上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先週の日曜日、深山荘では、
「春の味覚まつり」と題して、山菜料理を楽しんでいただく会を催しました。

共催はおなじみのNPO法人「よもぎの会」さん。

今年も山菜を使った様々なお料理を用意してきてくださいました。

深山荘ブログで紹介しています。→牧湯の里深山荘ブログ「本日は、春の味覚まつり」


私も相変わらずたくさんの写真を撮りました。


沢菜の淡雪和え
d0182179_2072322.jpg


山菜煮
d0182179_2075568.jpg


ぜんまい煮
d0182179_2083392.jpg


ウドのクルミ和え
d0182179_2092653.jpg


ウルイの酢味噌添え
d0182179_20101516.jpg


せり煮
d0182179_2011451.jpg


ワラビの甘酢
d0182179_20113548.jpg


こごみのつゆ浸し
d0182179_20122214.jpg


フキのたらこ和え
d0182179_20294053.jpg


タケノコの天ぷら
d0182179_20303875.jpg


いろんな葉っぱの天ぷら
d0182179_20145691.jpg



と、これはまだ一部ですが、
みーんなバイキングで食べ放題!

山菜って、
アクを抜いたり皮をむいたり、
素材としてまな板の上に乗るまでに、ひと手間もふた手間もかかってるんですよね。

さらにそこから今度は煮たり揚げたりするわけだから、
とにかく時間も手間もかけられて、できあがったお料理たちなわけで。

これだけのお料理を作り上げるよもぎの会さん。
すごいです。



そうそう、今日はちょっと変わり種を紹介したかったんです。


これ、何の天ぷらかわかりますか?
d0182179_20152948.jpg




答えは。。。


なんと、


ドクダミなんです。


そう、あの独特のにおいのやつ。


薬草だから普通は煎じて飲むものだけど、
天ぷらにして食べるってどうなの??

と思いながら恐る恐る口に入れてみました。


で、私の口から出た叫びは、「うわ~!ドクダミだー!」


だって、口の中じゅうにドクダミの香りが広がって、もうそう叫ぶしかなかったです。

久々のびっくり体験でした。



「これは決しておいしいものじゃないですよ。
でも、普通は食べないし、食べたことないでしょ?
だからこそ、皆さんにちょっと食べてみてもらいたと思って。」

と、よもぎの会の代表小林さんのお話でした。


そのあと、お客様のお声を聞いたら、

「意外と食べれたよ。」
「面白い経験ができた、話のタネになるよ。」

などなどなかなか好評をいただいていました。


ま、私的には、
食べれなくはないけど。。。でももういいかな。
といったところです。



そんなドクダミの後にいただいた、よもぎの会さん特製ぼたもち。
d0182179_20155931.jpg

これ、めちゃくちゃおいしかったですよ。







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-05-25 21:19 | イベント | Comments(0)

特別コースのお料理

昨日は、
お客様から「特別おいしいものをおまかせで!」とのご注文をいただいていたので、
通常メニューにはない特別コースをご用意しました。

うちの店は会長が毎朝必ず市場に出向いて仕入れをしてきます。
もう何十年もですからね。
目利きや仕入れの腕は確かです。

その会長が厳選した新鮮な素材。

それらを今回はあまり手を加えず、
本来の味を堪能していただくというコンセプトでご用意しました。



ではではさっそく。

どうぞご覧ください!



まずは、
おつくり盛り合わせです。
d0182179_19392549.jpg

カニ、アワビ、マグロトロ、赤貝。

カニは生きてるのをさばき、
身を氷水に浸けるとこんな風に花が咲くんだそうです!


ランクA5の最高級和牛。
d0182179_19512873.jpg

鉄板で焼いて召し上がっていただきました。

私もちょっと試食しましたが、
とにかくめっちゃくちゃ柔らかくてジューシー!

なんかもう他の牛肉食べれなくなっちゃいそうです。


焼き物はやっぱりこれ!
d0182179_1951595.jpg

ノドグロの塩焼きです。


焼きガニ
d0182179_19523020.jpg


d0182179_19525954.jpg

香ばしい磯の香りがプンプンしてました。



〆のご飯はウニいくら丼。
d0182179_19533489.jpg

「もうお腹いっぱいでご飯なんて無理って思ってたのに、
ふたを開けたら、ウニいくら丼だー!ってなって思わず食べた!」
っておっしゃってました、お客様。


そしてデザート。
d0182179_1954310.jpg

にて終了です。



召し上がっていただいたのはこちらの皆様。
d0182179_2284833.jpg

みなさんから「大満足!」って言っていただけて本当に嬉しい限りです。

やっぱり、
お客様の「おいしかった」の笑顔は何よりの活力だな~って改めて思いました。

皆さん、本当にありがとうございました!

