上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
明日行われるごんぞ飛ばし世界選手権大会の会場です。

d0182179_15253087.jpg



吹雪で真っ白!

d0182179_15261172.jpg


なんか今も外は猛吹雪なんですけど…

明日本番の天気。
どうかどうか大荒れになりませんように!!




さてさて、
今年の大会。

テレビ局チームからの参加申し込みがあったんです。

d0182179_15330436.jpg


BSN新潟放送さんの「水曜見ナイト」という番組からのエントリーです。


そして前日の今日。
吹雪の中、事前撮影が行われました。


d0182179_19254061.jpeg


まるごと上越にも堂々とした姿で登場した昨年の優勝チームと、大会委員長も撮影に参加。


d0182179_15354982.jpg


めちゃくちゃ寒かったけど、
撮影なんて珍しいもの見せてもらえたので、
私としてはとても楽しかったです。



エントリーの「水曜見ナイト」チームは、
アナウンサーの三石佳那ちゃんと吉本芸人のお2人。


d0182179_15363142.jpg


3人の掛け合いが面白かった!

明日頑張ってくださいね。



昨年の優勝チームも一緒にパチリ。

d0182179_15381398.jpg


良きライバル同士!

いい写真撮れました。




エントリーチーム数は過去最多。
ごんぞ飛ばし世界選手権大会、いよいよ明日です。

私はお天気が荒れないことを祈るのみ。












# by shinyanagi | 2018-02-17 20:00 | イベント | Comments(0)
昨日のブログの最後に載せたこちらの写真は、
上越でカメラマンとして活躍されているエムエー・プランニングの寺尾さんが撮ったものです。


d0182179_19333816.jpg

寺尾さんの写真は息を飲むような美しい風景ばかりなのですが、

お話を聞けば、

タイミングを待って何時間も待機したり、
一つの風景を撮るのにも何日間がかりだったり。

真夜中とか早朝とか、
めちゃめちゃ暑かったり、または極寒だったり。

そんな環境での仕事。

並大抵ではないなー!と思うことばかりです。

でもそれを楽しそうに語ってくれるので、

技術の素晴らしさはもう当然のことながら、
好きだからこそこんなに感動的な写真が撮れるんだな~
と思わず納得してしまいます。

牧区の写真もたくさん撮ってくれているんですが。

特に大月の棚田の朝焼けなんてもう!

脚色してるんじゃない??って思うくらい、美しすぎです。


その写真。
大きく伸ばしたものをいただいたので新柳に飾らせてもらっています。


d0182179_10421521.jpg

この空の色!
幻想的すぎ。
現実のものとは思えません!





こちらもやっぱり大月の棚田です。


d0182179_10424466.jpg

明け方直前の星空だそうなんですが、

他の田んぼは雪に覆われているのに、一か所だけ水面が現われていて、
そこに星空が写り込んでいるという!

素敵ですねー






この写真、
新柳1階の廊下にこんな風に飾ってありますので、
お越しの際には、ちょっと思い出してご覧になってみてくださいね。

d0182179_10451387.jpg


寺尾さんの撮った牧区の美しく、のどかな風景写真。

他にもたくさんあって。

実はポストカードになって新柳にて販売されております。


d0182179_20083707.jpg

1枚150円です。

皆様にお買い求めいただけるのを待っています!








◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら









# by shinyanagi | 2018-02-16 22:43 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)

雪の宮口古墳

昨日はひどい雪降りの日でしたが、

今日は一転、
真っ青な空が広がる気持ちのいい1日となりました。



澄み渡る空の下、
広がる雪原の上にポコポコと姿を現す古墳群。

かわいらしくて結構好きです。

d0182179_19312461.jpg

d0182179_19320947.jpg




雪の被っていない古墳ものどかでいいけれど、

d0182179_19563813.jpg




真っ白に雪化粧した古墳は、
なんか凛としたかっこ良さみたいなのを感じて、心魅かれます。

d0182179_19331618.jpg




木々に咲く雪の花と青空もまたよく合うんですよね。

d0182179_19242551.jpg



と、
私の撮った写真を並べましたが、


最後は段違いにステキな雪の古墳の写真をどうぞ。

d0182179_19333816.jpg

何かとお世話になっているプロカメラマン寺尾さんの写真です。

これ、
牧区の特産品PVの中でも使わせてもらった私のお気に入りなんです。


もう!感動の美しさでしょ!!




皆様、
雪の宮口古墳、見に来てください!







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら







# by shinyanagi | 2018-02-14 20:30 | 冬の風景 | Comments(0)
先週金曜日、
新柳でこんな発表会がありました。

「上越市牧区特産品販路開拓用プロモーションビデオ完成発表会」

…長い!



