上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi

お花の先生。

秋を演出したセンスのいい活け花。
d0182179_2214282.jpg

活けたのは事務のHさんです。
お花の先生の資格を持ってます。

玄関、廊下、客室内。
館内に飾ってあるお花は、すべて彼女が活けてくれてます。

ご法要のお客様のお部屋、お祝いのお席、ご宴会の会場・・・
お食事される皆様の、その内容にふさわしいお花を、
それぞれのお部屋の片隅にさり気なく飾っていますよ。

d0182179_2214247.jpg


事務の傍らお花を担当しているHさんは、
実は送迎の大型バスも運転しちゃうんです!

お花をたしなみ、運転手としても活躍する当社のスーパーウーマン。
当店にお越しの際は、彼女を要チェックですよ。
普段はフロントにいますので、
是非のぞいてみてくださいね!


# by shinyanagi | 2010-09-27 23:18 | Comments(0)

蕎麦の花畑。

白くてかわいいお花。
d0182179_182246.jpg
蕎麦の花です。
「とよむすめ」という品種です。

ただいま一面の花盛りなんですよ。
d0182179_1851023.jpg
d0182179_1842344.jpg


川上笑学館さんの蕎麦畑を写真に撮らせてもらいました。

この先、
収穫からそば粉になるまでを追っかけ取材させてもらえることになったので、
ここで随時書いていく予定です。

そして、
11月の末頃には、
うちと川上笑学館さんのコラボで「新そばまつり」をやりますよ。

新そばを食べて、温泉でくつろいでいただける企画です。
どうぞお楽しみに!


蕎麦畑への道中、
10月9日に行われる「くびき野100キロマラソン」のコースを通ったら、
走者の皆さんへのメッセージ看板が所々に立ててあって、
面白かったので撮ってきましたよ。

d0182179_1993720.jpg
d0182179_1994610.jpg

# by shinyanagi | 2010-09-26 19:12 | Comments(0)

秋の空ですね~♪

d0182179_13591472.jpg


今日の空です。

台風が来てるようですね。
たっぷりの日差しはあるけれど、風が非常に冷たいです。

「いったいいつになったら涼しくなるの?」
と猛暑にうんざりしていた頃が懐かしいですね、既に。


朝夕も本当に寒くなりました。
皆様、体調など崩されませんように!

# by shinyanagi | 2010-09-25 18:43 | Comments(0)

雨があがりました。

2日ほど降り続いた雨。
今朝やっとあがりました。

うちの店は飯田川のほとりにあるのですが、
昨日の川は水かさが多く、流れも勢いがあってかなり荒れていましたね。
d0182179_18595845.jpg

土色に濁った水。 わかります?


今日の川。
d0182179_18582219.jpg

まだ水かさはありそうだけど、
真ん中あたりの岩も見えてるし、
水も透き通っていて、普段の穏やかな川に戻りつつあります。


この週末はお天気回復するようですね。
雨のせいで先延ばしにしていた稲刈りをするお宅も多いはず。

あるお客様がおっしゃってました。
「今年は雨がほしくてほしくて仕方ない夏だったけど、
さあ稲刈りだ、雨降るなよ・・・って時に降り続けるんだから。。。」

天候相手の商売って大変です。
お話を聞いて改めてそう思いました。

皆様、稲刈り頑張ってくださいね。



さて今日の夕暮れ時。
なかなかきれいな空でした!
d0182179_1910360.jpg


明日は間違いなくいい天気ですね!

# by shinyanagi | 2010-09-24 23:12 | Comments(0)
本日は、当店オリジナルのおすすめ惣菜を紹介いたします。

こちらです!

山菜きのこ自慢
d0182179_19225227.jpg


山ぜり、たけのこ、きくらげ、なめこなどを醤油漬けにしました。
生姜と胡麻油の風味が効いています。
あっさりしてるけど、クセになるおいしさ!


しっかりした味付けなので、
袋から出してそのまま小鉢などに盛りつければ、
それだけで晩酌のおつまみになっちゃいますよ。

おかずがもう一品ほしいときや、
お茶うけにも重宝です!




こちらは、
ひと手間かけて、大根おろしとイクラを和えてみましたよ。
d0182179_19435049.jpg


お客様をおもてなしするとき、
箸休め的にお出しするのもいいかもしれませんね。

当店オリジナルの「山菜きのこ自慢」。
是非一度お試し下さい!


320g入り・・・550円(税込)

お徳用1k入り・・・1100円(税込)

当店売店コーナーにて販売しております。

単品での販売のほか、
山菜ごはんの素や、ふきみそ、野沢菜いためなどのびん詰めとセットにした
ギフト詰め合わせも取り揃えております。

他では手に入らない、田舎風惣菜の詰め合わせは、
実は地元より関東方面の方たちなどにご好評いただいてるんですよ


もちろん全国発送承っております!

いろいろな商品の詰め合わせギフトがありますので、
また後日こちらのコーナーで紹介させていただきますね。


では、
「山菜きのこ自慢」のご注文、お問い合わせなど、
こちらまでお気軽にどうぞ!
お問い合わせフォーム

お電話なら、025-533-5024まで。

# by shinyanagi | 2010-09-23 20:26 | Comments(0)

タジン鍋料理。

新作料理です!

