上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:牧区のこと( 54 )

暖かい春の日差しが差し込むランチルームです。

d0182179_19344915.jpg


昨日は牧中学校の給食会にお邪魔して、
3年生の生徒さんたちと一緒に給食をいただいてきました。




私の席は、

d0182179_12413515.jpg


正面には、2年生の時新柳に職場体験に来てくれたあゆちゃん。
そして隣りは、私にとっては親戚の子でもあるまなちゃん。

元気な女の子たちに囲まれておしゃべりも弾みます。





さて、
メニューはカレーライスとミニオムレツ、ヒジキとナッツの入ったサラダでした。


d0182179_19372373.jpg

こんなふうに栄養バランスの取れた食事をいただけて、
普段、劣等生的食生活を送っている私としてはとてもありがたい!



今回もおいしくて楽しい給食をありがとうございました。



そして、
今回は、月曜日に卒業式を控えている3年生たちと一緒に食べる最後の給食でした。


この学年のみんなは、1年生の時から様々な行事等で一緒になることが多く、
個人的にもとても親しみを感じていたので、

彼ら彼女らの卒業となると、私もなんだか感慨深い思いになってしまいます。


明るくて素直でまっすぐで、
芯が強くて根性もあって。

3年生のみんなの将来が楽しみだし、
これからも応援し続けたいな~と改めて思ったのでした。


そうそう、
みんな、まずは受験頑張ってね!









と、
そんな3月のスタートでしたが、

いちはやく嬉しい春の便りも届きました。





d0182179_19374716.jpg


ふきのとうですよ。

お客様が届けてくれたんですが、今年初です!



d0182179_19380688.jpg


さっそく調理場で天ぷらにしてもらって、
春を味わいました。




もうすぐ春ですね。










◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら







by shinyanagi | 2018-03-02 13:55 | 牧区のこと | Comments(0)

子どもたちの勇気

本日の話題は、この写真にまつわるお話です。

d0182179_16593012.jpg


登下校で毎日新柳の前を通る小学校3年生の仲良し女の子2人組がいます。

昨日のこと。
その2人が下校途中にお店に入ってきました。

「どうしたの?」と聞くと。


ちょっとモジモジしながら、

「あの~歩いてる途中の道に穴が開いてて~」

「落ちたら危ないよねってなって~」

「でね、誰かに言おうってなって。」

「ねっ」「ねっ」ってお互い確認し合うようにしながら交互に話してくれます。


「誰に言う?ってなって~」

「郵便局とか、農協とかに入ろうと思ったけど、
なんかちょっと入るのこわいっていうか~」

「どうする?どうする?ってなって」


「そうだ。新柳行こうってなったんだよね~」

「ね~」



だそうです。


そうか、そうなんだね。

一生懸命伝えてくる彼女たちの様子がかわいらしく、
微笑ましく、いじましく。


「危ないから誰かに伝えなきゃ」という必死の思い。

どうしよう?どうしよう?って思いながら、
最終的に意を決してうちに飛び込んだその勇気。

彼女たちのこの行為、
絶対無にできないと思いました。


「じゃ、一緒に見に行こう。連れてってくれる?」
と、2人を伴って現地まで行ってみました。



たしかに!

側溝のふたのすぐ脇という、
とても危ない場所に大きな穴が開いていました。

そこに片足でも落としたら、
小さな子どもならもしかしたら水が流れる溝の中まで落ちてしまうかも。

新雪でもふわっと積もってたら穴自体に気づかずにその上に乗ってしまうかも・・・


「ホントに危ないね。よく教えてくれたね。」



新柳なら知ってる人いっぱいいるし、
だから新柳で言おうって決めたんだろうけど。

でも、それでも入る時はきっとドキドキだったんですよね。
それは、2人の表情から伝わってきました。

そりゃそうだ。
大人に何か伝えるってすごい勇気いりますよ。



じゃあこれから総合事務所に行って「危ない穴が開いてます。」って話しに行こう。


2人を連れて総合事務所へ。

そのドアを通る時もまたドキドキの表情で、
なんかもう!



さて、
今度は私が説明しました。

.......