牧商工会の事業で、
牧区の特産品を紹介するためのプロモーションビデオが制作されたのですが、

この度そのビデオが完成したということで、
お披露目発表会が行われたというわけなんです。



d0182179_13223355.jpg


私もこの制作プロジェクトのメンバーなので、
とても嬉しく楽しみにこの日を迎えました。




会場には牧区の特産品も飾られたりして、とても賑やか。


d0182179_13233839.jpg

d0182179_13240383.jpg



その中でも、華やかさで目を引いたのは、
やっぱりどぶろくスイーツでした。


d0182179_15350121.jpg

かまださんのディスプレイは、
毎度毎度見るたびに「キャー!」とか「わー!」とか感嘆の声を上げてしまいます。

果たして今回も、女心をくすぐる素敵なアート作品でうっとりしてしまいました。


そして、まるでアートのひとつのような位置に置いてあるのは、
新柳オリジナル「ドブラックカクテル」です。
(写真、右端です。)

おしゃれディスプレイのお力を借りて、ドブラックもそれっぽく見えて、
ちょっとうれしかったなー





さあ、
いよいよ上映ですよ。


d0182179_15352991.jpg


10分ちょっとの映像ですが、

その中には特産品の紹介だけでなく、四季折々の美しい風景や、
ここで働く人々の姿なども織り混ぜられていて、

ほのぼのと心温まる、牧区らしいプロモーションビデオに仕上がったと思います。


見終わった後、
「感動して涙が・・・」なんて言ってくださった方もいて、
嬉しい限りです!





さてさて、今回は、
観賞後のお楽しみがあったんです。



特産品の試食試飲タイムです!



d0182179_15370765.jpg


ちまきや大根ギョウザ、手打ちそばや、どぶろく、どぶろくスイーツなどなど。


皆さんとても楽しんでいらっしゃいました。




私もドブラックカクテルを提供させていただきましたよ。


d0182179_15355865.jpg



完成したPVのDVDをもらったので、
これからは新柳や深山荘で、
またイベントの時など、この映像を流してどんどんPRをしていかなくては。



d0182179_15375347.jpg


ちなみに、
この映像は、YouTubeでも配信中。

URL https://youtu.be/qIG0PuWBQfQ


よろしかったらご覧になってみてくださいね。
どうぞよろしくお願いします。






◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら













# by shinyanagi | 2018-02-12 20:48 | イベント | Comments(0)

地元の米粉でレシピ開発

月曜日にお料理の取材をしてもらいました。

d0182179_00470950.jpg

「越のかおり」という上越・浦川原産のお米があります。
その活用促進を目的とする事業があるのですが、

昨年、お誘いを受けて出かけたセミナーでその存在を知って、
私たちのお店でも「越のかおり」を使ったレシピ開発をやってみよう。

と、
料理顧問にお願いして、使いやすい米粉でレシピづくりを試みました。


そんな流れから、
できあがったレシピを取材していただくことになったんです。



さて。

顧問が開発したのは、
さすが和食の職人!と唸ってしまうこちらです。

d0182179_19132552.jpg


米粉と葛粉を半々にして練った生地に具材を包んで、
冷水でプルンとさせた米粉の茶巾です。

普通こんなの思いつかないですよねーー


上にかかっているのは、梅肉のソース。
春を感じさせる色合いです。


さらに、
茶巾を割るとまたまた春色の具材が。

d0182179_19134565.jpg

蒸しエビを梅肉で和えたものが入っています。

茶巾自体もほんのりおだしの風味がして、お上品でおいしいのですが、
この具材のエビが梅肉と相まって本当に美味!

つるんとのど越し良く召し上がっていただける、
完成度の高い米粉料理になりました。

顧問が名付けた名前は「越のかおりの春がすみ茶巾」

って!
粋ですよね~




さてそして、
もう一品あるんですが。


こちらは、米粉のチーズケーキです。


d0182179_00482643.jpg

娘たちが小さかった頃、
私が家で時々作っていたベイクドチーズケーキ。

そのレシピの小麦粉の部分を米粉に代えただけのものなんですが。


先日試しに作ってみたら、
顧問が「おいしい!これお店で出せるよ。」って。


やりました!
会席コースのデザートとして採用してもらえたんです。


あの頃家で作っていたチーズケーキが、お店のデザートとして提供されることになるなんて。
なんか感慨深く、うれしいです。




そのチーズケーキも顧問の手にかかると、、、

d0182179_00500525.jpg

ちょっとした絵画のよう!

