上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi

カテゴリ:イベント( 171 )

初めての商談会報告

9月7日の商談会。

「うまさぎっしり新潟 食の大商談会 2018」


行ってきました。


d0182179_19443043.jpeg



今回、牧商工会の事業の中で、
どぶろく製造業者のお2人と一緒にブースを持たせてもらって、
初めて商談会というものに参加してきました。



会場は、池袋サンシャインシティ。



これは前日の設営風景です。

d0182179_16263570.jpg



途中、
レトルトカレー温め用に持ち込んだ鍋が、
現地で借りたIH電熱器では使えないことが発覚し、慌ててIH対応の鍋を買いに行ったり。

そんなハプニングもあったけれど、
準備は無事に終了しました。




さて、
その日の宿泊。

こんなゴージャスなお部屋だったんですよ。

d0182179_09443062.jpeg


36階。
それもツインルームを独り占め!


大都会の夜景が見渡せるなんともおしゃれでラグジュアリーな空間。

もう仕事で来たことを忘れてしまいそうでした。



しかし、

そんな素敵なお部屋にこんなものを持ち込みました。


d0182179_16264045.jpg

はい、炊飯器です。

カレー試食用のお米を、前の晩に仕掛けておくためです。

d0182179_16264626.jpg

で、
こんなおしゃれな洗面所でお米を研いだのでした~







翌朝、窓の外にスカイツリー見っけ!

d0182179_16265127.jpg

これはかなりの感動。


よし!
と気合を入れて商談会の会場へと向かいました。






私たちのブースは、「新潟の発酵」というコーナー。

d0182179_16262809.jpg




ブースのこっち側がどぶろく。
向こうがカレーです。

d0182179_16293397.jpg





今回、ものすごく急遽作成した「糀六華カレー」のパネル。

d0182179_16274801.jpg


商談会というものがまったく分かっていなくて、
非常に安易に構えていたのですが、

直前に、ブース内をそれっぽくにぎやかに!というアドバイスをもらって、
めちゃくちゃ慌てて作成しました。


パッケージデザインをお願いしているデザイナーさんと、
いつもお世話になっている制作会社さんの連係プレイによって、

東京へと向かう前日にぎりぎりセーフで間に合ったものです。




さあ、
商談会がスタートしました。


と、
それからはもう何がなんだか・・・


次から次へと来られるバイヤーさんとお話しすることで、
とにかくいっぱいいっぱいでした。




だから、
協力体制が万全でどれだけ助かったことか。




商工会の室長がたくさん声をかけてくれて、
PRしてくれました。


d0182179_16275427.jpg



商工会長は、
私がカレーの説明をしている間じゅうずっと、
試食の盛り付けを担当してくれました。

(背中しか写せなかったですが、
黙々とカレーをよそってくれています・・・)


d0182179_16281421.jpg


おかげで、
たくさんの方に試食していただけて、(多分150~160名くらい)
アドバイスもらったり、
名刺交換して次につなげられる足掛かりを作れたり。

商品が完成したら連絡が欲しい。
と言っていただけた方も数社いらっしゃいました。


まずは一つ経験したことによる気づきや出会いなど、
本当に収穫は大きかったと思います。






さてさて、
肩を並べて3人娘風になっていますが。

よろず相談で支援をしてもらっている2人の先生です。

d0182179_16293641.jpg

2人とも私にとってとても心強い存在!


当日もたくさん力を貸してくださいました。

もう感謝しかありません。




ということで、
必死の商談会、無事に終了しました。






それにしても。



おじ様たちとの移動は、常にビール、ビール、ビールで。



行きの新幹線の中からこんな感じ。

d0182179_16294108.jpg


お昼ご飯も。

d0182179_16345527.jpeg


そして、夜は居酒屋でかなりの大宴会。

d0182179_16304377.jpg


でも、
一緒に頑張るメンバーと飲む生ビール、最高です。


d0182179_18544755.jpeg




ということで。


ホント疲れました!