窓口の人たち。
「よく教えてくれたね。ありがとう。見に行ってみるよ。」
と、彼女たちに声をかけてくれて。

その優しい大人たちの対応に2人も安堵の笑顔を浮かべました。



それが昨日の話です。


で、今日、その現場を通ったら、

この写真の通り。

三角コーンが置いてありました。

ま、当然のことですけど。


でも、今日の登校でこれを見つけたであろう2人。

その様子を想像して、思わずにんまりしてしまいました。


彼女たち、それはそれは嬉しかったでしょう。
自分たちの勇気ある行動の証ですもんね。

その清々しさ、気持ちの良さを知って、
これからもどんどんいろんなことに挑戦してほしいなーと思いました。


そして、そんなことに気付かせてあげるのは、
私たち大人の役目でもありますね。

だから後回しにすることなく、速攻で動いてくれた総合事務所さんの対応、
とても良かったです。


ということで、
子どもの少ない牧区ですが、
こんないい子たちがいるんです!他の子たちもきっとそうです。


と、
牧区の素直で優しい子どもたちをちょっと自慢したくなったお話でした。


あ、それと、
最終的に新柳を頼ってくれたっていうのが、実はとてもうれしい。

つまりは、
子どもたちが私たちを信頼してくれたってことで。

それについてもちょこっと自慢したくなって今日のブログを書きました。

少子高齢化。
ここで暮らす人がどんどん減っていく私たちの地域。

でも逆にそれが、顔見知りどうしで子どもたちのことも見守りやすい。

そんな悪くない一面があったんだ。
と改めて気づかされたできごとでした。















by shinyanagi | 2018-02-02 23:59 | 牧区のこと | Comments(0)

最近ご無沙汰だった大月の棚田。

今日の送迎ルートで久しぶりに通ったので、お客様をお送りした帰り道にちょっと寄ってきました。





ずーーっと遠くまで見渡せる、見下ろせるこの景色!
いつも見るたびにスカッと爽快な気分にさせてもらえるんですよね。

d0182179_21372794.jpg


さて、
毎年田植えの時にここに作られる稲文字ですが。

今年は何という字が描かれているのかまだチェックできていなかったので、
早く見に行きたいとずっと思っていたんですよね。


さてと。

棚田を見下ろせるところに車を停め、
ちょっとワクワクしながら覗き込みました。


d0182179_21461022.jpg

あ!
見えた。


「友」

ですね。

d0182179_21390749.jpg


そうか、今年は「友」なんだ。

シンプルだけど心が温かくなるような素敵な1字です。

素晴らしい選択だな~と感心してると・・・


あれ?
今年は隣りの田んぼにも何か絵のようなものが描かれてます。

d0182179_21342086.jpg

なんか丸が書かれてるけど何だかわからない。。。

でもまあ、
とりあえず写真撮っとこう。

と、わからないままスマホカメラに収め、お店に戻りました。


そして戻ってから改めて撮った写真を見直したら・・・

あ~なるほど!
これは、

d0182179_21410300.jpg

アンパンマンじゃないですか!


d0182179_21425442.jpg


かわいい!!
そして、とても上手!
完璧に描かれてますね~


しかし、本当にその場では何だかわからなかったんです。
とにかくなんか丸いものってことだけしか。


写真だとこんなにわかりやすいのに。。。

そんなこともあるんですね。




さて、
今年のこの稲文字とアンパンマンは、
これから稲の生長とともにどう変化していくんでしょうか。

時々チェックしに行こうと思います。



またブログでも報告しますね。









◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら
















by shinyanagi | 2017-06-14 23:20 | 牧区のこと | Comments(0)
朝はどんよりとした曇り空だったのに、
日中どんどん晴れ間が広がって爽やかで穏やかな日曜日になりました。

そんな気持ちの良い午後にちょっと時間ができたので、
前から行きたいと思っていた牧歴史民俗資料館へ行ってきました。

d0182179_18431780.jpg

この建物は牧区の宮口古墳群公園にあります。


田植えの終わった田んぼと古墳群と青空。
d0182179_19101193.jpg

本当に気持ちのいい季節になりましたよね。

d0182179_19122623.jpg

さてさて、
資料館の中にお邪魔しました。


こちらは1階展示室。

d0182179_19184877.jpg

宮口古墳群や近くの他の古墳群からの出土品がたくさん展示されていました。

d0182179_19312311.jpg
例えばこの上の段に置いてある長い刀のようなものは、
「金銅装円頭太刀(こんどうそうえんとうたち)」といって新潟県の指定文化財なのだそうです。




