上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi

<   2012年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

我が家の愛犬。

相変わらず山菜ネタで書きたいことがいっぱいあるんですが、
読んでくださってる方もさすがに飽きちゃってるんじゃないかな~と思います。

なので、
何かいつもと目先の変わった写真ないかな・・・
と考えたところ、

我が家の愛犬の写真でも見ていただこうかということになりました。

割烹のブログとは関係なさ過ぎますが、
たまにあるオフネタということで。

いつもブログに載せる写真を求めてアンテナを立ててるので、
何か見つけるとシャッターチャンス!
とばかりにすかさず写真を撮りまくってますが、

愛犬に関しても、
親バカ状態でついつい何枚も撮りすぎてしまうので、
写真はたくさんあるんです。

名前は「ちゃま」。もうすぐ4才、女の子です。
d0182179_19364970.jpg

これは私が携帯の待受けに入れていつも眺めてるお気に入り写真ですよ。

こちらは一番最近のちゃま。
d0182179_19395387.jpg
気持ちよくお昼寝中です。
ソファーの手すりに首をのっける態勢が好きなんです。

上から見るとこんな感じ。
d0182179_19424275.jpg
よく日の当たる部屋で気持ちよさそ~に寝てるので、
それ見てるこっちまで眠くなってきたりします。

ということで、
我が家の愛犬ちゃまでした。

これからも時々ちゃまの写真を載せちゃうかも。
よろしくお願いします!

by shinyanagi | 2012-05-30 19:58 | Comments(0)
先日、わらびのアク抜き実況をしましたが、
その続きです。

先日のブログでは、
ワラ灰で覆って熱湯をかけ、新聞紙で覆ったところまで書きましたが、
d0182179_18365641.jpg


そのまま一晩置いたらこんなになりました。
d0182179_18394297.jpg
濃い緑色の液体が新聞紙の上に出てきてましたよ。

これがアクなんですねー

アクがしっかりと出切った様子です。
d0182179_1842327.jpg
水がどす黒いです。



ということでアク抜き完了!きれいに洗って保管します。
d0182179_18543560.jpg
これでいつでもすぐに使えます。

いいわらびですよ!

お料理にじゃんじゃん使わせていただきまーす。

これから新柳でお食事される皆様、
どうぞお楽しみに!!






+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
    上越の会席料理なら割烹 「新柳」
    http://shinyanagi.jp/plan/index.html
+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
by shinyanagi | 2012-05-28 19:07 | Comments(2)
今日は地元のお酒を紹介しますよ。

「ぶなの露」というお酒。
日本酒です。
d0182179_1312371.jpg


昨年、
「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」堂々の金賞受賞です!
d0182179_1324492.jpg
そんなアワードがあるんですね。

でも、ワイングラスに合うだなんて、ちょっとおしゃれですよね~

このお酒は、
ここ牧区で減農薬で米を栽培する『深山の里の会』のメンバーが、
丹精込めて育てた酒米「五百万石」を100%使用して造られた特別純米酒。

原料水には同じく旧牧村に湧き出る伝説の名水『弘法清水』を使用しています。

清らかな水の湧き出るぶな林をイメージして作られた日本酒です。

弘法清水とは、
昔、弘法大師が立ち寄って、水不足に困っていた人のために地面を叩いたら、
そこから水が出たといういわれのある湧き水です。

弘法大師の像が建っていて、ちょっと観光スポットっぽいですよ。
d0182179_1531171.jpg
場所は深山荘の近くです。



そしてこの「ぶなの露」を醸造しているのは武蔵野酒造さん。
d0182179_1535372.jpg

深山の里の会の皆さんと打ち合わせを重ねて作り上げられた逸品なのだそうです。


ラベルには「越後牧村」の文字があり、
d0182179_15433597.jpg
まさに牧が生んだ銘酒といえますね。


ちなみに、
この写真の「ぶなの露」は先日、
その深山の里の会のメンバーのお一人からいただいたものです。

ここでご宴会された後、おうちまで車でお送りしたときに、
お土産に持たせてくれました。

ありがとうございます!


実は地元のお酒なのに私はまだ一度も呑んだことがないんですよ。
日本酒があまり得意でないもので・・・

でもせっかくいただいたので試してみなくちゃ!ですね。

ワイングラスに合うお酒ってどんななのでしょう?
その感想はまた後日ということで。
お楽しみに!





+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
    上越の温泉なら 「太平の湯」
    http://shinyanagi.jp/spa/index.html
+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
by shinyanagi | 2012-05-27 16:23 | Comments(0)
昨日たくさんいただいたわらび。
d0182179_21204416.jpg


今日は調理場にてアク抜きです。

燃やして灰になったワラを使いますよ。

では、実況中継と参ります。

まず、バットにわらびを並べ、ワラ灰で覆いますよ。
d0182179_21255085.jpg


そこに熱湯をまわしかけます。
d0182179_2127234.jpg

真っ黒!ドロドロだ~!
d0182179_21273776.jpg


新聞紙でしっかりと覆います。
d0182179_21285771.jpg


はいできあがり。
d0182179_21303238.jpg

これで一晩から一昼夜ねかすとキレイにアクがとれるんだそうですよ。

わらびのアク抜きには重曹も使われますが、
ワラ灰のほうが風味や色が良くアク抜きができるんだそうです。
そして、何より失敗が少ないということですよ。

ただ、重曹に比べてワラ灰は入手しにくいから、それが難点ですけどね。

山菜って採るのは楽しいし、食べておいしいけど、
手間がかかりますよね、まったく。

ということで、
食べる専門の私がわらびのアク抜き中継をさせていただきました!



