上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi

<   2014年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ラベンダーの香り袋

こういうのをお店の中に置いてみました。
d0182179_19595865.jpg


ラベンダーの香り袋です。

d0182179_2031668.jpg



うちのラベンダー。
d0182179_1944373.jpg

毎年たくさんの花を咲かせます。

ラベンダー好きとしては、その咲いた花を全部残らず収穫したい衝動に駆られるんですよ。

なので、
とにかく切れるだけ切ってきて、
リボンで花穂を編むバンドルズにしたり、
束にしてぶら下げてドライフラワーにしたりして幸せ感じてるのですが、

d0182179_14435867.jpg


やっぱりドライフラワーは、時間が経つと見た目にきれいじゃなくなるんですよね。。。

でもいい香りはそのまま。
というか、ドライにしたことによってかえって香りが強くなってすごくいいんですよ。

見た目が悪いからって、
このいい香りの大量のラベンダーを捨ててしまうのはもったいない。

と思って、
花穂を入れた香り袋を作ってみました。
d0182179_2033894.jpg

お茶用のティーバッグに花穂を詰め込んで、オーガンジー調の巾着に入れただけ。

簡単!
でもかわいいでしょ!

だけどちょっと寂しい・・・

で、ブーゲンビリアの花びらをドライにしたのがあったので、
(とにかく花びらを乾かすのが好きなもので・・・)
d0182179_2053663.jpg


アクセントにどうかなと思って入れてみました。
d0182179_2042333.jpg


わーい!よくなった!


「ラベンダーの香りがお好きならぜひどうぞ」
と書いてお店に置いておいたら、
皆さん持って行ってくださって、第一弾はあっという間になくなってしまいました。

嬉しい!

一応、材料が切れるまでは補充していこうと思っていますが、
なかなか作っていられない時もあるので、カゴが空っぽってこともあると思いますが、

しばらくは置いておきますので、
ご希望の方、ぜひ持って行ってくださいね。


バッグやクローゼット、また車の中などに入れておくと、
いつまでもいい香りが楽しめますよ。


ちなみに私のおすすめはバッグの中。

バッグの中のものを探そうとして少しかき回しただけで、
ホワーッとラベンダーが香ってきて、うっとり幸せ気分になれちゃいますよ。

d0182179_20361779.jpg

by shinyanagi | 2014-06-13 20:40 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)

長岡ランチ

昨日は、法事で帰って来ていた長女と長岡へ行ってきました。
d0182179_15543015.jpg

運転手は彼女なので、私は助手席で超ラクチン!

信濃川横断中。
d0182179_15554188.jpg


真夏のような空。
d0182179_1556949.jpg




ランチできる新しい店を開拓しようってことになり、

となりで運転する娘から、「スマホで検索して。」って指示が出たけど、
「えー、そんなのめんどくさいよ。」と、私。

「長岡 ランチ」で検索するだけだから簡単だよ。って言われて、
やってみたら、、、

ホントに簡単で、そしてたくさんのお店情報が出てきました。

以前何年か前にこういうサイトを見たとき、
所蔵件数が少なくて、「これ使えないな。」って思ったことがあったんだけど、

今や、もうその件数といい詳細さといい、
かなりレベルアップしてるんですね。

今必要な情報を、手間も時間もかけず瞬時に受け取ることができる。

まったくすごい時代になりましたね。

そして、今どきの子たちにしたら、それが当たり前なんですよね。

そうそう、
高校生の次女は、時々しか東京へ行かないけれど、
全部スマホで検索して、一人で都内のどこへでも行けちゃいますからね。

切符売り場の上の路線図なんて見もしない。

スマホで今自分がいる場所を検知してもらい、

今そこにいるのなら、乗り継ぎの何番線まで徒歩3分で、
だとすると今なら○時○○分発の電車に乗れます。

その後の乗継はこうでああで、
目的地には○○時○○分に着きます。

とか・・・きめ細かい情報を得て動いてるから失敗もなしなんですよね。



あらら、脱線しすぎた。



ま、そんなわけで、
検索して選んだイタリアンのお店へ向かってみました。

ボタン一つで、今度はそのお店までのナビもしてくれるから迷わず到着です。

d0182179_18302472.jpg

「トラットリア アー・アッラ・ゼータ」

「A alla Z](アー・アッラ・ゼータ)の直訳は、「AからZまで」だそうですよ。

1階がおしゃれな家具や雑貨のお店で、
その店内を通りながら奥のエレベーターまで行き、
そこから3階に上がるとお店がありました。

店内、お客さんがいっぱいランチしてました!
町中から結構はずれたところなのにこんなに混んでるってことは期待できます!