これは人間が埋葬されたと思われる横穴式の石室模型です。
d0182179_19403212.jpg
とてもリアルに作られていて、
「ここに横たわっていたのか」と遠い昔の祖先を思わず想像。

頭の位置が北向きになるように作られているそうで、
7世紀の頃の古墳と言われていますが、その頃から「北枕」というのがあったんでしょうか?


他にも出土した装飾品や刀、石器などがたくさん展示されていて、

特に歴史に興味のない私でも、それらを眺めているうちに
当時の人たちの生活ってどんなだろう?このあたりはどんな景色が広がってたんだろう?
などと思いを馳せてしまっていました。









さて2階展示室。
またガラッと趣きが変わります。

d0182179_19565437.jpg

こちらは民俗資料のコーナーになっていて、
明治から昭和の初期頃までの生活道具ということで、様々なものが展示されていました。

d0182179_20202901.jpg

d0182179_20212911.jpg


d0182179_20220893.jpg




昔、父の生家にもこんな囲炉裏があったなー

d0182179_20225601.jpg



そして、こんなお風呂もあったような・・・

d0182179_20243486.jpg


この民俗資料コーナーはお年寄りの方たちが来られると、
本当に懐かしがられるようで、皆さん長い時間をかけてご覧になるそうですよ。



さらに、昭和30年代頃まではガラス工業が盛んで、
その頃の製品なども展示されていました。

d0182179_20285007.jpg

d0182179_20295467.jpg

館内はそれほど広くはないのですが、
以上のようにもう内容が盛りだくさん!

ひとつひとつ丁寧に見ようと思ったら、時間がどれだけあっても足りなそうです。


それでも案内してくれた梨本さんがピンポイントで説明をしてくださったので、
わかりやすかったし、短い時間で見てくることができました。

そしてその説明のおかげでこうやってブログが書けているわけで、
梨本さんには感謝なのです。



この牧歴史民俗資料館は通常土日祝日のみの開館ですが、
平日でも事前連絡さえあれば入館は可能だそうですよ。

入館料は大人200円、小中学生100円。

冬期間は休館するそうです。



とにかく。
地元のくせにここを今まで知らなかったなんてもったいなかったです。


素晴らしい地域の財産である古墳群と資料館。

でもたぶん区外の方からはほとんど知られていないと思います。
だからもっと注目してもらって牧区にお客様をお呼びする一つの目玉にしなくては。

新柳としても、
こちらを訪れたあとに、お食事やご入浴でお越しいただけたらとてもありがたいですし、ね。



それにしても見学は純粋に楽しかった!
また来たいな~

皆様もぜひ一度!






◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら




by shinyanagi | 2017-05-28 21:05 | 牧区のこと | Comments(2)
これは先日の社外会議の写真。

といってもメンバーは私含めたったの3人なんです。
d0182179_11061579.jpg

「牧区ポータルサイト設置委員会」という会議です。

d0182179_11070781.jpg

メンバーは総合事務所事務局の春谷さん、牧を代表するブロガー宮内さん、そして新柳ブロガーの私。

これは「牧っこを育てる会」の中に作られた委員会で、
元々は牧中学校の生徒たちから出された
「牧区をもっと発信するためにホームページを作ったらどうか」という意見からスタートした企画です。



今回の会議は。
昨年立ち上げられたこのホームページ「牧っていいね!」を、
もっとたくさんの人に見てもらえるよう内容を充実させるには?
ということで話し合いをしました。

その中で、
「文字の羅列よりも、とにかく写真をたくさん載せたいよね。」
という話になり、

FacebookやInstagramに牧の写真をアップしてる知り合いの人たちがたくさんいるし、
そういう人たちから写真を載せてもらうコーナーを作ってみては?

