上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2018年 09月 15日 ( 1 )

清津峡を後にして、
越後妻有里山現代美術館「キナーレ」にやって来ました。


d0182179_15264035.jpeg


十日町市と津南町全域で開催されている「大地の芸術祭」。

キナーレは、その十日町エリアの拠点とのことで、

「建築家とアーティストによる四畳半の宇宙」というテーマで、
様々なアート作品が展示されていました。



色々写真撮ってきました。


d0182179_16335141.jpg

d0182179_16343886.jpg

d0182179_16344337.jpg

d0182179_16345456.jpg

d0182179_16344922.jpg

d0182179_16343347.jpg

d0182179_16363760.jpg

d0182179_16160766.jpeg

なんというか独創的、近未来的な不思議アートが点在していて、
とても楽しくなっちゃう空間でした。





特にここが面白かった!



「アソビボックス」

d0182179_16364071.jpg


畳と障子戸。
昭和レトロなイメージの入り口を入ると・・・



中は真っ白な空間。

そこでは、雪のような映像が壁面にチラチラしてるんだけど、
その雪を手で触ると、パッと花火のように開くんですよ。


d0182179_16364272.jpg

d0182179_16370501.jpg


床も同じく、雪を踏むと、

d0182179_16371607.jpg



パッと開いて、すごくきれい!


d0182179_16371167.jpg


もう楽しくて、
というかジャストなタイミングで写真に撮りたくて、

何度も何度も壁叩いたり、床踏み込んだりしてしまいました。



真夏に見る「越後妻有の雪」デジタル雪合戦
という説明が書いてありました。


なるほど、
これ雪合戦で雪玉がはじける様子を表していたんだ!


と後で納得。
でした。





そして、
これすごかったな~!

「レアンドロ・エルリッヒ」
って舌を噛みそうです・・・


d0182179_16333638.jpg


回廊に囲まれた真四角のこの池のことをそう呼ぶみたいです。


青空を映した水面は、太陽の光を反射してキラキラしてました。

d0182179_16314518.jpg





娘の同級生ひなちゃんがちょっと水遊び。


d0182179_16315285.jpg

気持ちよさそう!




さて。



2階に上がってこの池を眺めると、

驚きの光景が待っていました。







水面に回廊の柱がくっきりと映っています。

d0182179_16332531.jpg



ではなくて、
これは水底に描かれた巨大トリックアートだったんです。


d0182179_16333205.jpg

まるで池の水が建物を映し出してるかのようで、
もう
巧みすぎます。

いや、ほんとに驚いた。
そしてめちゃくちゃ感動!




こういうこと考える人ってすごいなーー

緻密に計算し尽くしたうえで作り上げていくわけでしょうから、
もちろん完成させるまでに時間も労力もかかって、
ものすごく大変だったはずですが、

でも人を感動的に楽しませることのできる、素晴らしい仕事ですよね。

そんな仕事っていいな~

そして結構それって「地域活性化」のキーワードかも。


などなど、
と思ったのでした。




さて、


こんな楽しい催しですが、
なんと、あさって9月17日で終わっちゃうのですね。



「今度は3年後だよ。」
と、案内で立っていたおじさんが教えてくれました。


なるほど、3年に1回の大イベントだったのか。



大地の芸術祭、
かなり楽しめますよ。



しかし、あと2日です。


行ってみたいと思われた方、
この連休中にぜひ!











by shinyanagi | 2018-09-15 21:09 | オフ | Comments(0)