壁全面が窓ガラスでその向こうは鬱蒼とした森。
d0182179_18455288.jpg

雰囲気ありましたよ。


ではではランチの写真を。

素材に地元野菜をふんだんに取り入れてるんだそうです。
いいですねー

前菜
d0182179_18493673.jpg
地元でとれたカリフラワーの冷製スープ、地元野菜入りオムレツ、
右の魚(アジ)も地魚だそうですよ。カルパッチョ風でおいしかった!



ピザ
d0182179_1850167.jpg
ハーフ&ハーフにしてみたんだけど、
半分はマルゲリータ、半分は地元野菜のピザです。

パスタ
d0182179_18502686.jpg
リングイネのジェノベーゼ

ドルチェ
d0182179_18504310.jpg
マンゴーソルベ

だけど、マンゴー写ってなかったですね。


以上、
おしゃれでおいしくて大満足のランチでした。

フローリングやテーブルの木のぬくもりを感じれる空間もとてもよかったし、
またぜひ来てみたいって思いました。



さて、
インスタグラムを始めました。

撮った写真を投稿するサイトのことですが、

娘に教えてもらってやり始めたら結構おもしろくて、
上のランチの写真も全部インスタグラムで撮ったんですよ。


撮った写真をすぐにフェイスブックやツイッターに投稿できる手軽さに感動して、
こんなのとか撮ってフェイスブックに載せて遊んでます。

d0182179_19272091.jpg


d0182179_19273530.jpg

by shinyanagi | 2014-06-10 19:37 | オフ | Comments(0)

実家の法事でした。

土曜日は法事でした。
父の3回忌と祖母の1周忌を兼ねました。

実家の法事ってずっと何年もやったことがなかったのに、
2年前、8か月ほどの間に父、祖母と続けて亡くなってしまったので、

それぞれの段引き法要や1周忌、3回忌と、
この2年は法事続き。

私は仕事柄、ご法要を執り行われる方とお話しする機会が大変多いので、
お葬式やご法要などの一通りのことはわかっています。

ってつもりだったけど、、、

自分で経験してみて初めて、
「施主様ってこういう苦労があったんだ。こういうところが大変だったんだ。」
というような気付きが、大きいものから小さなことまでいっぱいありました。

なので、
私としてもお客様との会話にそれを生かすことができて、
ありがたい勉強になりました。


私の年代はまだ親御さんがお元気な方が多いですし、
家の法事となると、親にお任せってパターンが多いと思うけど、

機会があれば、ぜひ親御さんに習いながら、
自分のこととして経験してみることをお勧めしたいです。

絶対にいろーんな気付きを得られると思いますよ。

なーーんて、偉そうですみません。。。


さてさて、
お寺様にお経をあげてもらって、ありがたい法話を聴いた後は、
お楽しみのお食事ですよね。


この間の法事のお料理(at新柳大広間)、どうぞ見てくださいね。

d0182179_20481787.jpg


d0182179_20511130.jpg


d0182179_20521245.jpg


d0182179_20523591.jpg


d0182179_2053095.jpg


d0182179_20532558.jpg


d0182179_20534232.jpg


d0182179_2054247.jpg


d0182179_20542510.jpg


d0182179_20544679.jpg


d0182179_2055897.jpg



一部撮り忘れてしまったお料理もあるのですが、ざっとこんな感じです。

普通に全部は食べきれない量です。

田舎の考え方だと思うのですが、
施主の方の意識というのは、

参列してくださったお客様たちに、
「食べきれないほどのごちそうをしてくれた!」
って思っていただきたいんですよね。

自分の時間を割いて、お金も包んできてくださる。
そのお客様たちに喜んでもらえたら、法事は大成功ですからね。

いろんなお客さまとお話ししますが、

やっぱり皆さん、法事は一家の1大イベントで、
準備の段階から終了まで本当に法事のことで頭がいっぱいな方多いです。

あれこれ心を配って、滞りなく進むだろうかという心配もいっぱいあって、
終わったときに、「やれやれ、やっと終わった。」
と安堵のため息をついた。

なんてお話よく聞きます。

法要のお料理も、その法事成功のために重要な部分です。

なので、
これからもそのことをしっかりと心して、
お客様のお役に立てるお料理を提供していけたらと思っています。
by shinyanagi | 2014-06-09 10:20 | 新柳のお料理 | Comments(0)

夏の花壇

花壇に夏の花を植えました!
d0182179_193872.jpg


この日は梅雨入りが発表された日で、
前日までの真夏日気候からはぐっと温度が下がり、風もあって、
花植え作業をするにはちょうどいい日でした。


社長が花壇の中を耕してくれています。
d0182179_1225476.jpg

日照りが続いたせいもあって、土はヒビ割れてカチカチ。

社長、お疲れ様です。


さて、市場から仕入れられてきた花。
d0182179_1240134.jpg

マリーゴールドやベゴニアやトレニアなど、夏花の定番が全部で100株以上!