という方向に話が進みました。


で、「特派員コーナー」的なものを作って、
そこにFacebookみたいなノリで気軽に投稿してもらえたら、
バラエティーに富んだ写真が集まってすごく楽しいコーナーになるんじゃないかと。

写真の更新頻度が高くなればアクセス数も上がるというもの。

とそんな話になりました。

とにかくホームページって、いつ見ても内容が変わってなければ誰も見に来なくなるけれど、
更新が頻繁であれば何度でも見に来てもらえますもんね。



d0182179_19420805.png



d0182179_17391574.jpg

ということで、
特派員になって牧の魅力を発信してくださる方を募集しようかと思っています。

牧区に住んでる住んでないは関係ありません。

要は、牧の、牧らしい写真を撮って載せてくださる方ならどなたでもOK。

まだまったくこれからのスタートなので、すぐにどうこうではないのですが、
興味持ってくださった方、写真載せてもいいよと思われた方。
もしよろしければご連絡ください。

一緒に牧区の魅力を発信しませんか?



「牧っていいね!」URLはこちらです。どうぞよろしくお願いいたします。





by shinyanagi | 2017-04-04 20:14 | 牧区のこと | Comments(0)

給食会

牧中学校の給食会にお邪魔してきました。


こうやって時々ご招待いただけるのは本当にうれしいです。

中学を卒業する時に、
「もう二度と給食食べられないんだろうな~」
って寂しく思いましたからね。


さて!
本日最もうれしくなっちゃったのがこれ。
d0182179_17425359.jpg

懐かしのソフト麺です。

なんだろう?
「ソフト麺」と聞いただけでなんだかウキウキしてしまいます。

私たちの頃の給食ってふだんは冷たくてパサパサのパンが主食だったから、
たまに出てくるソフト麺ってすごいごちそうだったんですよね。

給食の人気メニューっていくつかあったけど、
ソフト麺は間違いなくそのうちの一つでした。

だからあの頃の嬉しい気持ちが思い起こされてウキウキしちゃうんでしょうね。


そのソフト麺の献立は野菜ラーメンということでした。
d0182179_17435536.jpg

おいしかったですよ!


他には、
きびなごのゴマフライと茎わかめの中華サラダ
d0182179_17432223.jpg


そして牛乳。
d0182179_17433860.jpg


給食に牛乳っていうのは本当に昔から変わらず続いているんですね。


ということで今日もおいしくいただきました。
d0182179_17423694.jpg

ごちそうさまでした。


ところで、牧中の卒業式は明後日の3月3日だそうです。
ということは、
ここにいる3年生たち、あともう2日でここを巣立っていくってことです。

ってそう思っただけで私自身が胸がいっぱいになってしまいました・・・


たくさんの思い出がこの校舎の中に詰まっているんだろうなー

その思い出を胸に卒業していく3年生たち。
彼らのこれからの人生がずっとずっと希望に満ちたものでありますように。
と祈ります。






◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2017-03-01 22:46 | 牧区のこと | Comments(0)