和食って改めて目でも楽しむお料理なんだな~と思った次第です。





これらが掲載されるのは、
新潟日報の特別版「assh」です。

お目に留まった方、
是非じっくりと記事を読んでいただけたら嬉しいです。











# by shinyanagi | 2018-02-08 17:32 | 新柳のお料理 | Comments(0)

子どもたちの勇気

本日の話題は、この写真にまつわるお話です。

d0182179_16593012.jpg


登下校で毎日新柳の前を通る小学校3年生の仲良し女の子2人組がいます。

昨日のこと。
その2人が下校途中にお店に入ってきました。

「どうしたの?」と聞くと。


ちょっとモジモジしながら、

「あの~歩いてる途中の道に穴が開いてて~」

「落ちたら危ないよねってなって~」

「でね、誰かに言おうってなって。」

「ねっ」「ねっ」ってお互い確認し合うようにしながら交互に話してくれます。


「誰に言う?ってなって~」

「郵便局とか、農協とかに入ろうと思ったけど、
なんかちょっと入るのこわいっていうか~」

「どうする?どうする?ってなって」


「そうだ。新柳行こうってなったんだよね~」

「ね~」



だそうです。


そうか、そうなんだね。

一生懸命伝えてくる彼女たちの様子がかわいらしく、
微笑ましく、いじましく。


「危ないから誰かに伝えなきゃ」という必死の思い。

どうしよう?どうしよう?って思いながら、
最終的に意を決してうちに飛び込んだその勇気。

彼女たちのこの行為、
絶対無にできないと思いました。


「じゃ、一緒に見に行こう。連れてってくれる?」
と、2人を伴って現地まで行ってみました。



たしかに!

側溝のふたのすぐ脇という、
とても危ない場所に大きな穴が開いていました。

そこに片足でも落としたら、
小さな子どもならもしかしたら水が流れる溝の中まで落ちてしまうかも。

新雪でもふわっと積もってたら穴自体に気づかずにその上に乗ってしまうかも・・・


「ホントに危ないね。よく教えてくれたね。」



新柳なら知ってる人いっぱいいるし、
だから新柳で言おうって決めたんだろうけど。

でも、それでも入る時はきっとドキドキだったんですよね。
それは、2人の表情から伝わってきました。

そりゃそうだ。
大人に何か伝えるってすごい勇気いりますよ。



じゃあこれから総合事務所に行って「危ない穴が開いてます。」って話しに行こう。


2人を連れて総合事務所へ。

そのドアを通る時もまたドキドキの表情で、
なんかもう!



さて、
今度は私が説明しました。

.......


窓口の人たち。
「よく教えてくれたね。ありがとう。見に行ってみるよ。」
と、彼女たちに声をかけてくれて。

その優しい大人たちの対応に2人も安堵の笑顔を浮かべました。



それが昨日の話です。


で、今日、その現場を通ったら、

この写真の通り。

三角コーンが置いてありました。

ま、当然のことですけど。


でも、今日の登校でこれを見つけたであろう2人。

その様子を想像して、思わずにんまりしてしまいました。


彼女たち、それはそれは嬉しかったでしょう。
自分たちの勇気ある行動の証ですもんね。

その清々しさ、気持ちの良さを知って、
これからもどんどんいろんなことに挑戦してほしいなーと思いました。


そして、そんなことに気付かせてあげるのは、
私たち大人の役目でもありますね。

だから後回しにすることなく、速攻で動いてくれた総合事務所さんの対応、
とても良かったです。


ということで、
子どもの少ない牧区ですが、
こんないい子たちがいるんです!他の子たちもきっとそうです。


と、
牧区の素直で優しい子どもたちをちょっと自慢したくなったお話でした。


あ、それと、
最終的に新柳を頼ってくれたっていうのが、実はとてもうれしい。

つまりは、
子どもたちが私たちを信頼してくれたってことで。

それについてもちょこっと自慢したくなって今日のブログを書きました。

少子高齢化。
ここで暮らす人がどんどん減っていく私たちの地域。

でも逆にそれが、顔見知りどうしで子どもたちのことも見守りやすい。

そんな悪くない一面があったんだ。
と改めて気づかされたできごとでした。















# by shinyanagi | 2018-02-02 23:59 | 牧区のこと | Comments(0)
新潟日報と上越タイムスに掲載されたのですが、

2月9日。
新柳にて「牧区プロモーションビデオ完成発表会」を開催いたします。

d0182179_19440414.jpg
d0182179_16555545.jpg

牧商工会の事業で制作されたのですが、
私も制作プロジェクトに参加していました。

今日はプロジェクトメンバーとして、
皆さんに発表会の案内をさせていただきたいと思います。


あ、そうそう。

以前、新潟市のおしゃれなバーでどぶろくのカクテル「ドブラック」を撮影したのも、
このビデオのためだったんです。


さて、
PVは、牧区内の特産品を中心に、自然の風景、人などを紹介する内容になっていますが、
牧区を知らない方に、その魅力を知っていただくことができる、
素晴らしい仕上がりになっています。



