人気ブログランキング |

上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:牧区のこと( 61 )

牧小5年生の稲刈り体験

今週の月曜日、
長者屋敷の田んぼで牧小学校5年生たちの稲刈りが行われました。







春にみんなで田植えをしました。

それから、
植えた苗が落ち着いた頃にその田んぼに鯉を放しました。



今回はいよいよ収穫作業、
そして鯉との対面です。


d0182179_12225054.jpeg


この日は、
前夜の土砂降りがうそのような素晴らしいお天気。


まさに稲刈り日和でした。



カマを用意してもらって。

d0182179_18490452.jpg



田んぼに入りました!










もちろん裸足ですよ。


d0182179_18445279.jpg















d0182179_18444691.jpg




コツを教えてもらって、

d0182179_18444852.jpg




どんどん上手になっていきます。


d0182179_18444829.jpg



刈った稲を束にして縛ることを「まるげる」というんだそうです。

彼はそのまるげ方を習っているところ。


d0182179_18473533.jpg



結構難しそうですよ。

d0182179_18452655.jpg




ちなみに私はまったくやったことありませんが、
かなり不器用なので、何度習ってもできないかもです。




片や、
地域おこし協力隊の原田さんは都会育ちなのにとっても上手。


d0182179_14463132.jpeg

挑戦と努力の人である彼女には、いつも刺激をもらってるんですよね。






さてさて、
みんなの頑張りで刈り取りはどんどん進みます。


d0182179_18452807.jpg



「先生、もう疲れたー」
という声も聞こえてきたりしたけれど、

そう言いながらも、
みんなただただ前進あるのみで刈り続けていました。


d0182179_18452980.jpg




プロカメラマンの寺尾さんです。
今回も写真を撮りに来てくれました。

d0182179_18455386.jpg



いつも生き生きとした子どもたちの様子を臨場感たっぷりに撮ってくれる名カメラマンさんです。






あれ?
そういえば・・・


刈り取りが進むにつれ、
段々と気になってきました。



鯉に全く出会えないんです。

気配さえも感じられない。


鯉、
ちゃんと生息しているんでしょうか?





と、

「いたーー!」

待ちに待った声が聞こえてきました。


d0182179_18461840.jpg





やった!
捕まえました。

d0182179_18482766.jpg





大きい!

d0182179_18485449.jpg


春に放した時の3倍くらいの大きさになってるんじゃないかな。


でも本当によかったー

これで次々と鯉に再会できるね。

と期待したのですが。


その後はまったくなんの反応もなく、

そして、そのまま終了時間を迎えてしまいました。


d0182179_18485561.jpg


昨年は、放した時のほぼ100パーセントに近い50匹の鯉が生存していたのに、

今年は何かが違ったのでしょうか?
環境が変わったのかな?



でも、


まだ田んぼにはたくさんの稲が残っているので、
残りの刈り取りは雪太郎の郷さんにお任せして。

もし鯉がいたら捕まえてもらいましょう。
ということになりました。

残念だけど仕方ないですね。







田んぼから出た後はお茶飲み休憩。


d0182179_18474685.jpg




男の子たちが美味しそうに食べているのは蒸かしてもらったサツマイモです。

d0182179_18474788.jpg



d0182179_18495981.jpg



私もいただきました。

d0182179_18481894.jpg


甘くておいしかったー

やっぱり気持ちのいい外で食べるとおいしさも格別です。


でも稲刈りを頑張った後の子どもたちは、
私なんかよりもっともっと美味しさを感じてただろうな~

もしかしたらずっと忘れられない味になるかもしれないですね。




さて、
これは何をやっているかというと。

d0182179_18464612.jpg





ワラを立てた周りに枝豆を差してます。


d0182179_18464689.jpg


d0182179_18464860.jpg



それをまたワラで覆って。

d0182179_18492203.jpg



火をつけた!

d0182179_18471272.jpg




見る見る燃えていきます。

d0182179_18471430.jpg



これは「たて焼き」と呼ばれているそうで、
昔はよくこんなふうに枝豆を焼いて食べたんだそうですよ。



d0182179_18471449.jpg




みんなも興味津々。


d0182179_18474489.jpg






ワラが燃え尽きて、
枝豆が中から出てきました。


d0182179_18502817.jpg






さあ、食べてみよう。


d0182179_18482185.jpg


ちょっとドキドキ

d0182179_18484095.jpg


お味はいかが?


d0182179_18484180.jpg






もちろん私もいただきました。


d0182179_18482000.jpg


ちょっと生っぽいのもあったけど、
でもほぼほぼちょうどよい具合の硬さに仕上がっていて。

燻されてたからスモーキーでおいしい!