商談会は金曜日だったんですが、
土日はまーーったく疲れが抜けず、目の前の仕事だけをやっとこさこなし、

3日経って、本日やっと通常モードに戻れた感じです。



ですので、ここからはまた気合を入れて、
商談会で得たものをちゃんと整理し、課題を明確にして、
新たな次の一歩を踏み出したいと思います。















by shinyanagi | 2018-09-10 20:32 | イベント | Comments(2)

2018年の職場体験

職場体験活動の季節。

今年も中学生が5日間のお仕事体験にやって来ました。

d0182179_14180667.jpg




牧中2年生、りさちゃんです。

d0182179_14255797.jpg


お皿がたくさんあってビックリしましたー!
って言ってましたが、

「楽しいです」って言いながら、
せっせと大量のお皿拭きをしてくれました。



皿洗いの場所と食器棚のある所は離れているので、
拭き終わったお皿をそちらへと運んでくれているところ。


d0182179_14271787.jpg


お皿重いのに軽々!

たのもしいです。

そして、スラっとしているのがわかりますか?

とても背が高いんですよ。

バレー部のエースアタッカーだということで、
なるほど納得しました。



お皿の種類、かなりたくさんあるので、
食器棚のどこにしまったらいいかを探すのがまた大変。

d0182179_14280132.jpg


「この皿はここだよ。」って教わりながら食器棚に収めていました。

d0182179_14282942.jpg






調理場の仕事も体験してもらいました。

d0182179_14225492.jpg
真剣に聞いている表情がまたかわいらしいこと。



盛り付けのお仕事は・・・

d0182179_14243156.jpg



「授業より楽しいー!」

・・・って言ってました。




温泉掃除もしましたよ。

d0182179_14304125.jpg


冷たい水でお風呂掃除、気持ちいいね。


d0182179_14311022.jpg

実はりさちゃんのお父さんは新柳の温泉の常連さん。

次、ご入浴の時は、
娘の掃除したお風呂ということで、格別な思いで入ってもらえることでしょう~





先週はちょうどレトルトカレーの仕込みも始まって、
じゃがいもの皮むきまでやってもらっちゃいました。


d0182179_14292508.jpg

体験終了時に、
「どの仕事が一番きつかった?」と聞いたら、

「ジャガイモの皮むき」とのことで、、、、


みんなと一緒に黙々と皮むきしてくれたりさちゃんに、
改めて感謝の気持ちが湧いてきました。

りさちゃん、ありがとね。







みんなでお茶休憩。

d0182179_14314773.jpg

初日から特に緊張した様子も見せず、
大人たちの中にスッと溶け込んでいてビックリしましたが。


天真爛漫でのびのびとしていて、
りさちゃんはなかなかの大物かもしれません。


ちょっと天然な感じが私に似てるかも??





とにかく、
今年の職場体験も無事終了。


地域の中学生を受け入れるということは、
ここで交流したことによってできたご縁がこの先も続いていくということ。


もちろん、
「中学生が将来設計をする上での大事な経験」という目的の活動なのでしょうが、

地域の大人と子どもとのつながりができるという意味でも、
とても有意義なことだと思います。


人口減少が進む私たち地域においてのキーワード「地域活性化」。

そこに暮らす大人と子どもが手を取り合うことで、
いろんな地域活性活動が可能になると思うので。


来年度の職場体験もまた楽しみにしたいと思います。




※りさちゃんのご家族からは掲載許可をいただいています。




by shinyanagi | 2018-08-07 08:05 | イベント | Comments(0)

鯉を田んぼに放流

先月末、雪太郎の郷さんの田んぼで、
牧小5年生、附属小4年生の田植え活動がありました。

d0182179_20405204.jpg



その時のブログです。








それから3週間ほど経った今週月曜日。

両小学校の生徒さんたちが再び田んぼへとやって来ました。


d0182179_17173467.jpg



3週間前と比べて苗もこんなに背が高くなって、順調に生長している様子です。

d0182179_17170947.jpg




さて、今回の活動は。。。


d0182179_17175316.jpg


鯉の放流です。


d0182179_17171396.jpg



昨年、初の試みで田んぼに鯉を放流するという学習活動に、
牧小5年生たちが取り組みました。


田植えの後、鯉を水田に放して育て、
稲刈りの時に大きく成長したものを捕まえて食用にする。

これは昔、この地域の多くの農家で行われていたことだそうです。


鯉の役目は、
水田の中を泳ぎまわることで雑草を生えにくくしたり、
害虫を食べたりしてくれること。

そして、その役目を果たした後は食用となるのです。




昨年に引き続き、牧小5年生、
そして今年は附属小4年生も一緒に。

一連の体験を、現代の子どもたちがするわけです。




鯉は田んぼの中で成長を続けて、秋にはとても大きくなります。


そこで、どれくらい大きくなったかを検証するため、
放流前に体長を測っておくことにしました。


d0182179_09482201.jpeg

この子は小さくて9cmくらいかな。


今回放流するのは、昨年産まれた2年目の鯉だそうですが、
やっぱり人間と同じで大きいのや小さいのがいるんですね。

3匹ほど測ってみて、平均11cmというデータになりました。

秋には何センチくらいになっているかな~




ということで、

いよいよ放流です。



牧小の子どもたちは、校長先生から鯉の掴み方を教わって。

d0182179_21205895.jpeg


いざ!

