上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

カマスのお料理もう一品

さてさて、
今日もカマスです。

d0182179_17550324.jpg





昨日調理場で仕込んでいたのはこの料理。

d0182179_17545099.jpg


カラフルでしょ?








まずはカマスを輪切りにして、

d0182179_17545670.jpg


d0182179_17551082.jpg


衣を付けてから揚げに。

d0182179_17551607.jpg


からっと揚がりましたー!

d0182179_17564547.jpg


もうこれだけでも絶対おいしいですよね。

でも、このあとさらにオーブンで蒸して骨まで軟らかくして。




それから玉ねぎとパプリカをたっぷり乗せ、七味を振りました。

d0182179_17565931.jpg



そこへ南蛮酢をじゃっ!と。


d0182179_19405820.jpeg



そうです。
南蛮漬けです。

d0182179_18352346.jpeg




はい!
そして一晩おいたらこんなにシミシミ~

d0182179_17571319.jpg


美味しくて見た目も楽しいカマスの南蛮漬け。
できあがりましたよ。








◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら












by shinyanagi | 2017-10-30 19:44 | 新柳のお料理 | Comments(0)

カマスはおいしい魚

新鮮カマスが入荷されてきました。

スーパーでもよく見かけるカマス。
調理の定番はやっぱり塩焼きでしょうか?

白身の淡白な味わいが、シンプルな塩焼きにとても向いていますよね。



さて、
板前さんがちょっとアレンジを効かせた焼きカマスを作っていたので紹介しますね。




特製たれに漬けて焼いた「カマスの漬け焼き」です。

d0182179_15491345.jpg

香ばしい磯の香りがしてますよ。


ではさっそく試食、試食。



うん、ほどよい塩味に旨みも加わってほんとおいしいです。

そして、
この姿がまたいいでしょう?


たれに漬け込んだ後、ぱたんと半分に折ってから焼き上げてるんです。


味良し、見た目良しの漬け焼きでした。









こちらは、カマスの開きのフライ。

d0182179_15491979.jpg


これ、 まかないなんです。


揚げたてをみんなでいただきました。



思ったより厚みがあって身がふわふわ。
あっさりとしていて、でも脂が乗ってるような旨味があります。

揚げたてアツアツの贅沢まかないでした。





カマスってこんな魚ですよ。(ネットより拝借しました)


d0182179_13314266.jpg

スレンダーでなかなかハンサムじゃないですか。




ごちそうさまでした!




◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら








by shinyanagi | 2017-10-28 23:53 | 新柳のお料理 | Comments(0)

飾り切りの技

わりとブログ用に写真は撮り溜めているのですが、

何だか毎日がせわしなくて、
ブログを書くところまで到達しない今日このごろ。。。



でも今日は書けるかな。


こちらは少し前に撮った写真です。




このかわいらしいお花。

菊の花なんですが、

d0182179_20480884.jpg



わかりますか?

そう、
本物ではなくて作り物のお花なんです。




ではでは、
何でできていると思いますか?




もう少し寄ってみますね。
d0182179_20481321.jpg


答えは、

大根なんです。



大根をお花に見立てて飾り切りした、
うちの板前さんの作品です!



本物の茎に大根の花を差し込んでできています。

だからリアルに菊の花が咲いているみたいですよね。





食紅で色付けされたお花の色がまた何ともかわいらしいし、

これ大根なのか~って思うと、
見ているだけでちょっと楽しい気分になってきます。




d0182179_20481954.jpg




飾り切りってまだまだいろんなバリエーションがあるはずで、
かなり奥が深そうです。


うちの板前さん。
いろんな技を持っているので、また何かいいもの作ってくれると思います。


そしたらまた紹介しますね!










◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら









by shinyanagi | 2017-10-26 23:01 | 新柳のお料理 | Comments(0)
「まずは試しに一度だけ開講してみませんか?」

果たして生徒さんは集まるんだろうか?
と自信のない私は最初、ヨガの先生にそう持ちかけました。


それが、
定員を超えるお申し込みをいただき、

その勢いで2回目3回目と開催するうちに、
継続して参加してくれるメンバーも増えていき、
あっという間に2ヶ月が過ぎました。

つまり、
ここまでとても順調に教室を開催できているのです。


もうこれは、せっかくなのでこれからも継続していこう!
と先生と決めました。


ということで、
11月12月もやります!

