上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:新柳ってこんなところ( 119 )

地元牧区のどぶろくをカクテルにしてお店で提供したい!って言い出してから、
だいぶ時間が経ってしまいましたが、

d0182179_23464953.jpg

牧産どぶろくのカクテル。
このたび、やっとこさ提供開始と相成りました!


知り合いからこんな素敵なポップも作ってもらいました。
d0182179_20233423.jpg


カクテルの名前は「Dobluck Cocktai(ドブラック・カクテル)」といいます。
d0182179_23123588.jpg


「どぶろく」をもじったわけですが、
これ、友達が名付けてくれました。

前にも書きましたが、
彼女は女医さんで、どぶろくに含まれるコウジ菌という成分が、
美白など女性に嬉しい効果が期待できると教えてくれました。


その彼女が、
私がネーミングに迷っているときに、
どぶろくは海外の人たちにも広めるべきだし、それなら英語っぽくした方がいい。
と言ってくれて、

その発想から「Dobluck 」(ドブラック)という案を出してくれました。

「luck」には「幸運」という意味がありますよね。

私も外国人は視野に入れていましたし。

なので、幸運のドリンクという良いイメージで海外にも広まったら、
こんないいことないじゃない!
と思って、即採用。

そんな経緯からついた名前です。


さて、まずは告知活動をしなければ。

ということで、お料理の食前酒として召し上がっていただき、
とにもかくにも知っていただこうという作戦です。
d0182179_23402331.jpg


グラスの上にはPRの紙も乗せてみました。
d0182179_23392489.jpg




新柳オリジナル
Dobluck Cocktail ドブラックカクテルは、
ぶどうとマンゴーの2種類です。
d0182179_23411917.jpg

1杯432円にて提供スタート。


皆様、
新柳でご宴会の際はぜひぜひご用命を!

ジュースのように飲みやすいので、女性や若い方にもおすすめです。
どぶろくに含まれるコウジ菌の働きで美人になれちゃうかもですよ。



それと、
11月22日~24日。
東京・表参道にある新潟のアンテナショップ「ネスパス」にて、
ここ牧区の物産フェアをやるのですが。

その時、このドブラックカクテルを引っ提げて私も参戦します。

なので東京近辺の方、ぜひ試飲に来ていただけたら嬉しいです。

これについての詳細はまた後日お知らせします。



Dobluck Cocktail ドブラックカクテル。
これから末永くどうぞよろしくお願いいたします!





◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-10-20 01:07 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)

メギスの背開き修行中。

調理場1年生のみうちゃん、今日は何を習っているのかな?
d0182179_16101276.jpg


こちらのにょろっと長い魚。
d0182179_15582345.jpg

これは上越の地魚でもある「メギス」です。

そして、もう一人の調理場1年生くげちゃん。
d0182179_16355097.jpg


2人が挑戦しているのはメギスの背開きなんです。

「なかなかうまくできませーん」って言うけど、
d0182179_16121964.jpg

いえいえ、なかなかの手つきだよ!

自慢じゃないけど、
こういうのまったくやったことない私より絶対上手。



みうちゃんも頑張ってる頑張ってる。
d0182179_16154378.jpg

凛々しいな~
この表情。

今日は2人とも30匹くらい開いたそうですよ。


こうやって日々いろんな経験をしている若い2人。
調理の様々な技術を身につけるのは本当に大変なことだと思います。

でも、若いからこそ吸収も早いだろうし、
きっとどんどん力を付けていってくれると思います。

これからの2人の成長がとても楽しみです。



ということで、
今日のまかないはメギスのフライ!
d0182179_16171682.jpg


メギスってあっさり淡白でやわらかくて、
おいしいお魚ですよ。







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-09-16 19:51 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)
今日も
ドブラックカクテル(Dobluck Cocktail)への道。