そして、
今回は、PVで紹介している特産品の試食会も同時に開催するんです。



例えば、

どぶろく

d0182179_19534688.jpg





おそば

d0182179_19540723.jpg





どぶろくスイーツ

d0182179_17005342.jpg



.

大根ぎょうざ

d0182179_10482899.jpg




こしひかりの食べくらべ

d0182179_11011233.jpg


などなど。


そしてもちろん、
新柳プレゼンツ「ドブラックカクテル」

d0182179_19540234.jpg


他にもいろいろ牧のおいしいものを用意する予定です。



このPV完成発表会&試食会に参加してくださる方20名を募集いたします。

参加条件はアルコールを提供するので20歳以上の方で、上越市在住の方。

ただいま先着順で受け付け中です。


PVは特に興味ないけど試食したいわ。
という方ももちろんOK。

(でもPV見て簡単なアンケートにはぜひ答えてくださいね)


参加希望の方!
牧商工会までお電話にてお申込みくださいね。


牧商工会 025-533-5070


皆様のご参加お待ちしています!













# by shinyanagi | 2018-02-01 21:12 | イベント | Comments(0)

アンコウ鍋煮えた。


前回ブログの「アンコウ吊るし切り」読んでいただけたでしょうか?

そのアンコウ。
週末のご宴会の鍋料理に登場しましたよ。

d0182179_17210510.jpg


身がプリプリです。




これがおいしそうに煮えてるところの写真撮りたい!


そこで、
ご宴会中のお客様にお願いして写真を撮ってもらいました。


グツグツという音が聞こえてきそう。

d0182179_17213568.jpg


d0182179_20463067.jpg


お味はいかがかな?


と思ったら、
おいしそうに食べてる写真まで撮ってもらっちゃいました。

d0182179_17215738.jpg

ご協力ありがとうございます!





さてさて、〆は・・・

d0182179_17300021.jpg



じゃん!

雑炊ですよ。

d0182179_17222837.jpg

アンコウと野菜のだしをたっぷりと吸い込んで、
これはもうさぞかし美味しい雑炊だったにちがいない!



あら、
こんな写真まで。

d0182179_17225985.jpg


完食したよ。
の証拠写真。


嬉しすぎるご協力。
本当にありがたいなー



では、
協力してくださった皆さんを紹介します。


新柳も深山荘も両方ともいつも本当にお世話になっている、
白峰協議会の皆さんでした。


d0182179_17233016.jpg


空っぽの土鍋を持ってはいチーズ!

ほんとノリがいいんだから。

ともあれ、
皆さんの笑顔、最高にいいです。

きっと楽しく盛り上がったご宴会だったんでしょうね。


そして、
色々撮影してくれた私の同級生由美子様。

写真たくさん撮ってLINEで送ってくれました。

由美子、ホントありがとうね!
持つべきものは同級生!と改めて感じさせてもらいました。



ということで。

白峰協議会の皆様、
ご協力本当にありがとうございました。

おかげでおいしいアンコウ鍋をPRできましたよ。












# by shinyanagi | 2018-01-29 21:29 | 新柳のお料理 | Comments(0)

アンコウ吊るし切り


今日はお休みだったけど、会議があったのでその時間だけ出勤しました。

すると、
「これから調理場でアンコウの吊るし切りやるよ。」という情報をキャッチ。


おー!ラッキー!
会社に行かなかったら、そんなすごいブログネタ逃すところでした。


さっそくスマホ片手に調理場へ。




いた!いた!

d0182179_17314438.jpg


さすが深海魚。
なかなかのインパクトです。



さて、
きれいに洗われたら、さっそく吊されます。

d0182179_18080414.jpeg




吊るされたこの姿もさらにさらにインパクトあるな~!

d0182179_18032170.jpg


アンコウってポニョポニョしていて、ぬめりもあるので、
まな板の上でさばくのは大変なんだそうです。

だからこうやって吊るして切る方がやりやすいんですって。






こらこら!
何のぞいてるの?

d0182179_18095834.jpeg


口の中すごいですよー!