今日もまた夕陽を撮りましたよ。
d0182179_21371794.jpg
d0182179_21374881.jpg

by shinyanagi | 2012-05-26 21:51 | Comments(0)
今、山菜はきっとワラビが盛りなんでしょうね。
今日もまたお客様がたくさん持ってきてくださいました。
d0182179_20401726.jpg
きれいにそろえてあるでしょう?

こうやってきれいにこしらえるだけでも手間がかかってるんですよね。

で、この束がダンボールに8束も入ってました!
d0182179_20391948.jpg
もう、お見事!って感じです。

こっちも別の方から。
d0182179_19213013.jpg

ワラビの香り、いいな~
なんとも言えません!


「良かったらお料理に使って。」とか、
「みんなで食べて。」とか。

こうやって差し入れしてくださる方がたくさんいらっしゃって、
本当にありがたく思います。

旬の山菜をお料理でお出しすると、皆さん本当に喜んでくださるので。

竹の子もまたこんなに!
d0182179_2058855.jpg

おいしい竹の子ご飯になって、お客様に食べていただいてます。
d0182179_19223178.jpg


こちらもいただいたんですが、
これはワサビの葉だそうです。
d0182179_19233356.jpg

珍しいですね。

そのワサビはお漬物になりました。
d0182179_193205.jpg
ワサビ風味のぴりっとしたおいしい漬物ですよ。


・・・・最近山菜の話題ばかりなので、
ちょっと控えようかな~と思ってたんですが、

結局今日も山菜一色になってしまいました・・・

だってやっぱり嬉しい差し入れだから、報告したくなりますからね。







+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
    上越の会席料理なら割烹 「新柳」
    http://shinyanagi.jp/plan/index.html
+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
by shinyanagi | 2012-05-25 21:18 | Comments(0)
ここのところ山菜のことばかりだったので、
たまには別のおいしいものを。

ということで、
今日は甘くておいしいデザートです。

「メロン・マンゴー・イチゴのワインゼリー添え」
d0182179_14184911.jpg

一口サイズのメロンとマンゴーとイチゴを盛りあわせ、
自家製ワインゼリーを添えました。

ま、名前の通りですね。

甘みたっぷりのメロンとマンゴーが超おいしいですよ。
そしてイチゴの甘酸っぱさがアクセントになってます。

そこに添えられたゼリーのワイン風味が、
大人のお上品デザートに仕立ててくれてますよ。


あ、
それとデザートの上に乗っかってるミントの葉に注目!
d0182179_13121097.jpg


これ、アップルミントの葉なんですが、
うちの敷地内で収穫した葉っぱなんですよ。
d0182179_1461926.jpg

何年か前、自宅に植えてたミントが増えてどうしようもなくなったので、
ここに持ってきて植えたら、どんどん広がってミント畑になりました。

頭の小さな新芽を摘んで使いますよ。
そうすると摘心したことになるので、
またどんどんこんもりとしてくるんですよね。
d0182179_1492383.jpg
ずっと奥の方まで広がってます。
元気に咲いてるでしょう?
・・・そしてスギナも負けずに元気ですね。





+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
    上越でご法要なら割烹 「新柳」
    http://shinyanagi.jp/plan/index.html#02
+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
by shinyanagi | 2012-05-23 14:28 | Comments(0)
金環日食見ましたか?

私はテレビでスマップと一緒に見ました。

すごく良かったですよねー!

そして今日は新月でもあります。

なんでも、
金環日食と新月が同じ日になるというのは、
数百年に一度の本当に奇跡的な組み合わせなんだそうですよ。

新月に願い事をすると叶う、と言われてますが、
今日はそこに日食も加わって、
なんだか大きなパワーをもらえそうですよね。

せっかくだから、
こんな日に願い事を考えてみるのもいいかもしれませんよ。


さて、
今日ものどかなエリアへ出かけてきましたよ。
d0182179_18323057.jpg

フジの花がこんなに下に咲いてました。
d0182179_1835202.jpg
きれいですねー!

このお花もきれい!
d0182179_18361848.jpg


田植えの終わった田んぼ。
d0182179_1839069.jpg


本当にのどかです。

今日は浦川原の真光寺というところへ行ってきました。

一人暮らしのおばあちゃんのところへご法事の打ち合わせです。

今日は気持ちのいい快晴。

お宅の前にはゼンマイが干してありました。
d0182179_1848407.jpg
ほら、からっからになってます!