数日前にふと
「エディブルフラワー(食べれるお花)を浮かせてみたらどうだろう?」と思い付き、
昨夜やってみました。
d0182179_15585057.jpg

こんな感じになりました。

なかなかきれいです。

でも沈みやすというか、お花が見えるように浮かせるのが結構難しかったし、
なんにせよ、飲むと口の中がゴミっぽくなってしまう。

ということで、あえなく没になりました。


で、次に思い付いたのがハーブ氷。

ミントの葉を製氷皿に入れて冷やしてみよう。
d0182179_1671894.jpg


ハーブ氷ができました。
d0182179_0544991.jpg


これもなかなか爽やかきれいでちょっとテンション上がりました。
d0182179_101871.jpg



でも。。。
ドブラックに浮かべてみたら、
d0182179_114525.jpg

なーーんかイマイチでした。

氷あってもなくても見た目変わらないです。

だったらそんな面倒なことしなくても、
ただミントの葉をポンと浮かべるだけの方が簡単。

氷の意味ほとんどなかったです。


最終的にトッピングせずにシンプルに行こうかな~




さてさて、
これいかがですか?
d0182179_1673669.jpg

先日写真を撮っていただいたエムエー・プランニングの寺尾さんが作ってくれました。

なんかこれはもう完成度高すぎ!
感激の1枚!

なので皆さんにも見ていただきたくて。



ということで、
本日もまたドブラックの話題でした。







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-09-15 01:11 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)
ここのところ
どぶろくカクテルのことばかりです。

はい、今日もです。

その「どぶろくカクテル」という名前。
これでいいかな~とずっと考えていました。

で、フェイスブック上でネーミング募集してみたり。

すると意外にも「どぶろくカクテル」のままでいいんじゃない?
というご意見が多かったので、やっぱりそれで行こうと思い始めた頃。

前のブログで紹介した、どぶろくのことをたくさんブログに書いてくれた原田文子先生。
その先生がブログでこんなアイディアを出してくれました。


~原田先生のブログより~

「ところで、ローマ字表記もアリでは?と思っているのですが、
DOBULUCKっていうのはどうでしょうかね?

LUCKには幸運・運命、という意味があるので、
海外の方にもウケるのでは、と勝手に思ってます。」

と、このブログを読んで、
このDOBULUCKを使わせてもらいたいと思いました。

さらに海外の方を意識するのなら、より英語っぽくするために、
「DOBU」の「U」を抜いて「DOBLUCK」

『DOBLUCK COCKTAIL』(ドブラックカクテル)
これで行きたい!と心が決まり、
原田先生にも報告し快諾してもらいました。


インバウンドは私も興味津々の分野であり、
海外の方が、日本に行ってDOBUROKUを飲んでみたいって思ってくれたら!

なんてそんなこと考えただけでかなりワクワクです。


そこへさらに、先生からこんなメッセージが。

「DOBは、date of birthday の略で、英語ではよく使われる表記のよう。

ですので、

DOBLUCKにすると“幸運の生まれた日”とか“運命の日”みたいな意味になって

海外の方ウケるかな、と思ったのですが。」


幸運の生まれた日!
運命の日!