宴会場スタッフのなっちゃんに応援を頼み、
私が花を置き、それをなっちゃんが植えていくという作業。

で、100株の花たちを植え終わったんだけど、、、
d0182179_12431048.jpg
まだ花壇には空きスペースが・・・

急いでホームセンターへと車を走らせ、
追加50株買ってきました。
d0182179_1253885.jpg

ペチュニア、日日草、メランポジウム。
全部私の好きな花!

自宅用じゃこんな大人買いできないから、ポンポン選べるのが超楽しかったです。


それらも植えて、何とかスペースが埋まりました。
d0182179_1305928.jpg

うちの花壇、思ったよりも広いです、フー!



色とりどりの華やかで賑やかな夏花壇完成です。
d0182179_1335164.jpg



梅雨入りしたけど結局1日雨は降らずで、作業は順調。
よかったです。

そして日が暮れて・・・
d0182179_1345197.jpg



翌日、
花壇にこんなものが設置されましたよ。
d0182179_13132388.jpg


名付けて、自動水やりマシーン!
d0182179_13282698.jpg

花壇に下駄足を設置して、その上に管を渡してあります。


管には所々穴があけてあって、そこから水が出るという寸法。
d0182179_1316514.jpg

ここの花壇は西日が厳しくて水やりを怠れないんですが、
ちょっと忙しくバタバタしちゃうと、つい・・・ってこともたびたびで。

社長と相棒の小川さんとの共同作業で、あっという間にできあがってしまいました。

これはかなりよさそうですよ!

どんどん大きくなっていく花たちが今から楽しみです。
by shinyanagi | 2014-06-07 19:40 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)
月初めの火曜日はハーブ教室の日。

6月の米山ガーデンは早咲きのラベンダーが花盛りでした!
d0182179_17124155.jpg

d0182179_17121420.jpg

あー
癒されます!



今回もおいしーーーいハーブ料理習ってきましたよ。
d0182179_1831469.jpg



習ったのはブイヤベースとピクルス。

ではさっそく紹介しますね。

まずはブイヤベース。

有頭エビとタラ
d0182179_1841345.jpg


あさり
d0182179_1845982.jpg


先に薄切りにんにくと薄切り玉ねぎをオリーブオイルで炒めて、
d0182179_1852924.jpg


水を入れて、これを投入。
d0182179_1872320.jpg

d0182179_1874550.jpg

何かというと・・・

セロリと一緒にガーデンから摘んできたタイムやローズマリーを糸で縛ったもの。
「ブーケガルニ」といいます。

ハーブのブーケって意味なのかな。
煮込み料理の風味づけをしてくれます。

エビとタラ、入りました。
d0182179_18301751.jpg


白ワインとサフランも入れました。
d0182179_190211.jpg


あとはアクを取りながら少々煮込み、
d0182179_1905146.jpg

最後にあさりを入れて、あさりの口が開いたら完成です。

タイムとパセリを飾って、ブイヤベースができました。
d0182179_1915480.jpg

エビのだしとコクがすごい効いてる!
ごちそう感たっぷりの豪華スープですよ。

それにしても、
びっくりするくらい簡単&短時間でできてしまいました。
これなら、ご飯の支度に時間をかけられない私でも作れそう。


次、ピクルス。

棒状に切った材料いろいろ。
d0182179_1917129.jpg

きゅうり、にんじん、ピーマン、パプリカの赤と黄、玉ねぎ、カリフラワー、プチトマト、セロリなどなど。

びんに入れていきます。
d0182179_19175555.jpg


d0182179_19201754.jpg


すっからかん!
d0182179_1918325.jpg


私もこんなに詰め込みました。
d0182179_1245737.jpg


米酢です。
d0182179_12535034.jpg


米酢と水、同量ずつ入れます。野菜が完全に浸るまで。
d0182179_12542132.jpg


砂糖、塩、唐辛子、ローリエの葉、粒コショウ、コリアンダーを入れて、
混ぜたら完成です。
d0182179_12561468.jpg


見た目もきれい!
d0182179_1303354.jpg

冷蔵庫で2ヶ月くらいオッケーだそうですよ。



さあ、ランチタイムです。

ブイヤベースにはハーブ入りバターを塗ったフランスパンを添えて。
d0182179_1333265.jpg


お水にはミントの葉を浮かせました。
d0182179_1391682.jpg

ハーブ好きとしましては、
味もさることながら、ちょっとした飾りにハーブをあしらったりするこういう演出にやられます。



今回もハーブ料理、充分に堪能してまいりました。



さてさてピクルス。
一晩寝かせて、、、
d0182179_13124316.jpg


ビールのつまみに最高でした!!
d0182179_13191020.jpg

by shinyanagi | 2014-06-06 13:29 | オフ | Comments(0)