話題のタジン鍋を使った「タジン蒸し」。
d0182179_17491795.jpg


銘々にお付けする一人鍋料理として、
会席コースの一品にお目見えしました。

あのとんがり帽子のような独特のふた付きでお膳にお出ししてますよ。

d0182179_18151145.jpg
                 *参考画像です。

フタに穴が開いていないので蒸気を逃さず、
食材の水分だけで蒸し焼きにするので、
素材本来の味をヘルシーに楽しめるお料理となってます。

これからは松茸をはじめ旬の素材もふんだんに使って、
お出ししていく予定ですよ。

肉でも野菜でも魚貝でも。
この鍋さえあれば気軽に簡単にできるタジン蒸し料理。
皆様のご家庭でもいかがですか?

# by shinyanagi | 2010-09-22 18:26 | Comments(0)

みょうが採れました!

仕事の合間に、
山菜採りが得意な女性陣3名が、みょうがを採りに行ってくれました。

ほんの1時間くらいの間に、ほらこんなに!
さすがです。
d0182179_12574853.jpg


お店からほど近い沢を上っていくと、
今たくさん出ているエリアがあるのだそうです。
もう花が咲いてるのもあったりして、
採るには少し遅すぎるくらいらしいです。


さあ、きれいに洗って。。。
身がぎゅっと硬く締まっていておいしそうですね。
d0182179_12591870.jpg


薬味としてはもちろんのこと、
甘酢漬けにしたり、お汁の具になったり、天ぷらにしたり。
いろいろ使えますね。

さっそく今晩のお客様の会席料理に登場してますよ。

こちらはお刺身のつまとして。
d0182179_1751679.jpg


こちらは天ぷらです。
d0182179_20322635.jpg


採りたて新鮮みょうが。
お料理の名脇役ですよ。

# by shinyanagi | 2010-09-20 20:42 | Comments(0)

9月の誕生会。

昨日は9月の誕生会を開きましたよ。

と言っても、
お茶休憩の時間に社員みんなで集まって、
ケーキと「Happy birthday to you~♪」の歌で
お祝いするだけなんですけどね。

d0182179_1361992.jpg


今月お誕生日を迎えたのは2人。
社長とSさんです。

社長は6?歳になりましたよ。
実際の年齢よりずっと若く見えます。
まだまだバリバリの現役です!

Sさんは30歳になりました。実は社長の三男坊。
イケメン独身男性です。
(マジですよ!)
ちなみに結婚願望は無さそうかな・・・

社長もSさんもフロントにおります。
こちらにお越しの際は、2人の顔ものぞいてみてくださいね。

# by shinyanagi | 2010-09-19 16:46 | Comments(0)
今日は文句なしの秋晴れでした!
d0182179_17151580.jpg


お客様のお宅へご法事の打ち合わせに行った帰り道、稲のはさ掛けを発見!

写真に撮りました。

週末でこの晴天!
まさに稲刈り日和ですね。

さて、このはさ掛け。
刈った稲を天日干しにしてるわけです。

日なたで太陽の光を思いっきり浴びて、
干されてる稲たちはなんだかとても気持ちよさそうですよ。
d0182179_17141995.jpg

ちなみに稲をかける前の‘はさ木‘はこんな状態。
d0182179_1981937.jpg


現在、刈った稲は機械で乾燥させるのが一般的ですが、
昔はすべてこんな風に「はさ木」に掛けての乾燥でした。
お天気を気にしながら干さなければならないし、
機械乾燥から比べたら手間も時間もかかる大変な作業だったそうです。

でも今の時代でも、
敢えてこうやって昔ながらのやり方でお米を乾燥させている。
そんな方たちもいらっしゃるんです。

それは、太陽の日差しに当ててゆっくりと乾燥させる「はさ掛け米」が、
格別なおいしさだからです。

もう皆さんは今年の新米をお食べになりましたか?
私はまだです・・・

早くおいしいコシヒカリの新米が食べたいですね~




帰り道にもう1枚パチリ。
お花がすごく綺麗だったので。
d0182179_193168.jpg

# by shinyanagi | 2010-09-18 19:50 | Comments(0)
当店1階で開業しているラーメン店「喜楽亭」。

本日は「喜楽亭」のいちおしラーメンを紹介しますね。

その名も「生碼麺」! (サンマーメンと読みます)
d0182179_1715191.jpg


しょうゆ味スープのラーメンに塩味の具をあんかけにしてあります。

具は、
モヤシ、キャベツ、玉ねぎ、人参、小松菜、きくらげなどたっぷりのお野菜と、
豚肉、エビ、イカなども入り、すごくボリュームのある栄養満点の一杯ですよ。

生碼麺って変わった名前ですよね。
名前の由来、ウィキペディアで調べてみました。

以下抜粋です。

「生碼」は生きのよい具材(碼)の意味。
「碼」は「馬」の当て字である。
三種類の具(モヤシ、豚肉、ターサイ)を使ったので三馬麺としたとの説、
あるいは馬のような生気がつくという意味で命名されたという説もある。
戦前からあり、発祥は横浜中華街の聘珍楼とも、伊勢佐木町の玉泉亭とも言われており、
各店舗のメニューにもその旨が記載されている。


・・・ということだそうです。

書いてあるとおり発祥の地は横浜なんです。

実はここ「喜楽亭」のオーナーはこちらの出身ですが、
学校卒業後横浜に出てラーメンの修行をし、
その後、長く横浜で飲食店を経営してきた経歴の持ち主なのです。

オーナーの本場横浜仕込みの「生碼麺」。
是非一度食べにきてくださいね!
一杯800円(税込み)です。

サザンの桑田さんがラジオで生碼麺を紹介したことがあるそうですよ。


あ、ちなみに、
「サンマー」という名前の響きから、
サンマの塩焼きが入っていると思われることもあるようですが、
まったく関係ないそうです。。。

# by shinyanagi | 2010-09-17 19:27 | Comments(0)