(写真掲載にもご協力ありがとうございました。)



新柳では、こんなふうにお客様のご要望にお答えして、
メニューにない特別料理もやらせていただいてます。

ですので、
どうぞ皆様も何なりと!

わがままなご注文お待ちしてますよ!






◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-05-20 22:46 | 新柳のお料理 | Comments(0)

今年も孟宗竹。

このタケノコ
d0182179_19511999.jpg


先日いただいた孟宗竹です。
d0182179_19493660.jpg

大きいですよねー


孟宗竹は毎年何人かの方からいただきます。

そうすると必ずブログに載せてるので、
毎年似たような記事で、似たような写真をお見せしていますが、

今年もまた同じくです。

いただくと、毎年必ずテンション上がるので、
必然的にブログでの紹介となるわけです。



米ぬかを入れてグツグツ。
d0182179_19503936.jpg

これでアクを抜くんですよね。

米ぬかが、出てきたアクを吸収してくれるんです。


そのあと、
皮をむいて水にさらすと、最初の写真のようにきれいなタケノコになるんですよね。



そして煮物に。
d0182179_2031419.jpg


なんといっても旬ですからね。
d0182179_19515820.jpg

タケノコがこの中の主役間違いなしです。





◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-05-18 13:26 | 新柳のお料理 | Comments(0)
今日は元気な子どもたちとバスに乗って、
d0182179_17305537.jpg


とあるところへ出かけてきました。

細いカーブの山道をどんどん上って、
d0182179_1618237.jpg


d0182179_161475.jpg


d0182179_16144789.jpg


頂上に到着!

非常に素晴らしい見晴らし。
d0182179_16362647.jpg


ここは宇津俣地区の長者屋敷というところです。


深山荘では親子活動的なものの企画を考えていて、

今回、「サツマイモの苗植えから収穫まで」というのを
牧っ子たちにモニターさんになってもらってやってみることにしたんです。


長者屋敷には雪太郎大根を植える畑があって、
その畑をサツマイモ用にお借りしました。



私たちが到着すると、
d0182179_1755932.jpg

雪太郎の郷のお母さんたちが畑に畝を作ってくれていました。

ありがとうございます!


雪太郎の郷の代表、佐藤さんに植え方を習って、
d0182179_1843196.jpg


苗植え開始です。
d0182179_1875319.jpg



みんな初体験かな。
d0182179_18124112.jpg


d0182179_1818259.jpg


d0182179_1816123.jpg


d0182179_19274359.jpg



ちびちゃんたち若干2名は苗植えじゃなくて土いじり。
d0182179_1927838.jpg


d0182179_18194686.jpg

でもこうやって土に触れるって、いいことですよね~



100本あった苗。
d0182179_18212654.jpg


ものの10分くらいであっという間に植え付け完了です。
d0182179_1822230.jpg


これからの管理は雪太郎の郷さんにお願いして、
次は夏に一度みんなで草取りに来ようと考えています。


さて、
せっかくのお出かけなのに、これで解散じゃあっけなさすぎです。。。

ということで、
深山荘まで下りて来て・・・

バーベキューをやりました。



みんなにもお手伝いしてもらいましたよ。

タケノコ汁を作るため、
d0182179_1835946.jpg


皮むきをやってもらいました。
d0182179_1835493.jpg



d0182179_18365525.jpg


d0182179_18372947.jpg


d0182179_18381833.jpg

みんな真剣な表情でやってますが、

最後の最後までむいていく子もいれば、
適当なところで終わらせて、次のタケノコに行く子もいたりして、

これは結構性格が出て、見ていて面白かったです。


こーんなこともやったりして。
d0182179_18385314.jpg

魔女の爪!

私も子どもの頃、これやってたなー




みんながむいてくれたタケノコをお鍋に入れて、
d0182179_18412384.jpg


味噌汁!
d0182179_18422849.jpg



バーベキューに、
d0182179_18415017.jpg


おにぎり。
d0182179_1843547.jpg



さあ、いただきます!
d0182179_1843573.jpg


d0182179_18444476.jpg


d0182179_22421339.jpg


きれいに晴れた青空、気持ちの良いそよ風。
そんな自然の中で友達とワイワイおしゃべりしながらのお昼ごはん。

みんなとても楽しそうで本当に良かった!