手作りすげがさ

昨年暮れのこと。

お客様のお宅へお歳暮を届けに牧区の上牧へ。
d0182179_20361393.jpg

ここは県境の集落。
つまりこの向こうは長野県です。


伺ったのは亡くなった父の同級生でもある星野さんのお宅です。

玄関先で奥様に渡して失礼しようと思ってたんですが、
奥から「今手が離せないんだよ。」とご本人の声。

「何やってるんですか?」と聞くと、

奥様が「笠編んでるのよ。」とおっしゃるので、

「わー見てみたい!」となって、ちょっとお邪魔させてもらいました。

玄関から上がってすぐのお座敷の正面に並んでる!
d0182179_2039619.jpg


そしてその奥の小部屋でご本人が作業してました。
d0182179_2037121.jpg


身近にあるスゲを使って「すげがさ」を作りたいと思い立って、
独学で笠づくりを学んだんだそうです。

この骨組みから何から全部手作り!
d0182179_20381685.jpg


「家にいても何もすることないからこんなことでもやってみるかな、
と思って始めたのさ。」とのこと。


この布地の部分も自分でお裁縫して仕上げてるんだそうですよ。
d0182179_20401225.jpg

「ばあちゃんにやってくれって言ってもやってくんないからね~」って笑ってました。

d0182179_20403753.jpg


このお部屋一面を笠で埋め尽くすのが目標だそうです。
d0182179_2041214.jpg


80歳も近いのに、こうやって新しいことに挑戦して、
さらに目標をもって取り組んでるってすごいなーと思います。

だからこの方はいつまでも若々しいんだ。と納得です。



山菜やタケノコのシーズンには今でも現役バリバリで収穫して、
届けてくれたり、

そんな星野さんにはいつまでも元気で長生きしてほしい。
d0182179_204207.jpg

と改めて思った暮れのとある日でした。






◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2017-01-11 20:09 | 牧区のこと | Comments(0)

どぶろく効果

私がお店での提供を目論んでいる「どぶろくカクテル」。

d0182179_1912746.jpg


以前にもそのことブログで書いたり、
フェイスブックやインスタグラムその他にも写真を載せたりしているので、
ご存知の方もいらっしゃると思います。

そう、そうやってもうだいぶ前から騒いでるにも拘わらず、
まだ正式デビューできていない「どぶろくカクテル」。

でもやっとあともう少し!というところまで来ています。

そして、
それに拍車をかけてくれるような嬉しいことがありました!

それは、私の発信を見てくださったあるお医者様が「どぶろく」に関心を持ってくれて、
ご自分のブログで「どぶろく」を取り上げてくれたんです!

その方は群馬県在住の女医さんで原田文子さんという方。

原田先生が書く医学的アプローチからの「どぶろく」は、
私の知らなかったどぶろく効果が満載。

これはもうどぶろくカクテルをスタートするにあたって本当にありがたい好材料です。

そんな先生のブログをここで紹介したいと思います。

実は3日にわたって書いてくれています。

糖尿病専門医 原田文子の日々是好日~開業準備中~

というブログです。


◆「美肌を作る”どぶろく(DOBUROKU)”って・・・?」


どぶろくに含まれる成分の一つである、コウジ酸。

このコウジ酸はシミやソバカスなどの原因となるメラニンの生成を抑えてくれるので、
美白・美肌効果が期待できるそうです。

やっぱりどぶろくって女性に嬉しいお酒なんですね!



◆「厚生労働省も認めた美白成分『コウジ酸』」

コウジ酸って厚生労働省に認可されている由緒正しい美白有効成分だとのこと。
美白関連化粧品にもコウジ酸が含まれているものが多いみたいですよ。

女性にもっともっとどぶろくをおすすめしたくなってきました!




◆「”どぶろく”は百薬の長になれるのか?」

適量のお酒はどんな良い薬より効果がある。

ということで、
医学的見地からどぶろくの1日の適量について書いてくれています。

ちなみに、一日100-120ml程度が適量なのでは?という先生の見解でした。



とまあ、
こんな感じでどぶろくの魅力を科学的に紹介してくれているわけです。

なんか追い風というか、これホントに強みにるなー!


先生に感謝しつつ、どぶろくカクテル提供へと進みたいと思います。


さらに先生からはまた素敵な提案もいただいているのですが、
そのことは次回ブログにて報告したいと思います。





◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら


◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-09-04 21:23 | 牧区のこと | Comments(0)
毎年ブログで紹介している大月の棚田の稲文字。

もうすぐ稲刈りというこの時期になってやっと写真を撮りに行けました。

間に合ったー
d0182179_19383953.jpg


ここは昔ながらの棚田が広がる本当にのどかなところです。
d0182179_1940376.jpg


実は今日市内の写真家の方とお話ししたのですが、
大月の棚田は上越管内でも最高の写真スポットなんだそうですよ。

特に早朝の雲海や朝焼けがかなり美しいらしいです!