水車もお色直し。

外壁塗装が無事完了して、
月曜日には、吹き付けで汚れた窓ガラスの拭き掃除をしてもらいました。
d0182179_16454222.jpg

最後の仕上げです。

外回りがきれいになったので、
新柳のシンボルの水車も、きれいにしてもらうことになりました。

玄関のこの場所に設置されていましたが、
d0182179_1643040.jpg


外へ持ち出して、
d0182179_16424271.jpg


ゆるんでる箇所をトントントントン!
d0182179_13234388.jpg


防腐剤を塗っています。
d0182179_1644247.jpg

一度塗って乾かして、翌日もう一度。
防腐剤の二度塗り。
丁寧です。

木本来の風合いや色を大事にしたいのでペンキは塗らないんだそうですよ。

「細かいところまで手を差し込んで塗ったから手首が痛くなったよ。」とのこと。

ちょうど14年前の平成12年6月。
この水車は、佐々木菊治さんという大工さんが新柳のために寄贈してくださいました。
d0182179_16442499.jpg


そして、今回丁寧に防腐剤を塗ってくださってるのがご本人の佐々木さんです。
d0182179_16434941.jpg


乾燥まで入れると3日間かかって、二度塗り完了しました。
d0182179_15464331.jpg


ビフォーです。
d0182179_15535788.jpg

比べてみると、
重みのある黒色でつやもあり、
木目が浮かび上がって、見違えるようになりました。


水槽の中も、この際きれいに塗りなおしました。
d0182179_16443791.jpg


d0182179_15392928.jpg



さて、
月曜日から足かけ3日目の今日。
水車をもとの位置に戻しましたよ。


5人がかり!
d0182179_1631712.jpg


台を先に置いて、
d0182179_164249.jpg


運びます。
d0182179_165296.jpg


d0182179_1664194.jpg


完成!
d0182179_1683816.jpg



さっそく水を入れて、
d0182179_16992.jpg


水車が回り始めましたよ!
d0182179_1610535.jpg


暑さが続く毎日。
d0182179_1692818.jpg

これで少しは凉を呼べるかな?
by shinyanagi | 2014-06-04 17:35 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)
この前もブログに載せたサワ菜です。
もしくは、ミズ菜、ヨシ菜、ミズ、と地域によって呼び名の違うこの山菜。
d0182179_1254182.jpg


この根っこの赤い部分が、非常に粘り気を持っているんだそうです。
d0182179_1325610.jpg


皮をむいて細かい根を取り除いて、
d0182179_1310132.jpg


さっと湯がきました。
d0182179_1325744.jpg


袋に入れて、
d0182179_1328442.jpg


叩く!
d0182179_1336765.jpg


中がトロトロになるまでひたすら叩き、
d0182179_13515933.jpg


そのあとは、まな板の上に広げて包丁でさらに叩きます。
d0182179_13551616.jpg


すると、この粘り!!
d0182179_1547489.jpg


トロトロのサワ菜のたたき完成しました。
d0182179_15472043.jpg


よーく混ぜた後の納豆みたいにトロトロネバネバです。
でもって、サワ菜のサクサク感も残っていて、
両方の食感が楽しめました。

このたたきは昔からの料理法だそうですが、
私は初めて!

サワ菜ってゆでてサクサクと食べることしか知らなかったので、
なんかとても新鮮。

そして手間もかかってるし!

なので、ちょっと感動に近いおいしさを感じましたよ。


さて、さっきのは根っこの部分のたたきでしたが、
今度は茎の部分で作りました。

根っこに比べると若干弱めだけど、茎も結構ネバネバ!
d0182179_15475719.jpg


そして、
冷静パスタのトッピングになりました。
d0182179_15474058.jpg

一見バジルソースにも見えますが、
れっきとしたサワ菜ですよ。

ちょっと変わってておもしろくて、
なかなかこんなの食べれないと思います。

うちの板前さんの常識にとらわれない発想に脱帽です。
by shinyanagi | 2014-06-01 22:34 | 新柳のお料理 | Comments(0)