これはビールにとても合いそう。
なーんて思いながらいただきました。

「ソーセージみたい」っていう声も聞こえてきてました。




こうやって子どもたちを楽しませようとしてくれる雪太郎の郷の佐藤さん。

素晴らしい方です。

でも、ご本人もかなり楽しんでいる様子で、
それがまたほほえましい。

そんなひと時でした。









休憩の後は。

d0182179_18490518.jpg


佐藤さんから説明を受けて、
さっき刈った稲をはさ掛けする作業に入ります。





d0182179_18490632.jpg




根元をポンポンポンと叩いて揃えたら、

d0182179_18493721.jpg




真ん中から二つに分けて、


d0182179_18493866.jpg




はさに掛けます。


d0182179_18493542.jpg





d0182179_18500042.jpg



d0182179_18500356.jpg


d0182179_18493343.jpg




どんどんどんどん掛けられていって、

軽トラの荷台にいっぱいだった稲があっという間に空っぽになりました。



d0182179_18500656.jpg




最後は記念撮影。


d0182179_18502507.jpg




この後、深山荘のお風呂に入ってから学校に戻りました。


d0182179_18524018.jpg


5年生のみんな、
お疲れさまでした。





みんなが帰った後、
残りの稲を刈ってくれている雪太郎の郷の皆さんです。

d0182179_18502822.jpg


鯉はまだもっといたのかな?


実は私もその後の話を聞いていないので、
結果はどうだったのかわかりません。


数匹でもいいから姿を現してくれてたらいいな~





そうそう、
この日の空に珍しい現象を見ました。


d0182179_20180613.jpeg
虹色の光が見えますか?

これは虹ではなくて「幻日(げんじつ)」という現象。

寺尾さんに教えてもらいました。

珍しいっていうのと、じきに消えてしまうので、
これが見れるのはとても幸運なことなんだそうですよ。


なので急いでカメラに収めました。


その後、やっぱり幻日は消えてしまって、

そのあとは太陽の横に弧を描くような現象も見れたので、
これも写しました。


d0182179_18481626.jpg


こんな気持ちのいい空の下での今年の稲刈り体験でした。






by shinyanagi | 2019-10-03 23:56 | 牧区のこと | Comments(0)

移動市場

牧商工会の事業の一つに「移動市場」というのがあります。

高齢化の進む牧区。

ほとんど、どの集落もお年寄りだけの家庭が大半で、
日常の買い物に不便を感じてる方がたくさんいらっしゃいます。

そんな方たちのお助け隊的事業です。

集会場前などにお店を広げると、
そこに皆さん集まってきておしゃべりに花を咲かせたりするので、
ちょっとした社交の場としてもお役に立ってます。

うちの店も参加させてもらってます。



これは先週の移動市場の様子。

d0182179_23073212.jpg


うちのスタッフたち、
おばあちゃんとの会話が上手い。

とっても和やかで、ほのぼのとした空気が流れていました。


こういうのって、
なんか優しくて温かくて。

本当はもっと頻繁にやれたらいいんだろうなーと思うのですが。

だとしたら商工会さんの事業ではなく、私たちが独自でやらないと。

そう考えるとやっぱり簡単ではないなー

とか、
そんなことを思ったりしました。


でもそう思ったことが何かの始まりかもしれない。

私の中にまた新しいアンテナがひとつ立った気がしています。


















by shinyanagi | 2019-09-09 20:51 | 牧区のこと | Comments(0)