大人の私もとても楽しいランチタイムでした。
ママたちも楽しんでくれたかな?


それにしても、
子どもたちってやっぱり遊びの天才ですね。

自然の中で次々とやることを見つけて遊びまわってました。

d0182179_18535581.jpg


d0182179_18555513.jpg




皆さん本日はどうもありがとうございました!
d0182179_18254364.jpg



今度は夏になったらまた畑へ出かけて行って、
草取りして、遊んだりご飯を食べたりしたいと思ってます。

もし、次回より参加希望の親子さんまたは子どもさんがいらっしゃいましたら
ぜひこちらまでお知らせくださいね。

大歓迎ですよ!




◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-05-08 23:12 | イベント | Comments(2)

タケノコ汁

数日前、
朝出勤するとお店に届いていたタケノコです。
d0182179_10404211.jpg

泥付きで、しかもその泥が全然乾いてないので、
早朝に山から採ってきて、それをすぐに届けてくださったのでしょう。

朝採れたての山菜や野菜を届けてくださる方が何人もいらっしゃって、
本当にありがたく思っています。

そして、いつも届けてくださる方はもう心得たもので、
早すぎてお店に誰もいなくても、ぽんって当たり前のように置いて行ってくださいます。

このタケノコもそうです!


1~2時間前までは元気ににょきにょきと生えてたんだから、もう新鮮そのもの。

さっそく皮をむいて、
d0182179_1259013.jpg


水にさらすとこんなに色白できれいです。
d0182179_11154085.jpg

そして、もちろんおいしそう!

この細いタケノコ、根曲がり竹とか姫竹と呼ばれていて、
柔らかくて優しい香りのする美味しいタケノコです。

このタケノコと言ったら、やっぱりタケノコ汁です。
d0182179_11161542.jpg
これ定番中の定番!


大鍋で茹でて、
d0182179_11382940.jpg


ジャガイモや玉ねぎと一緒に味噌汁にしました。
(でもタケノコ汁の具の定番は地元ではサバ缶です!)
d0182179_11375543.jpg

最後に卵を多めにかき入れて、

タケノコ汁の完成です。
d0182179_1139984.jpg


皆さんたくさん採ると水煮して瓶詰めして保存するけど、

やっぱり採れたての味は全然違います!

青臭さのある新鮮な風味や甘み、そして食感。
何杯でもお代わりしたくなってしまいますよ。



さて、
こちらもいただきました。
d0182179_1140786.jpg

孟宗竹です。

超巨大!
立派ですよねー


こちらの調理過程は次のブログにて!







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-05-06 09:16 | 新柳のお料理 | Comments(0)

捨てるところがない山菜

シーズン真っ盛りだというのに、今年はまだブログで山菜のことに触れてなかったので、
今日は、私も大好きな山菜「ウド」のことを。


今年もいろいろな方から届けていただいています。

旬の山菜料理って、お客様にお出しすると本当に喜んでいただけるので、
とてもありがたいです。

d0182179_19103914.jpg



この前いただいたのなんて、
d0182179_19114514.jpg

見てください。
この茎の太さ!

たくましく生長してます。


さて、
ウドって捨てるところが全然ないそうですよね。
どの部分も使える万能山菜です。



では、
新柳のウド料理をお見せしますね。


まずは、天ぷらです。
d0182179_19165789.jpg


先端の葉っぱの部分なので、高温でパリッと揚げるとサクサクの食感。
それがたまらなくおいしいです。
d0182179_1920081.jpg


茎の部分は、さつま揚げとコンニャクと一緒にして。
d0182179_19232915.jpg


炒め煮になりました。
d0182179_1925974.jpg

加熱するとまたおいしそうないい色合いになりますねー


これは皮。
d0182179_1926244.jpg


きんぴらです。
d0182179_1928322.jpg

甘辛味付けで、田舎風おふくろの味に仕上がってますよ。


こんなのもできました。
d0182179_19313572.jpg

ウド皮の甘酢漬けです。



こうやって葉っぱに茎に皮まで!
まさに捨てるところが全然ない山菜ですよね。



もし皆様もウドのおすすめ調理法などがあればぜひ教えていただきたいです。

お料理としてお出しすれば他のお客様にも喜んでいただけるし、
ブログでも紹介したいと思いますので。

コメント欄で教えていただけたら嬉しいです。

(コメント欄のことでちょっといろいろあったためしばらく閉鎖していたのですが、
また書いていただけるように設定しましたので。)

どうぞよろしくお願いします。



◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-05-01 20:20 | 新柳のお料理 | Comments(0)