その日程をお知らせさせていただきます。


d0182179_22334477.jpg

ここに書いてある通りですが。

基本は、
月2回の夜クラス(第1、第3月曜日)と、
月1回の午前クラス(第2日曜日)

毎月全3回の教室を実施していきます。

会場も、夜と昼で分けました。

夜クラスは新柳でやりますし、午前クラスは深山荘でやります。


これは新柳の夜クラスの様子です。

d0182179_22342832.jpg


普段はお客様がご宴会をされる畳の広間。
ここで行なっています。


さて、
継続してヨガをやるようになって、私が感じてるのは、
「続けることに意味があるなー」ということです。

適度な運動を定期的に続けるのは身体にいいことです。

そして、
「その身体にいいことを定期的に継続している私!」

そう思うこと。
これが心にいい!

自己肯定感ってことですよね。

今までよりちょっと心が強くなります。
それは自分にとって絶対良いことです。


健全な身体に健全な魂は宿るってそういうことかー
と私なりに納得!



ヨガじゃなくても、
ジムに通う、カーブスに通う、スイミングでも何でもいいですね。

一つのことを継続して続ける。

そうやって自己肯定感を増していきましょう。


そして、
継続するためには楽しくなくちゃですよね。

ヨガは回を重ねるごとに楽しくなっていきますよ。


さあ、
ということでまとめます。

そんな身体にも心にもいいことやりましょう!

どうぞ「四季を感じるヨガ教室」に参加してください。

先生の指導は丁寧でわかりやすくて、
内容的にも無理なくやれるので初心者でも全然大丈夫。

試しに1回だけでも参加してみませんか?

お申し込みお待ちしています!







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら





by shinyanagi | 2017-10-19 23:08 | イベント | Comments(0)

さつまいも収穫2017

今年も春の苗植えから始まったさつまいも活動ですが。

日曜日に最後の収穫を行ったのでその様子を報告します。



昨年は晴天の下での収穫作業だったのですが、

今年は、今にも泣き出しそうな空の下でのさつまいも掘りでした。


d0182179_19282426.jpg




雪太郎の郷のお母さんたちからコツを教わって。


d0182179_21380629.jpeg




d0182179_19302750.jpg

おっきいの掘れたね。
すごーい!




でも今年は去年と違ってなんだか掘るのが大変。


d0182179_19282809.jpg

こうやって頭が見えても、
なかなか容易には掘り出せません。

d0182179_19283262.jpg

ある程度姿が現われてきたかな?と思ってひっぱったら途中でボキッと折れたり・・・

今年は雨続きで水分を含んでいるからか、土がぎゅっとしまっていてかたくて重いんですよね。。。


とはいえ、
子どもたちはパワフルです。

さつまいも、次々と掘り起こされていきましたよ。

d0182179_22083619.jpeg





取れたおいも見せて!

d0182179_19283774.jpg

d0182179_19284132.jpg

d0182179_19301376.jpg

d0182179_19301725.jpg

みんなカメラに向かっていい顔してくれてありがとう!


と、
そのうちに雨がポツポツと当たり始め、
それがあっと言う間に本格的な雨降りになってしまい、

収穫し始めて30分ほどで深山荘へ退散となってしまいました。


もうみんなびしょ濡れ。

なので温泉に直行です。






さてその間に、

さつまいもをホイルにくるんで、

d0182179_19303126.jpg


石焼き芋を作ります。


250度に熱した石の上に並べて、

d0182179_19314588.jpg

その上からまた同じく熱々の石をかぶせて、

d0182179_19314944.jpg


フタをします。

d0182179_19315230.jpg
今年も石焼き芋のために駆けつけてくれた渡辺さんです。

渡辺さん、ありがとうございます!





