年のようかん「寿羊羹(ことぶきようかん)」です。
d0182179_1252521.jpg


お年始の手みやげとしてとてもポピュラーなんです。
高田エリアだけのようですが。

うちのおみやげコーナーで売ってるんですよ。

袋から出すと
d0182179_13192329.jpg


笹(・・・かな?)に包まれた黄金色のようかんが出てきます。

白いんげんを使って作られてるから、こういう白っぽい色になるんだそうです。


おいしいんですよ、すごく!
d0182179_1638234.jpg


そして、開封直後よりも、何日か経過したほうがよりおいしくなるんです。

わかります?このひび割れた感じ。
d0182179_16415167.jpg
表面が乾燥すると周りのお砂糖が粉をふいたようになるんですよね。

それを食べたときのガリガリッとなる食感が最高なんですよー

そのガリガリがこのようかんの醍醐味っていえると思います。

だって誰に聞いても、
「寿ようかんは開けてすぐより、時間経ったやつのほうが好き。」って言いますからね。


ネットで寿ようかんのこと調べてたら、こんなエピソードを見つけました。

昔は砂糖のお菓子って貴重だし、寿ようかんは特に長持ちするので、
おみやげでいただくと、
それを知り合いに分けてあげ、
その知り合いもまた別の知り合いに分け、、、

回りまわって最初にあげた人のところに戻ってくる。

それほど長持ちするし、人に喜ばれるお菓子だった。


・・・ということです。


ホントにホントにおいしいですよ!寿ようかん。

2月になったらもうお目にかかれなくなりますからね。
食べてみたい!という方、お急ぎくださーい!






★☆今日の言葉☆★

何事にも動じず淡々と生きることが、いちばん大切な心構えなのだ。
外の状況がどうであれ、感謝と平安を選択しなさい。  ( 本田 健 )

by shinyanagi | 2013-01-24 23:13 | お菓子 | Comments(0)
上越の人ならみんな知ってる川渡餅。

今年もうちの店頭にやってきましたよ。
d0182179_212064.jpg


川渡餅とは、
毎年11月30日と12月1日の2日間だけ高田地区で販売されるお餅です。

「川渡餅」=「かわたりもち」と読みます。「かわわたり」じゃないんですよ。

元々はそうだったんでしょうが、
語り継がれるうちに「わ」が1個省略されちゃったんでしょうね。


じゃーん!
d0182179_2122566.jpg
ま、いわゆる俗に言うあんころ餅ですね。

中身はこうなっておりますよ。
d0182179_21241317.jpg


由来を調べてみました。

たくさん情報が出てきたけど、
この記述が一番わかりやすいかな。
と思ったのを載せますね。


古くから12月1日を「をとごのついたち」といって朝、餅をついて食べる習慣があり、
これを食べると水難を免れることができるとされていた。

この縁起にちなみ謙信公が犀川を渡って出陣の際、
餅をつき士卒に食べさせて元気をつけ合戦に大勝したと伝えられる。

この故事にちなみこの地方では12月1日に川渡もちを食べ、
無病息災を願う風習とされている。


・・・ということですよ。


こういう慣わしってなんかいいですね。

元々はお菓子屋さんたちがこの風習に便乗して商売に利用したのかもしれないけれど、
でもこの地域にすっかり浸透した年中行事になってるわけですから、
これからもずっと受け継いでいってほしいなと思います。


川渡餅には必ずこの紙が添えられてるんですよ。
d0182179_2125798.jpg
どうぞよかったら読んでみてくださいね。



今夜もお通夜の仕事に行って来たんですが、

「一緒に入るスタッフさんに川渡餅持っていってあげよう!」
と思って持参したんです。

で、「川渡餅持ってきたよー」って差し出したら、

「あらあら、私も持ってきたのよー」って答えが返ってきました。

ほら、このとおり。
d0182179_2127985.jpg


なんかおかしくなって2人で笑いました。

川渡餅ってそれほどすごい存在なんですよね。

多分今日と明日は、このあたりのあちこちで、
似たような場面が繰り広げられてるんじゃないかと思います。

おみやげに川渡餅を持って訪れたお宅で、
川渡餅を出された。。。。
とかね。

年に一度この2日間しかお目にかかれない川渡餅。
明日も新柳店頭に並びますからね。






★☆今日の言葉☆★

思う通りにやって駄目だったらそれだけのことって納得できるけど、
他人の言うことを聞いて駄目だったらどうにもならないよ。
                           (北野 武)

by shinyanagi | 2012-11-30 23:45 | お菓子 | Comments(0)