上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

雁木町家 旧今井染物屋へ。

今週末、関東関西から友達が上越に遊びに来ます。

みんなを上越の観光スポットに連れて行こう。
と思ったものの、

地元に住んでいるくせに、地元のことをまったくわかっていない私。



なので、この前の休日、
友達にお願いして一緒に目ぼしいところを回ってもらう、
上越観光ツアーをやってみました。



その中でちょっと楽しい体験があったのでそれについて。


場所は、雁木町家 旧今井染物屋です。

d0182179_20572785.jpg






「旧今井染物屋は、約150年前の江戸時代に建てられた高田を代表する町家建築であり、
高田に現存している最古の町家建築の一つです。

建物の特徴としては、棟が低く、屋根の傾斜が緩やかなところが江戸時代の町家の形態をよく表しており、雁木の形式は、古い形式の「造り込み式」となっています。

建築当初の形態をよく残している建物で、染物屋だった頃の様子がわかる貴重な建物とされています。」
(上越観光Naviより)




建物内の写真を何枚か撮りました。



d0182179_00280365.jpg


これは2階なんですが、男の職人さんたちの部屋だったそうです。




天井がこんなに低いのは、昔の人は背が低かったから?

d0182179_00300227.jpg





その2階から下を見下ろすと、
お客様と応対するような居間があって、

d0182179_00230141.jpg



2階からはこの穴のような階段を下りて下へ行けるようになっていました。


d0182179_00243436.jpg




一人が通れるくらいの幅しかない階段は、
1段1段の幅も超狭くて、また急なので、

つかまりながら降りないと怖い感じでした。

d0182179_00261159.jpg


と、
撮った写真はこの程度で、

肝心の染物工場とかを撮るのを忘れてしまいました・・・







しかし、この後楽しい体験をしたんです。



ちょうど「にいがた観光ガイドカリスマ」の称号を持つ方がいらっしゃって、
建物のことや雁木のことなど、興味深いお話をたくさん聞かせてもらえたんです。




こちらの方。

上越観光案内協会会長の永見さんという方です。


お話聞いてると知識の豊富さが伝わってくるし、
それを面白おかしく話してくださるのでついつい引き込まれてしまいました。



せっかくなのでお願いして一緒に写真を。

d0182179_09071813.jpg


そしたら、永見さん、
「ちょっと待ってて」と奥に入って行かれ、何やら持って来られて・・・


「これ着てごらん」


ということで、


こんな写真を撮ることができました。


d0182179_21310920.jpg



はい、私も。


d0182179_22271723.jpg



これは「角巻」というやつでしょうか??

そして永見さんが来ているのは外套?マント?

昭和初期、それとももっと前の装いですか??


生地の感じが上質で、温かくて、
脱ぎたくなくなっちゃったくらい心地よい着心地でした。


友達の康子ちゃんと2人、
「雪国高田の古き良き時代に思いを馳せちゃうね~」なんて言いながら、

楽しい時間を過ごしてきました。





近くには日本最古の映画館「高田世界館」もあるのですが、
この日は休館日で中に入れず。。。

d0182179_00190645.jpg


近いうちにリベンジしたいです。













by shinyanagi | 2018-04-19 22:06 | オフ | Comments(0)