薪を燃やし続けて1時間。

d0182179_19330179.jpg



ホックホクでおいしい焼き芋ができました。

d0182179_19320137.jpg





さあ、収穫の結果ですが、

30分くらいしかできなかったけど、それでもこんなにとれました!


d0182179_19330544.jpg



今年も収穫大成功。

d0182179_19330997.jpg




参加してくれた皆様。
今回もありがとうございました!


d0182179_19334717.jpg

d0182179_19335090.jpg

d0182179_19335467.jpg





◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら










by shinyanagi | 2017-10-17 20:10 | イベント | Comments(0)

柿と手提げ袋

時々、お友達連れで新柳に来てくださるお客様がいます。

その方は来られるたびに必ずなにかしらおみやげを持ってきてくれるんですが。


今日は柿をもらいました!


d0182179_18103008.jpg


渋柿を焼酎で渋抜きした「さわし柿」です。

この秋初めての柿。
さっそくいただきました。

甘みがあってほどよくサクサクでおいしかった!

ごちそうさまです。



そして受け取る時に感動したのが、柿の入っていたこの袋!

新聞紙で作られているんです、この手提げ袋。

それもちゃんと紅葉の写真が表面に来ているという完成度の高さ。



「わー!すごい!」という私たちに対して、

「そんなの全然すごくないわよ。適当に作っただけだから。」
っておっしゃってたけど、

この、おみやげにちょっと遊び心が添えられてる感じ。
すごくいいな~

心がこもってるのを感じれるし、こういう交流って本当にあったかい気持ちになります。

普通ならレジ袋とかに入れて「はい、どうぞ。」だろうけど、
こんなちょっとした心遣いで相手を感動させちゃうわけで。

なんか大事なことを学ばせてもらいました。



大切なお客様からの素敵なプレゼントでした。










◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら



















by shinyanagi | 2017-10-10 22:31 | 秋の風景 | Comments(0)

今年も秋の味覚続々

10月もはや1週間が過ぎてしまいました。

季節はすっかり秋本番になってきましたね。


ということで、
今年も秋の便りが次々と届いているので紹介したいと思います。

毎年この頃になると必ずブログに載せる写真ばかりですが、
今年もどうぞ。



まずはアケビです。

d0182179_16094505.jpg

毎年必ず届けてくださる方がいるんです。

昔はどこにでもあったそうですが、
今は本当に珍しいものになっちゃって。


なので、
館内に飾っておくと足を止めて懐かしそうにされる方、たくさんいらっしゃいます。




これも秋の風物詩
「かきのもと」

d0182179_16095267.jpg


いわゆる食用菊で、
おひたしや酢の物にして食べる新潟の秋の味覚のひとつです。

独特のほろ苦さがあるので、好き嫌いの分かれる食べ物ですが、
見た目は本当にきれい。


d0182179_19304381.jpg

これは大根とかきのもとの酢の物ですが、
本当に色合いが美しいですよね。





さて、このきのこも毎年載せてます。

地元の呼び名で「ズラッポ」です。

d0182179_16095968.jpg

ズラッポの味噌汁を食べると、秋が来たんだなーって感じたりします。

でも実は今年はまだ味噌汁にありつけてない!
早く今年のズラッポを賞味したいところです。








d0182179_16100621.jpg

栗ももらいましたよ。




こうなりました。


d0182179_16104440.jpg

ズラッポの味噌汁はまだありつけてないけれど、
この栗ごはんにはありつけました!