そんな意味も込められたDobluck Cocktail(ドブラックカクテル)。

この名前に決めたおかげできっと幸先いいぞ!
って勝手に思っちゃってます。



さて、
Dobluck Cocktail (ドブラックカクテル)を広めるため、
今、ほぼ毎日インスタグラムを中心にそれに関する写真を載せています。

広くいろんな方に見てもらうためにはそこに付ける「#」ハッシュタグが重要で、
どんなのがいいかな~といろいろ考えて。
d0182179_1949341.jpg

英語が多いのはもちろん海外の方を意識してるからです。

Dobluck Cocktail (ドブラックカクテル)の写真を載せるたびに
これらのハッシュタグを多用していこうと思っています。



そして今日、カクテル用に注文してあったグラスが届きました!
d0182179_1949595.jpg


こんなふうにカットの入ってるグラスって実は想定していなかったんですが、
こういうのがいいんじゃないかというアドバイスをくれた方がいて。

たしかに、すごくゴージャスでおしゃれだわ!
と思ってカタログめくってイメージに近いのを発見、注文してみたら・・・

本当にキラキラでゴージャスですごくいい!
とても気に入りました。

このグラスでカクテルをお出ししたら、
女性のお客様ならきっと写真を撮ってSNSアップしてくれるんじゃないいかな~
そうなったらいいな~

とか思ったりしています。


あ、もちろん私はさっそくこのグラスの写真、
たくさんのハッシュタグを付けてインスタグラムにアップしましたよ。



Dobluck Cocktail(ドブラックカクテル)ネタ、また書きます。









◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-09-10 22:11 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)
どぶろくカクテルの材料をそろえて。。。

d0182179_176572.jpg


昨日は他のお料理撮影のついでにどぶろくカクテルも写真を撮ってもらいました。


カメラマンの寺尾さんは、
地元の風景写真を中心に素晴らしい写真を日々アップされていて、

私はそれらをフェイスブックで見せてもらっているうちにすっかりファンになり、
今回のこのお仕事をお願いしました。
d0182179_1713687.jpg


この方は写真を通して地域の魅力を引き出し、伝えるのがすごく上手な方だと思います。

何にもないただの田舎と思っていたこの場所には、
実はすごい宝物がいっぱいあるんだということを気づかせてもらいました。

そういう魅力的な写真が撮れるということは、
地域愛みたいなものが根底に流れているからなのかなと思います。

私もそういう視点本当に見習いたいです。

寺尾昭人さんの会社「エムエー・プランニング」さんのフェイスブックページのリンクです。

https://www.facebook.com/drumsko.map/

寺尾さんファンすごく多いです!
感動的な写真が満載ですので、どうぞ見に行っていただけたらと思います。



でも、なんにせよ、
お店で提供したいな~ってただ思ってただけのどぶろくカクテルが、
プロの方に写真を撮ってもらうまでになったなんて。

なんだか夢のようですが。

これでまた一歩前進することができました。



あ、私も撮ってみよう!と写した写真はちなみにこんな感じ。
d0182179_1719244.jpg

なんか光の具合で変な色になっちゃったけど、
実物はもっときれいですからね。

写真ができてくるの、楽しみです。

と書いていたら、、、


サンプル写真が1枚送られてきました!
d0182179_1985731.jpg


わー!
夜の大人な雰囲気に撮れてますよ!
素敵ですね~~うっとり。


それにしても、私の撮ったのとのこの違い!!!

って当たり前ですね。



さて、
この日は、急に深山荘の源泉の写真も撮っていただこうとなって、
山奥の源泉の場所へとお連れしてみました。

深山荘からさらに山道を上っていったところなのですが、そこはもうすっかり秋の風情。
d0182179_1716614.jpg

あたり一面ススキが勢いよく生い茂っていました。

で、せっかく行ったけど、
私はこの靴だったので源泉のある奥までは入り込まず、その辺をウロウロ。
d0182179_1718253.jpg


そんな時、かわいいお花を発見しました!
d0182179_17182386.jpg



と、そんなことをしている間ずっと夏とは違う爽やかな風が吹き抜けていて、
秋が来たんだな~と実感しました。


今年も夏が終わっちゃうんですね。
ちょっと寂しい気持ちです。




◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-09-09 22:20 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)

牧っていいね!

いきなりですが、

「牧っていいね」

d0182179_16325956.jpg

元気いっぱいな字ですよね。


これ、Tシャツのバックプリントなんです。
d0182179_16334191.jpg



実はこのTシャツ、
今月からうちのスタッフが着ている新しいユニフォームです。

はい!こんな感じ。
d0182179_12185779.jpg

ちょっと居酒屋風でしょ?
なので、ご法要などの厳かなお席では別の作務衣で接客させていただいてます。



少子高齢化が顕著な私たちの地域において
「牧をもっと熱くしよう!」「牧をもっと元気にしよう!」
と牧中学生たちがさまざまな活動を展開してくれています。

その活動の中で生徒さんたちが着用しているのがこの牧中オリジナルTシャツ。


そして、私たち新柳にとっても「地域活性」は大切な大切なミッションなので、
このTシャツを着させてもらうことによって「元気な牧」をPRし、
外からのお客様に興味や関心を持ってもらえたらと思いました。





胸のところにはこんなワンポイントもあるんですよ。
d0182179_12202080.jpg


牧中生が考えた、「どぶろくスイーツ」のゆるキャラたちです。
d0182179_15524725.jpg

かわいい!!