2019年中学生職場体験

先週1週間は、中学生の職場体験ウィークでした。

今年の生徒さんは、久々の男の子。


なぜ新柳を職場体験の場所に選んだかと聞くと、

小さい頃、お父さんと温泉に入りに来たり、食事したりした時に、
働いている人を見てかっこいいと思ったからだそうです。




今年の体験者、
りょうくんです。


d0182179_12483926.jpg

月曜日から金曜日までの5日間、
朝9時~夕方4時まで。

主に宴会場の仕事を体験してもらいました。


しかし今年はあまり写真が撮れず、
宴会場での仕事の様子でお見せできるのはこれだけなんですが。

d0182179_12495147.jpg

ちなみにこれはテーブルセッティングをやっているところです。



が、
他にも食器を拭いたり、食器棚に収めたり、
テーブルやイスを運んだり、宴会の後片付けをしたり。

りょうくんのいる昼間の時間帯だと、
どうしてもこのような裏方の仕事が中心だったんだけど。


でも、
一度だけ昼間の老人会のご宴会で、
お客様にお料理や飲み物を出すという接客の仕事も体験してもらうことができました。


そうそう、
お風呂掃除もしてもらいました。

後で聞いたら、「お風呂掃除が楽しかった」って言ってたから、
暑い中、水の冷たさが気持ちよかったんだろうな~






宴会場から離れて、
レトルトカレーの袋詰めもやってもらいました。


d0182179_12533344.jpg


d0182179_12553509.jpg


たくさん入れてもらえた。

りょうくんありがとう。





そのカレーをあるるん畑に配達するお手伝いも。

d0182179_13002490.jpg

重いの運んでもらっちゃいました~





職場の人たちとお茶飲みするのも大切な体験です。

d0182179_13005208.jpg


d0182179_13011515.jpg


大人たちともちゃんと打ち解けて、
えらいえらい。




さて、
感想を聞くと。

初日はとても長く感じたそうですが、
そのあとは楽しくなってきたって言ってました。



でもとにかく5日間は長いよね。

ほんとよく頑張った。

りょうくん、お疲れさまでした。










by shinyanagi | 2019-08-04 18:20 | 牧区のこと | Comments(0)
今週の月曜日、
小学校6年生の皆さんにカレー作りについてのお話をして来ました。


d0182179_20165230.jpg




その時の様子を、
校長先生が撮ってくださいました。


d0182179_20175037.jpg


なんかちょっと私、先生みたい。
な~んて。






牧小の6年生は7名しかいません。

d0182179_20345373.jpg


少子高齢化、若者の流出、加速度的に進む過疎。。。
私たちの暮らすこの地域もご多聞に漏れず深刻な問題を抱えています。

伴って、
子どもたちの数も本当に少なくなってきています。


そんなこと考えると暗〜い気持ちになってきちゃうのですが。


彼らと話してたらそんなの一気に吹き飛びます。


和気藹々、穏やか、明るい、仲が良い、一所懸命、元気、
優しい思いやり、自分の意見を言える、友達の話もちゃんと聞ける。

私が感じたことを羅列するとこんな感じ。

とても雰囲気の良いまとまったクラスでした。


これは少人数だからこそなんだろうな。
人数が少ないって悪いことばかりじゃないな。

そんなことを感じました。





さて。

私はなぜどぶろくでカレーを作ろうと思い立ったのかから始まって。

試作を繰り返し、うまくいかなくて苦労したこと、
完成して本当に嬉しかったこと、

そして今はもっとカレーをたくさんの人に知ってもらうため
告知活動、販路開拓などを頑張ろうと思ってることなどを話しました。



d0182179_20361282.jpg



そしたら、
みんなからアイディアが出る出る!