もちろん今年の新米。

贅沢な秋の味覚!
幸せ感じながらおいしくいただきました。






今年も秋のおいしいもの続々です。







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら















by shinyanagi | 2017-10-08 21:52 | 秋の風景 | Comments(0)
牧小5年生の稲刈り活動の後編です。



こちらは前編のブログ。








稲刈りをして、鯉を捕まえて、はさがけも完了しました。


ここまででほぼ3時間。
みんなほんとよく働きました。

d0182179_19385881.jpeg




さて、その後は深山荘へと向かいまして。

まずは、みんなで捕まえた52匹の鯉を巨大水槽の中に放しました。


d0182179_20082451.jpg



鯉を触ることにもすっかり慣れた5年生たち。
ひょいっと持ち上げて、どんどん水槽へ入れていきます。


d0182179_19353739.jpeg

d0182179_19434554.jpeg


d0182179_20083100.jpg

ずっと田んぼの中で過ごした鯉たちは体内にたくさんの泥をため込んでいます。
なのでこのままでは泥臭すぎて食用にはなれないんですよね。

しかしこの水の中で2ヶ月ほど泳がせておくと、
体内の泥を完全に吐き切って、泥臭さが抜け、おいしい食用鯉になると言われています。


そう、
みんなが活動を共にしてきた鯉たちは最後は食用になるんです。

これは現実です。

そういうことをちゃんと知って、そして受け止める。
非常に大切な学びなのではないかと思います。






さてさて、
これにて作業はすべて終了です。



まずは温泉に入って泥だらけの身体をきれいにして、
それからいよいよお昼ごはんの時間です。






雪太郎の郷の佐藤さんからは、
「みんながはさがけしてくれたお米は、
何らかの形でまたみんなから食べてもらえるよう考えています。」

というお話を聞きました。

d0182179_19364212.jpeg

それは楽しみ!




そして料理長からは、鯉料理の説明を聞きましたよ。

d0182179_20135996.jpg

はい、そうなんです。
お昼ごはんはもちろん鯉料理です。


あ、当然ですが、
さっき捕まえた鯉ではないですよ。

しっかりと泥を吐き切った食用鯉です。



鯉のしゃぶしゃぶ
「鯉の洗い」


d0182179_20140522.jpg




鯉の味噌汁「鯉こく」

d0182179_20141201.jpg



それではいただきます!


d0182179_19492856.jpeg


洗いをおいしそうにパクッ!

d0182179_20141824.jpg



鯉こく、あったまるよね~

d0182179_20161951.jpg




鯉なんて食べ慣れていないはずなのに、
意外にもみんな普通にパクパク食べていてビックリしました。


d0182179_20162514.jpg


というか、
とてもおいしそうに食べています。





d0182179_20163124.jpg


d0182179_20163663.jpg


d0182179_19541366.jpeg






さて、
実は私、鯉にはかなり抵抗があって食べないことに決めていたのですが。

子どもたちがこんなに平気でおいしそうに食べているのを見たら、

ちょっと大人として恥ずかしくなってきて、
「よし!食べてみよう。」という気持ちになり、



初挑戦いたしました。


d0182179_20202728.jpg

酢味噌をかけた洗い、鯉こく、そして新米のご飯。
いただきます。



で、食べた後の感想。

全然食べれるじゃん。



子どもの頃、鯉の煮物を食べさせられたことがあって、
その時の鯉の骨っぽさと泥くささにオエッとなり、その記憶のまま大人になりました。

だから「鯉」と聞いただけで絶対無理と思っていたんですが、

ちゃんとした調理方法で仕上げられた鯉料理ってまったく泥臭くないんですね。

洗いはさっぱりとした白身のお刺身のようでした。

また、鯉こくの鯉は圧力鍋で煮たので骨まで食べれて、骨のいやな感じゼロでした。


なんで今までこんなに頑なに食べようとしなかったんだろう?

と、一度食べてしまえばこんなものなんですね。


それにしても今回私が鯉を食べれるようになったのは、
子どもたちのおかげですよね。


5年生のみんな、ありがとう。
みんなに感謝です。






鯉料理美味しかったですかー?

d0182179_20203434.jpg

は~い!







牧小5年生の皆さん、先生方、
雪太郎の郷の皆さん、そしてUXテレビのみなさん。

本当におつかれさまでした。



こんなに有意義な活動。
大人になってもずっと彼らの記憶に残っているといいな~





さて、
この様子は明日テレビで放映されます。


10月6日(金)9:55~
UXテレビ「ナマトク」

です。


新潟県内の皆様、見てくださいね!






◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら












by shinyanagi | 2017-10-05 22:24 | イベント | Comments(0)
10月2日月曜日。

牧小5年生の稲刈り活動が行われました。

d0182179_19525180.jpg



5月に田植えをして、


d0182179_21313835.jpg




6月。
その田んぼに鯉を放しました。

d0182179_21352549.jpg

d0182179_21455403.jpg





今回の稲刈りで5年生の活動は完結です。


みんなが田植えした田んぼ。
きれいな黄金色になってますね~

d0182179_21502125.jpeg


田んぼ一面稲がびっしりで、
鯉がいるのかどうか、この時点ではまったくわかりません。





では、雪太郎の郷の佐藤さんに稲の刈り方を教わって。

d0182179_19530086.jpg

あ、もちろん今回もUXテレビさんの取材が入りました。
子どもたちは写されたりインタビューされたりに、もうすっかり慣れっこって感じ。



それでは、
カマを持って。

d0182179_19531851.jpg


裸足になって、


d0182179_19532519.jpg


稲刈り開始です。


d0182179_19561009.jpg

d0182179_19562142.jpg

d0182179_19563052.jpg


d0182179_23450909.jpeg



d0182179_19563821.jpg


d0182179_19585745.jpg

いいでしょ?
この笑顔!