お料理をお出ししてきまーす!
d0182179_12195814.jpg


こんな感じでお部屋に入らせてもらうと、
お客様からは、「いいね。」「似合うね。」なんて声をかけてもらうことも。

さらには、
「これほしいんだけど、どこかで買えるの?」と聞かれたり。

お客様とのコミュニケーションにも一役かってくれています。


あ、
ちなみにこのTシャツは牧中学校で買えるんですよ。
そして、ポロシャツタイプもあります。

新柳でもお取次ぎいたしますので、
ご希望の方、もしいらっしゃいましたら是非お問い合わせくださいね。





おまけ

牧区大月にみごとなヒマワリ畑があるんです。
d0182179_12211652.jpg


ちょっとピークは過ぎてしまったけれど、まだまだきれいでした!
d0182179_12204699.jpg

やっぱりヒマワリは夏の象徴ですね。








◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-08-13 16:17 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)
今週の日曜日、
うちの新入社員たちが新聞に載ったのでちょっと報告です。


新潟日報に折り込まれる「上越かわらばんプラス」。
その「ニューフェイス」というコーナーです。
d0182179_15401750.jpg

前向きな作文は、素直な2人らしくてとても微笑ましいんです。


写真もよく撮れています。

1ヶ月ほど前にお店の玄関で撮ってもらったんですよね。
d0182179_161426.jpg



彼らが私たちの仲間になって、あっという間に4か月が過ぎました。
高校を卒業したばかりで初々しかった2人も少しずつ社会人らしくなってきています。

これから失敗も含めてもっともっといろいろな経験をして、
1日も早く新柳の大事な戦力になってくれることを願ってます。

白ちゃん、黒ちゃん。
がんばろうね!






さてさて、
お造りの器を新調しました。
d0182179_15541175.jpg

白地なのでお刺身が引き立ってます。
なかなかいいでしょー?







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-08-10 18:05 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)

入社して3か月。

この春、私たち新柳の新しい仲間になった新入社員の2人。

その2人が入社してもうあっという間に3か月になりました。

最近の若い人は会社に入ってもじきに辞めてしまう子が多いと聞きます。

つい先日聞いた話だと、
市内のある会社で今年入社して1週間で辞めてしまった子がいたとか。


そんな中、うちの2人は試用期間の3か月も終わり、
これからは正式に社員として頑張る!という意思表示をしてくれました。


まだまだできないことばかりだけど、
だからこそ成長の可能性をたくさん秘めているわけで、

私は彼らにとても期待しています。

でもそれは長い目で見なければいけないとも思っていますけどね。




さて、
そんな2人にちょっとしたお誘いが!