もっとカレーを広めるために、

牧で取れる旬の具材をプラスしてシーズンごとに売り出すとか、
キャラクター作ろうとか、
お祭りやイベントで売ればいいと思うとか。


もう自分のことみたいに熱く考えてくれているのが伝わってきて、
とてもうれしくなりました。




ふと振り返ると、

私が話したこと、
子どもたちから出てきたアイディアなど。

担任の吉岡先生が黒板にこんなにたくさん書いてくれていました。

d0182179_20365562.jpg



元々、牧っこ探検隊の時に先生と同じグループで、
二人でおしゃべりしているうちに今回の話が決まったんです。


それが子どもたちの学習のお役に立てたなら本当にうれしい限り。


しかし、同じく私としても、
子どもたちに活動のことを知ってもらえることで、
この先につながっていきそうでとてもありがたく思いました。



6年生さんたち、さっそくゆるキャラを考えてくれているようで、
今後の展開がまた楽しみです。


素敵な機会を作ってくださった吉岡先生に感謝。

ありがとうございます。

















by shinyanagi | 2019-07-04 12:04 | 牧区のこと | Comments(0)
新緑と青空。

寒くもなく暑くもなく心地よくて爽やかで。

5月って1年で一番気持ちのいい季節ですよねー


d0182179_16373368.jpg


昨日配達で行った牧区の高尾地区。

あちらこちらの田んぼで田植えの風景が見られました。

もう昨日は絶好の田植え日和でしたからね。




たまたま、
いつも親しくさせてもらっている太田さんに会って、

苗代(なわしろ)を見せてもらいました。


d0182179_16391061.jpg




3種類の苗を育てているそうで、

「こしいぶき」はもうだいぶ植えてあと残りこれくらいだそうです。

d0182179_16400218.jpg




あと、
「つきあかり」

d0182179_16405406.jpg




「コシヒカリ」はこれから植えるそうです。

d0182179_16413798.jpg




「太田さん写していい?」

って聞いたら、「だめー」ってことだったので。


遠くからこっそりと。

d0182179_16422351.jpg




彼は勤めを辞め、今は専業農家として頑張っていて、

一筋に打ち込んでいる姿はとても素晴らしくてかっこいいです。


田んぼはなんと120枚もあるとのことで。

田植えもまだまだこれからが本番だそうです。

太田さん、
美味しいお米作り頑張ってくださいね。





さて、


さわ菜をもらいましたよ。



d0182179_16435079.jpg




山菜の扱いに慣れているスタッフさんたちに皮をむいてもらって、



d0182179_16443188.jpg



その後、
さっそく茹でてもらいました。

d0182179_16451832.jpg

この鮮やかなグリーンがとてもきれいなんですよね。


サクサクでおいしかったです。








今、牧区はそこらじゅうでフジが花盛り。

私たちの目を楽しませてくれていますよ。



d0182179_16470172.jpeg



木々や草花が息づいている感じで、
5月やっぱり好きだなーと思うのでした。













by shinyanagi | 2019-05-20 20:27 | 牧区のこと | Comments(0)
牧中学校の1年生さんたちが届けてくれました。


d0182179_19412491.jpg



牧区をPRするためのしおりを作ったんだそうです。

d0182179_19415008.jpg

表は「牧っていいね」。

裏には牧区をPRする言葉がいろいろ入ってます。


元々牧中の生徒たちが考えたキャッチフレーズ
「牧っていいね」

牧区のPRワードとして、もう完全に定着しましたね。




しおりたくさんお預かりしました。

ぜひたくさんの皆様からお持ち帰りいただきたいと思ってます。








by shinyanagi | 2019-02-02 11:01 | 牧区のこと | Comments(0)
昨年に引き続き、
今年も小学校の授業で、稲作と鯉の放流の活動が行われることになりました。

今年は、牧小5年生だけでなく、
上越教育大学附属小学校4年2組の生徒さんたちも同じ活動をすることに。



先週、火曜日に牧小の子どもたちの田植え、
水曜日に附属小の子どもたちの田植えがそれぞれ行われました。


で、私は附属小の活動を見学してきました。


d0182179_20333385.jpg



靴を脱いで、

d0182179_20272988.jpg




いざ、田んぼの中へ。

d0182179_20264200.jpg







今年も雪太郎の郷さんにお世話になります。


苗の植え方を教わってますよ。

「苗をこれくらいに分けて、」

d0182179_20281582.jpg



「そうそう、そうやって植えるんだよ。」

d0182179_20290106.jpg




一旦教わると、
みんなすぐに把握してどんどん植えて行きます。


d0182179_20295405.jpg



しかし時々、
「間隔あけすぎだよ。この印のところに合わせて植えてって言ったでしょ。」
とか、
「遊んでないでどんどん植えて行かないと、次のラインに移れないよ!」
とか、
はっぱをかけられてましたけどね。

d0182179_20362011.jpg



d0182179_20352944.jpg





見てください。
長靴、どろんこ!!


d0182179_20343937.jpg


長靴だとずぶずぶの泥に足を取られて歩きにくいので、
返って脱いじゃったほうが動きやすいんだそうです。



よって、
長靴を脱ぎ捨てて、靴下で田んぼの中へ。


d0182179_20310327.jpg


うわ~!