最初は恐る恐るだった稲刈りも、
みんなどんどん上手になっていくのが見て取れました。



しかし、春にこの田んぼに放した鯉たちはちゃんと生きているのでしょうか?






はい!
生きていました。


稲を刈り始めるとじきに「あ!いた!」の声が。


そうすると次々と、
「あ!ここにも!」「そこにも!」状態に。


そうなるともう稲刈りどころじゃなくなりますね。

子どもたち、あ、大人たちも、
鯉の捕獲に夢中です。




すごい!
鯉つかまえることができたね。


d0182179_19590851.jpg


ちょっと見せて。


d0182179_19591978.jpg

わー!
かなり大きく成長してます。





その後もどんどん捕まる捕まる!

d0182179_19592944.jpg

d0182179_19594361.jpg



d0182179_20020044.jpg


d0182179_20020847.jpg

d0182179_20021555.jpg


水槽の中、鯉でいっぱいになりました。


d0182179_22171266.jpeg

あの時、たしか55匹ほどを田んぼに放したと思うのですが、

なんとみんなが捕まえた鯉、52匹もいました。

それってすごい生存率です!


でも、
これは雪太郎の郷さんがちゃんと管理してくれていたからですよね。


鳥やタヌキにやられないようにしっかりと網を張ってくれて、
しょっちゅう見守りに行ってエサをやってくださったおかげの、この生存率だと思います。





ということで、稲刈り終了!


d0182179_20023009.jpg

みんなすっごい泥んこだー




d0182179_20041866.jpg








さてさて、
次は刈り取った稲を運びます。
d0182179_20043240.jpg




今度は「はさがけ」を体験するんですよ。

d0182179_20060713.jpg




佐藤さんからの説明を真剣に聞いてます。


「稲をちょうど半分に分けてかけるんだよ。」

d0182179_22302358.jpeg
はーい!





さあかけてみよう。


d0182179_20061418.jpg

d0182179_20062185.jpg

d0182179_20062817.jpg




d0182179_20063763.jpg


みんな上手です。



中にはこんな技を使う子たちも。

d0182179_20080287.jpg

上の段は高くて届かないもんね。

でもこれならオッケー。
頭いいですねー




ワイワイガヤガヤ!

みんな夢中でやってたら、
あっという間に運んできた稲が終了。


はさがけ完了しました。

d0182179_20080995.jpg





稲刈りに鯉の捕獲に、最後は「はさがけ」。

本当にいろんなことやったよね。


5年生のみんな、お疲れさまでした!


d0182179_20081547.jpg




さてこの後は、深山荘で鯉の料理を食べました。




が、
その様子は次回ブログにて。




【お知らせ】

この様子は新潟UXテレビで放映されます。

日時は10月6日(金)9:55~の「ナマトク」です。

何か急なニュースが入ってきたりすると延期の可能性もあるそうですが、
何もなければこの日の放送ということです。


新潟県内の皆様、ぜひチェックしてくださいね。
よろしくお願いします。







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら





by shinyanagi | 2017-10-04 23:03 | イベント | Comments(0)

新パンフレット完成!

新柳の新しいパンフレットが完成しました。


10年以上前に制作して以来なので、
恐ろしいくらい本当に久しぶりのリニューアルです。

前のパンフレットは新柳カラーのグリーンを基調としたもので、
それも全然悪くなかったのですが、

せっかく作るんだから、しっかりとイメージチェンジを図りたくて、
今回はまったく違う色を表面に使ってみました。

こちらです。

なにか写真に写るとぼやっとした感じになっているけど、
実際はもっとシャープで重厚感ある色合いなんですよ。

d0182179_19330483.jpeg

この色にしたのにはわけがあって、

実は新柳のホームページの基本カラーと統一感を持たせたかったんです。

d0182179_19415707.jpeg

このホームページも、
ちょこちょこ修正しながらもう7年目を迎えているのですが、

私としてはベースになっているこの色合いがとても好きで、
もう長年ずっと見続けていてもまったく飽きが来ないんです。
(私ほど見続けてる人はいないですから!)