新潟日報の月1回の「かわら版」というチラシに「ニューフェイス」というコーナーがあって、
そこに掲載させてほしいというご依頼をいただきました。


ということで、先日写真を撮ってもらいました。
d0182179_0121678.jpg

間近にカメラを向けられると笑顔を作るの難しいよね。


d0182179_0134699.jpg

それを見守るクロちゃん。

実は、それぞれの名字が白と黒で始まる二人。

なので、先輩たちからは、
2人セットで、シロちゃんクロちゃんと呼ばれています。


今度はクロちゃん。
d0182179_0144647.jpg



それぞれ、
入社の頃よりちょっぴり大人っぽくなった姿を写してもらいました。



そして最後は私まで一緒に。
d0182179_0152428.jpg

完全に母と子って感じですね。

2人のことは、
それぞれの性格や特徴もわかってきて、ますます可愛くて仕方ないです。

だから本当に自分の子どものよう。

気づけばもう大切な身内になっているんですよね。



さて、
春からの新入社員気分をそろそろ卒業してもらうために、

明日7月1日からこの名札を外します。
d0182179_12564810.jpg

d0182179_125864.jpg

この名札を外すということは、
先輩社員と同じ動作や受け答えができなければいけないってことです。

新入社員だから許してね。っていうのはもうおしまい。
そんなプレッシャーを感じることでまたぐんと成長する2人を見るのが楽しみです。

そして2人だけの同期なので、
相手が辛いときは力になってあげたり、また仕事でうまく行ったら分かち合ったり、
お互いに切磋琢磨しながら頑張ってほしいと思います。

私も母の気持ちで2人の成長を助けていきたいと思います。



最後はあじさいの写真を。
d0182179_0172471.jpg

今、深山荘への導入路はあじさいロードになっていてとてもきれいなんですよ。






◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-06-30 21:11 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)

梅酒を仕込みました。

昨日の続き。

1本の梅の木からこんなに収穫がありました。
d0182179_20241742.jpg

フルーティーないい香りが漂ってます。


ということで、
調理場の新人みうちゃん、今回は梅酒づくりを習うの巻です!
d0182179_2025378.jpg


さあ、一人でがんばろう。
d0182179_20274022.jpg


8リットルの瓶1本につき、
梅2キロ、氷砂糖2キロ、ホワイトリカー1.8リットルを2本です。


まず梅の半量を最初に入れて、その上から氷砂糖の半量を入れ、
d0182179_20394152.jpg

さらに残り半量の梅を入れ、残り半量の氷砂糖を。

つまり、半量ずつ交互にいれました。
d0182179_20412038.jpg

きれいでしょ!


そこへホワイトリカーを全量注いで。
d0182179_2040959.jpg


ふたをして完成です。
d0182179_20404052.jpg


簡単といえば簡単だけど。。。

たくさんあるからそう簡単には終わらない!



でもがんばりました!
d0182179_20415497.jpg


全部で10本の梅酒ができましたよ。

ってことは、20キロの収穫があったってこと。

1本の木からこれだけの梅が収穫できたんだから上々ですよね。

みうちゃん、おつかれさまでした。
d0182179_2110132.jpg



これから3か月ほど寝かせるので、
秋頃には今年の梅酒を食前酒としてお出しできそうです。

美味しい梅酒になりますように!
私もとても楽しみです。


あと、
板前さんは梅でこんなのも作ったりします。

甘ーく煮詰めた「青梅蜜煮」です。
d0182179_21481748.jpg


前菜盛り合わせのひと品として。

ほのかな梅の香りと上品な甘み。
これもおいしいですよー!





◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-06-25 22:00 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)

梅が大豊作

新柳の敷地に1本の梅の木があります。
d0182179_19411392.jpg


その木から採ってきた梅です。
d0182179_0295536.jpg


今年は大きくて立派な実がたわわに実って大豊作!

会長が木に登って、
d0182179_19403870.jpg


実を落とします。
d0182179_19422216.jpg


それを拾うのが私の役目。

バケツいっぱいになりました。
d0182179_2048106.jpg



先月末から新しく私たちの仲間になった
とっても明るくてかわいい彼女にヘタを取ってもらって、
d0182179_19434327.jpg



今年もこれで自家製梅酒を作ります。
d0182179_19413912.jpg


食前酒としてお出ししてるんですが、
結構評判いいんですよ、うちの梅酒。


ホワイトリカーと氷砂糖を買ってきてさっそく仕込んだので、
その様子は次回ブログに載せたいと思います。




梅拾い中に変わった色のカエルに遭遇しました!
d0182179_19442473.jpg

赤茶色っていうのかな・・・
こんなのなかなかいないですよね。

これ見れてちょっとラッキー!




◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-06-24 21:32 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)