・・・泥んこの靴下、撮らせてくれてありがとう。



しかし、靴下だけじゃなく体操着からなにからすべてが泥んこで。。。

こりゃ洗濯大変だわ~
と、ついついおうちの方への同情の気持ちでいっぱいになりました。


そういえば、
私も子どもたちの洗濯にはずいぶん苦労させられましたから・・・

泥んこになって自然と触れ合うってとても大切なこと。
ってわかってても、やっぱりね~










この日は空はどんよりで、時々雨が当たるようなお天気でしたが、
それでも大きな雨に降られることなく、無事田植えが終了しました。


d0182179_20324891.jpg




今度は苗が活着した頃にこの田んぼに鯉を放流しますよ。

その活動は6月の終わりころ、
牧小、附属小が一緒に行う予定です。





また報告しますね。





◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら











by shinyanagi | 2018-06-04 21:49 | 牧区のこと | Comments(0)
暖かい春の日差しが差し込むランチルームです。

d0182179_19344915.jpg


昨日は牧中学校の給食会にお邪魔して、
3年生の生徒さんたちと一緒に給食をいただいてきました。




私の席は、

d0182179_12413515.jpg


正面には、2年生の時新柳に職場体験に来てくれたあゆちゃん。
そして隣りは、私にとっては親戚の子でもあるまなちゃん。

元気な女の子たちに囲まれておしゃべりも弾みます。





さて、
メニューはカレーライスとミニオムレツ、ヒジキとナッツの入ったサラダでした。


d0182179_19372373.jpg

こんなふうに栄養バランスの取れた食事をいただけて、
普段、劣等生的食生活を送っている私としてはとてもありがたい!



今回もおいしくて楽しい給食をありがとうございました。



そして、
今回は、月曜日に卒業式を控えている3年生たちと一緒に食べる最後の給食でした。


この学年のみんなは、1年生の時から様々な行事等で一緒になることが多く、
個人的にもとても親しみを感じていたので、

彼ら彼女らの卒業となると、私もなんだか感慨深い思いになってしまいます。


明るくて素直でまっすぐで、
芯が強くて根性もあって。

3年生のみんなの将来が楽しみだし、
これからも応援し続けたいな~と改めて思ったのでした。


そうそう、
みんな、まずは受験頑張ってね!









と、
そんな3月のスタートでしたが、

いちはやく嬉しい春の便りも届きました。





d0182179_19374716.jpg


ふきのとうですよ。

お客様が届けてくれたんですが、今年初です!



d0182179_19380688.jpg


さっそく調理場で天ぷらにしてもらって、
春を味わいました。




もうすぐ春ですね。










◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら







by shinyanagi | 2018-03-02 13:55 | 牧区のこと | Comments(0)

子どもたちの勇気

本日の話題は、この写真にまつわるお話です。

d0182179_16593012.jpg


登下校で毎日新柳の前を通る小学校3年生の仲良し女の子2人組がいます。

昨日のこと。
その2人が下校途中にお店に入ってきました。

「どうしたの?」と聞くと。


ちょっとモジモジしながら、

「あの~歩いてる途中の道に穴が開いてて~」

「落ちたら危ないよねってなって~」

「でね、誰かに言おうってなって。」

「ねっ」「ねっ」ってお互い確認し合うようにしながら交互に話してくれます。


「誰に言う?ってなって~」

「郵便局とか、農協とかに入ろうと思ったけど、
なんかちょっと入るのこわいっていうか~」

「どうする?どうする?ってなって」


「そうだ。新柳行こうってなったんだよね~」

「ね~」



だそうです。


そうか、そうなんだね。

一生懸命伝えてくる彼女たちの様子がかわいらしく、
微笑ましく、いじましく。


「危ないから誰かに伝えなきゃ」という必死の思い。

どうしよう?どうしよう?って思いながら、
最終的に意を決してうちに飛び込んだその勇気。

彼女たちのこの行為、
絶対無にできないと思いました。


「じゃ、一緒に見に行こう。連れてってくれる?」
と、2人を伴って現地まで行ってみました。



たしかに!