なので、
「ホームページの色とできるだけ同じくしてほしい。」という要望を出して、
この表面を作ってもらいました。








さて、
では開きます。

するとまず最初に出てくるのはこちら。

d0182179_19124598.jpg

新柳を紹介する前に、
地元の美しい風景写真を散りばめて、まずはここ「牧区」をPRしています。


これは制作の方からの提案なんです。

「まずは新柳の周辺の自然や文化やおいしいものなどを魅力的に見せて、
この地域に行ってみたい、と思っていただくことが大事。」と。

これって、私がいつも思っている「地域活性」の考え方にぴったりで、
即同意して、この形ができあがりました。



次にもう一度見開くと、

今度は、いよいよ全面しっかりと新柳の紹介になっています。


d0182179_19125364.jpg



地階にある温泉。

夕日がきれいな時間帯のご入浴が、何といっても一番のオススメなので、
夕日が差し込んだところのお風呂の写真を載せました。

d0182179_19130089.jpg



メインのお料理とお部屋、そしておみやげ品のコーナーもあります。

d0182179_19130753.jpg






さて、
先ほど牧区の美しい風景写真を散りばめたと書きましたが、

その写真は、地元で活躍中のカメラマン、
エムエー・プランニングの寺尾さんに撮っていただきました。


私は寺尾さんの写真が大好きで、
もちろん私だけじゃなく、寺尾さんのファンはとてもたくさんいるんですが。

とにかく上越の自然への愛情があふれている方で、
それが写真にも絶対的に表れてるんですよね。

d0182179_19214096.jpeg

四季を通してたくさんの写真を提供してくださって、
その中からパンフレットに載せるものを絞り込んだんですが、もう相当悩みました。

どれも良くて、
「あれも載せたい、これも載せたい」と本当に悩みまくった結果の写真がここに載せてあります。





そして、
今回このパンフレット制作を依頼した先。

それはなんと、愛媛県の会社なんです。


新潟の新柳が、
なんで愛媛県???

と思いますよね、普通・・・


愛媛県宇和島市のRibbonという会社さんで制作してもらったんですが、
その代表が私の友達なんです。

本多彩恵さんという方です。






以前、自作おつまみの電子書籍を出版した時に表紙を作ってもらったこともあります。

d0182179_07192152.jpeg



その時、彼女のセンスの良さを感じていたので、もう迷わずにお願いしました。


しかし、遠距離なのでやり取りはほぼメール。
そのメールを行ったり来たりさせるのにも、
その間のタイムロスがあったりで時間がかかりました。

また面と向かって話せばあっという間なことも、
文章での説明になるので手間もかかりました。


でも、納得いくまで何度も何度も依頼を出す私に、
彼女はとことんつき合ってくれたんですよね。



終わってみて気づきました。

ただセンスがいいだけじゃなくて、
彼女の人となりが大きかったんだな~と。

この手間のかかる仕事にちゃんと誠実に向き合ってくれてるのが感じれたから、
私も何でも言いやすかったし、

いつも心遣いのある声掛けをしてもらってたから、
「なんかもうめんどくさい!」って思った時も乗り越えてこれました。




先日、できあがったパンフレットが手元に届いた時は、
やっぱり感慨深かったです。


よくあるサイズの小さなパンフレットですが、
想いがぎっしり詰まった新柳の新しいパンフレットです。


たくさんの人に見てほしいし、
これを見て「牧区へ、新柳へ行ってみようかな。」と思ってもらいたい。

そう願わずにいられません。







d0182179_19225100.jpeg


最後に、制作に関わってくれた2人に感謝の言葉を。


彩恵さん、寺尾さん。
本当にありがとうございました!

私はもう大大大満足です!







by shinyanagi | 2017-10-01 22:57 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)