って、配達に行こうとしてたまたま通りかかった彼女。
まったく好奇心旺盛なんだから!






さあ、出刃包丁が入ります。

d0182179_18171508.jpg

d0182179_20321949.jpg

こんなの見るのみんな初めて。
もちろん私もです。


だから興味津々。

d0182179_18204447.jpg


通り掛かりのギャラリーが次々増えていき、
ちょっとした解体ショーの雰囲気に。

d0182179_18272936.jpg

みんな聞き入るの図。


うちの料理顧問はお話も上手なので、
包丁を扱いながらいろいろ面白おかしく教えてくれます。


その話を聞きながら、本当は解体の一部始終を激写したのだけれど、
結構グロテスクなのでここには載せないでおきますが。

お腹を割いた時、こんなのが出てきたのにはビックリしました。

d0182179_19254218.jpg


カレイかな? 結構でかいです。
あとイカが大小合わせて4~5匹くらい?

「アンコウってイカが好きなんですねー」
という、さっきの好奇心旺盛女子の言葉には思わず笑ってしまいました。


顧問の話では、
以前はこういう獲物だけじゃなくて、
スリッパや靴なんかがお腹の中から出てくることも多かったとか。

へ~!そうなんだ。





さて、これがおいしい身の部分。

柳の葉みたいだということで「柳肉」と呼ばれているんだそうですよ。

d0182179_18372507.jpeg



d0182179_18521300.jpg

わかります?
このプリプリしてる感じ。

見た目のグロテスクさとは違って、淡白でお上品な味わいがアンコウの特徴です。


はい、
もちろんアンコウ鍋として提供していきますよ。


ご宴会のお客様。
アンコウ鍋をたっぷり楽しんでくださいね!












# by shinyanagi | 2018-01-23 20:08 | 新柳のお料理 | Comments(0)
「ごんぞ飛ばし」

またこの記事を書く季節がやって来ました。


今年で7回目の開催になりますが、
年々盛り上がりを見せている「ごんぞ飛ばし世界選手権大会」

今年は2月18日(日)に開催いたします。

d0182179_12051357.jpeg

3人1チームで競う雪上わらぐつ飛ばし競技なんですが、

この地域では昔わらぐつのことを「ごんぞ」と呼んでいたことから、
この「ごんぞ飛ばし」という競技名がつけられたんです。



そして。

上越のフリーペーパー「まるごと上越」さんが、
1月号でごんぞ飛ばしを大きく大きく取り上げてくださいました。





表紙ですよ!


d0182179_15045981.jpg


そしてこの表紙の主役は去年優勝した地元の若者たち、
「牧村わかもんしょ」の3人です。




あ~去年の3人の優勝旗授与のシーンがよみがえるなー



ということで、
その時の写真を探してみます。


・・・


ありました。



d0182179_12314864.jpg


優勝を決めた彼らのなんて凛々しいこと!

この3人は、若者がどんどん少なくなっていくここ牧区において、
間違いなく地域活性の担い手になってくれる大切な財産です。

そして3人ともホントにいい子たち!




さて、
「巻頭特集」なので、最初の見開き2ページに掲載してもらいました。

d0182179_15050788.jpg


「ごんぞ飛ばし」とは何ぞや?
というところから、

競技の魅力、ごんぞの飛ばし方のコツなど。

これを読めば、

お遊びではなくて競技性のあるれっきとしたスポーツなんだ。
でもシンプルでだれでもできそう。
雪の上でごんぞを思いっきり飛ばしたら気分爽快だろうな。
なんか面白そう。
参加してみたい!

って思ってしまうと思います。


とても分かりやすくごんぞ飛ばしの魅力が書いてあるわけで。

もう!ライターさんの腕の良さを感じますー



ということで、地元上越の皆さん。

「まるごと上越1月号」をぜひぜひチェックしてくださいね。


各家庭に無料配布されるのと同時に、
市内のスーパーや書店などにも無料設置されていますので。





そして、今回の取材には私も全面的に協力させていただきました。


まるごと上越さんと大会委員長の羽深さんや優勝の3人を引き合わせたのは私です。
(自慢!)

d0182179_12390099.jpeg



「第7回 ごんぞ飛ばし世界選手権大会」
ただ今、出場チームを大募集中!


先着30チームで締め切ってしまいますので、
どうぞ我こそはという方、
仲間を集めて3人チームを作り、お早目のエントリーを。


赤Tシャツの若者3人組から優勝旗を奪うのはあなたのチームかも!

皆様のご応募お待ちしています。


















# by shinyanagi | 2018-01-15 21:23 | イベント | Comments(0)