側溝のふたのすぐ脇という、
とても危ない場所に大きな穴が開いていました。

そこに片足でも落としたら、
小さな子どもならもしかしたら水が流れる溝の中まで落ちてしまうかも。

新雪でもふわっと積もってたら穴自体に気づかずにその上に乗ってしまうかも・・・


「ホントに危ないね。よく教えてくれたね。」



新柳なら知ってる人いっぱいいるし、
だから新柳で言おうって決めたんだろうけど。

でも、それでも入る時はきっとドキドキだったんですよね。
それは、2人の表情から伝わってきました。

そりゃそうだ。
大人に何か伝えるってすごい勇気いりますよ。



じゃあこれから総合事務所に行って「危ない穴が開いてます。」って話しに行こう。


2人を連れて総合事務所へ。

そのドアを通る時もまたドキドキの表情で、
なんかもう!



さて、
今度は私が説明しました。

.......


窓口の人たち。
「よく教えてくれたね。ありがとう。見に行ってみるよ。」
と、彼女たちに声をかけてくれて。

その優しい大人たちの対応に2人も安堵の笑顔を浮かべました。



それが昨日の話です。


で、今日、その現場を通ったら、

この写真の通り。

三角コーンが置いてありました。

ま、当然のことですけど。


でも、今日の登校でこれを見つけたであろう2人。

その様子を想像して、思わずにんまりしてしまいました。


彼女たち、それはそれは嬉しかったでしょう。
自分たちの勇気ある行動の証ですもんね。

その清々しさ、気持ちの良さを知って、
これからもどんどんいろんなことに挑戦してほしいなーと思いました。


そして、そんなことに気付かせてあげるのは、
私たち大人の役目でもありますね。

だから後回しにすることなく、速攻で動いてくれた総合事務所さんの対応、
とても良かったです。


ということで、
子どもの少ない牧区ですが、
こんないい子たちがいるんです!他の子たちもきっとそうです。


と、
牧区の素直で優しい子どもたちをちょっと自慢したくなったお話でした。


あ、それと、
最終的に新柳を頼ってくれたっていうのが、実はとてもうれしい。

つまりは、
子どもたちが私たちを信頼してくれたってことで。

それについてもちょこっと自慢したくなって今日のブログを書きました。

少子高齢化。
ここで暮らす人がどんどん減っていく私たちの地域。

でも逆にそれが、顔見知りどうしで子どもたちのことも見守りやすい。

そんな悪くない一面があったんだ。
と改めて気づかされたできごとでした。















by shinyanagi | 2018-02-02 23:59 | 牧区のこと | Comments(0)

最近ご無沙汰だった大月の棚田。

今日の送迎ルートで久しぶりに通ったので、お客様をお送りした帰り道にちょっと寄ってきました。





ずーーっと遠くまで見渡せる、見下ろせるこの景色!
いつも見るたびにスカッと爽快な気分にさせてもらえるんですよね。

d0182179_21372794.jpg


さて、
毎年田植えの時にここに作られる稲文字ですが。

今年は何という字が描かれているのかまだチェックできていなかったので、
早く見に行きたいとずっと思っていたんですよね。


さてと。

棚田を見下ろせるところに車を停め、
ちょっとワクワクしながら覗き込みました。


d0182179_21461022.jpg

あ!
見えた。


「友」

ですね。

d0182179_21390749.jpg


そうか、今年は「友」なんだ。

シンプルだけど心が温かくなるような素敵な1字です。

素晴らしい選択だな~と感心してると・・・


あれ?
今年は隣りの田んぼにも何か絵のようなものが描かれてます。

d0182179_21342086.jpg

なんか丸が書かれてるけど何だかわからない。。。

でもまあ、
とりあえず写真撮っとこう。

と、わからないままスマホカメラに収め、お店に戻りました。


そして戻ってから改めて撮った写真を見直したら・・・

あ~なるほど!
これは、

d0182179_21410300.jpg

アンパンマンじゃないですか!


d0182179_21425442.jpg


かわいい!!
そして、とても上手!
完璧に描かれてますね~


しかし、本当にその場では何だかわからなかったんです。
とにかくなんか丸いものってことだけしか。


写真だとこんなにわかりやすいのに。。。

そんなこともあるんですね。




さて、
今年のこの稲文字とアンパンマンは、
これから稲の生長とともにどう変化していくんでしょうか。

時々チェックしに行こうと思います。



またブログでも報告しますね。









◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら
















by shinyanagi | 2017-06-14 23:20 | 牧区のこと | Comments(0)