この日当たりですからね。
天日干しには最高の日でしたね。

これは今年のゼンマイではなく、
去年採って乾燥させたものだそうです。

こういう大きな缶に入れて保管して、
翌年また天日で干すとまだまだ長持ちするんだそうですよ。
d0182179_18522146.jpg


私が興味津々で聞くので、
おばあちゃんが、「こっちにはワラビも干してあるよ。」
と見せてくれました。

わー!ずらーーーっと並んでます。
d0182179_1924638.jpg

これは今年、娘さんが採ってきたワラビだそうです。

d0182179_19101437.jpg
こんなに細くて褐色になってるけど、
戻すと色も形も太さも本当に元の通りの青々としたワラビになるんだそうです。

干しておけば保存が利くのでどの季節でも食べることが出来るし、
保管にも場所をとらない。

昔の人の知恵ってすごいですよね。

おばあちゃんから戻し方なども伝授してもらいましたよ。

昔はお嫁に行く前に必ず自分の母親から習ったものだそうです。

でも、こういう昔の知恵、
どんどん受け継がれにくくなっていくんだろうな・・・・

おばあちゃんが、
「やっぱりやってみて覚えるものだし、
もし興味があったらいつでも言って。
実際戻すところ見せながら教えてあげるから。」
と言ってくださいました。

彼女の写真を1枚撮りたくてお願いしたんだけど、
「私なんて写さなくていいから!」
って断られてしまいました・・・

とてもかわいいおばあちゃんなのでお見せしたかったんですけど。

でもホント、マジで習いに来たいな~って思いながらお宅を後にしましたよ。

あ、
もちろん、ちゃんとご法事の打ち合わせもしてきましたからね。

by shinyanagi | 2012-05-21 20:51 | Comments(0)
このタケノコ見てください!
d0182179_16513475.jpg
d0182179_17375913.jpg

孟宗竹(モウソウダケ)です。
おっきいでしょー?

昨日お客様からいただきました。

モウソウダケはこの大きい皮付きのまま大鍋に投入して、
グラグラと茹でるのがいいんだそうですよ。
d0182179_18454062.jpg

本当は米ぬかを入れて茹でるのがいいんだけど、
今日はないので省略。

ぬかはアクを吸収してくれるそうです。

また、皮付きのまま茹でるのは、
茹でると皮が簡単にむけるからだということですよ。


そうそう、姫竹ももらったんです。

こちらは、生のまま皮をむいて、
d0182179_1852371.jpg

刻んで
d0182179_18531513.jpg

それから茹でます。
d0182179_1854950.jpg

姫竹はアクが少ないのでこのまま茹でるのでオッケーだそうです。


同じタケノコでも、
それぞれ処理の仕方が違うんですね。

地元出身のくせに、
今日のブログを書くために調理場で取材して初めて知りました。

ブログを書くことによって、いろいろ勉強になっております。

by shinyanagi | 2012-05-20 19:03 | Comments(2)
また、
お天気の日の配達は気持ちがいいという話です。

まるで観光名所のような高原でしょ?
d0182179_16161618.jpg
フジの花があちこちに咲いていて、きれいです。

ここは川上地区の切光。
「せっこう」と読みますよ。

お届け先はこちらのお宅です。
のどかですよね。
d0182179_1621448.jpg
今日は田植えで、
離れて住む子どもさんやお孫さんが手伝いに来てくれてるんだそうです。

皆さんで食べるお寿司を注文してくださいました。


もう1件お届けしてからの帰り道、
斜面に咲く花に目が行きました。
d0182179_16594174.jpg

かわいらしいこのお花。
d0182179_171370.jpg
例によってまた名前が分かりません・・・
知ってる方教えてくださいね。



農繁期の間はお客様が少ないので、
ふだん行き届かないところをお掃除するチャンスです。

今日、スタッフのなっちゃんは一生懸命床磨きをしてくれました。
d0182179_17341188.jpg
遠くから隠し撮り・・・ごめんね、なっちゃん。

ぴっかぴかにしてくれました!
d0182179_17344649.jpg
わかりますかー?




+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
    新潟の山菜釜めし 「おかわり名人 こしひかりの友」
    http://shinyanagi.jp/shinyanagi/index.html#04
+◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆+
by shinyanagi | 2012-05-19 18:02 | Comments(0)

山菜料理いろいろ。

地元で採れた山菜は新鮮でやっぱりおいしいです。

わらびの胡麻和え
d0182179_15541980.jpg


揚げ出し豆腐 コゴミの天ぷら添え
d0182179_1559870.jpg


煮物の盛り合わせの中には、
d0182179_21443518.jpg


ウドの煮物
d0182179_21455775.jpg


タケノコ、コゴミ
d0182179_2146461.jpg


ぜんまい煮
d0182179_2148238.jpg


オードブル盛り合わせの中には、
d0182179_2149335.jpg


ウドの天ぷら
d0182179_21493191.jpg


などなど。


山菜がふんだんに手に入る今の時期、
うちのお料理もあちこちで山菜が顔を見せてますよ。

皆様も是非、懐かしくておいしい山菜料理、
食べにきてくださいね!

今の時期しか食べられませんよ!

by shinyanagi | 2012-05-17 21:53 | Comments(0)