さて、
その大月の稲文字。

今年はこちらでした。
d0182179_19583659.jpg


「生」(生きる)だそうです。


この素晴らしい風景、もっとたくさんの方に見てもらいたいな~


ちなみに、
去年のブログでも紹介したのですが、過去の稲文字写真を何枚か。

d0182179_20304367.jpg


d0182179_20314245.jpg


d0182179_20405244.jpg


いろいろありましたねー


さて、
来月には稲刈りが始まるでしょうから今年の稲文字が見れるのもあともう少し。

ぜひぜひ皆さんに見ていただきたいです。

もし行ってみたい方がいらっしゃいましたら、場所をお教えしますので、
どうぞお気軽にご連絡くださいね。








◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-08-26 21:29 | 牧区のこと | Comments(0)
昨日はどぶろくスイーツの会議があって、
その後、どぶろくの宿「ほほえみ荘」さんで懇親会をしてきました。

d0182179_12184488.jpg


ほほえみ荘さんは、どぶろく特区制度ができて、
日本で最初にどぶろく製造免許を取得した佐藤さんが営む民宿です。

佐藤さんには、この前の深山荘のイベント「どぶろく御膳を楽しむ会」でも
どぶろくのお話を聞かせていただきました。
d0182179_19421821.jpg

どぶろくの第一人者であり、
今年ここ上越で行われたどぶろく全国大会の大会委員長を務められたくらいの方です!


ほほえみ荘は、

空き民家を利用した
d0182179_1220110.jpg


アットホームな民宿です。
d0182179_12222082.jpg


なんかいいでしょう?こういう感じ。
d0182179_1945576.jpg


最初の乾杯は佐藤さんのどぶろくで。
d0182179_19544269.jpg


素朴な手作り料理が並びます。
d0182179_19464310.jpg


d0182179_1951128.jpg

d0182179_19512689.jpg

d0182179_19515817.jpg

d0182179_19522636.jpg

d0182179_1953140.jpg

d0182179_19535662.jpg

d0182179_19551888.jpg

d0182179_19553635.jpg

d0182179_1955537.jpg

d0182179_19561129.jpg

d0182179_19564090.jpg

d0182179_19565838.jpg

d0182179_19572697.jpg

とにかく出していただいたもの
全部写させてもらっちゃいました。

山菜や、
雪太郎大根の切り干し、大根ギョウザ、
手打ちそばなど。

これこそが地元のお母さんが作るおふくろの味!

どこか懐かしく、ほのぼのとした味わいで、心温まりました。

どれもこれもここでしか食べられないお料理のオンパレードで、
こういうの都会の方々に食べていただきたいな~
なんてしみじみ思いました。


さて、夕暮れ時でまだ明るいうちに始まった会も、
気づけば外は真っ暗に。

「多分ホタルが見れるよ。」と教えていただき、途中で外に出てみました。

月夜ではありましたが、あたりは真っ暗。
d0182179_20455154.jpg


近くに小さな川があるようで、
シーンと静まり返った中でせせらぎの音だけが聞こえます。

そのあたりをじーーっと見据えると、

あ、見えました!

ホタルの光!

5~6匹くらいいるようで、光ったり消えたりしながら飛んでいます。

もうそこからの私は必死。

写真撮ったり、動画でも撮ってみたり。

とにかくナイスショットを撮らなきゃ!と思って30分くらい頑張ってました。

でも、なかなか捉えるのは難しい!

何枚も撮った中の、これが一番わかりやすい写真です。
d0182179_20371311.jpg

スマホの画面をだいぶ拡大しながら撮った1枚です。


動画もかなり撮ったのですが、結局満足いくものは一つも撮れませんでした。

で、最後は撮影をあきらめてしばしボーっと観賞。

童心に帰れたような久しぶりの感動タイムでした。





と、そんなことしたり、お料理に舌鼓を打ったりしながら、

大先輩さんたちから、昔の話を聞かせていただいたり、
これからのどぶろくスイーツのことを熱く語ったり。

本当に楽しいひと時を過ごさせてもらいました。


で、気づけば4時間も経過!!

ビックリです。

ずいぶんくつろぎ過ぎてしまい、遅くまで遊ばせていただきました。

ほほえみ荘の皆様、ありがとうございました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ほほえみ荘さんは深山荘のすぐ近くにありますよ。

ちょっと行ってみたいな、
なんて思われた方いらっしゃいましたら、お取次ぎします。

どうぞお気軽にご連絡くださいね。







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら

◆割烹新柳ホームページはこちら
by shinyanagi | 2016-06-18 21:17 | 牧区のこと | Comments(0)