d0182179_17332741.jpeg



みんな特になんの抵抗もなく鯉にさわれちゃうことにびっくり。

d0182179_17335954.jpeg



そして優しくつかむのがとても上手です。

d0182179_17341422.jpeg



そーーっと田んぼの中へ。

d0182179_17355663.jpeg



手から放すと、

d0182179_17362186.jpeg

田んぼの中へと泳いでいきました。





子どもたちがあまりにもスイスイと鯉を放していくのと、
昨年と違って今年は子どもたち自体が大勢いるので、

なんだかあっという間に放流タイムは終了してしまいました。




となると、もう遊ぶしかない!

d0182179_17384881.jpeg


おーい!ここまで入っちゃったよ。

d0182179_17391700.jpeg







こちらでは何だか楽しそうに会話が弾んでいました。

d0182179_21215601.jpeg


こういう交流っていいですよね。






最後は、田んぼの中に泳いで行った鯉たちに向かって、

「また会おうね。」
「大きくなれよ。」


d0182179_17394085.jpeg


それぞれが声をかけていました。








さて、今度は秋の稲刈りの時。

大きく成長した鯉たちと再会します。

d0182179_17403024.jpeg


私も楽しみです。









◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら






by shinyanagi | 2018-06-20 21:48 | イベント | Comments(0)
先週行われた牧っこ探検隊報告後編です。


前編から何日も間があいてしまいました。

実は、パソコンのブログ編集ページがおかしなことになってしまっていて、

入力している途中で突然画面が白くなり、
元に戻す指令を出すと、
今まで打ち込んでいたものが全て消えてしまうという事態になり、

その繰り返しに、さすがにやる気を失っていました。

が。
そんなことも言ってられないので、

今はスマホのアプリから入力しています。

でも、
パソコンと比べてとても入力しにくいので既に疲労感を感じております。


ま、
気を取り直して。



前編は、
高尾地区の琴毘沙神社で天然記念物の大ケヤキを見学し、

d0182179_19450489.jpg


棚広新田境の高台からの景色を眺め、

d0182179_21253086.jpeg



地域の方たちとの交流会場「伏兵(ふすべ)キャンプ場」へと向かいました。

d0182179_21292338.jpeg

というところまでが前編でした。




キャンプ場まではだいたい2キロくらいの行程ですが、

下って。

d0182179_15492960.jpg


上って。

d0182179_21410771.jpeg

と、かなりハードな山道コースです。



でも、
途中、歌を歌ったり、
わざと道無き道を歩いてみたり、
きれいな花をたくさん見つけたり、

何でも楽しむことに変えちゃう子どもたちの能力はさす
がだなーと感心しました。



これは、クワの実を見つけて、
高い枝を先生から引っ張ってもらって摘もうとしているところ。


d0182179_21321067.jpeg



ほら、これ美味しいよ。

d0182179_21402695.jpeg



私も!ぼくも!
と、クワの実大人気でした。


d0182179_21314963.jpeg



そんなことしながらとにかくみんな頑張った。

キャンプ場まであとちょっとです。

d0182179_14084120.jpg



到着!

1年生くんも最後まで歩き通しました。

d0182179_21334823.jpeg

よく頑張ったね。


さて、
キャンプ場にはため池があって、
メダカがたくさん生息しているとのこと。


d0182179_14103967.jpg


でもメダカ、
なかなか見つからない!

d0182179_14113078.jpg


その代わりタニシが!

d0182179_14115980.jpg

これは珍しい。

子どもの頃は田んぼの中でよく見た気がするけれど、
大人になってからは初めて見ました。


さてさて、
改めて高尾町内会の皆さんにご挨拶です。

d0182179_14133014.jpg



今日はよろしくお願いしまーす!

d0182179_14140515.jpg



お母さんたちが大きな鍋に豚汁を作ってくれていました。

d0182179_14145278.jpg



フタを開けてもらった途端、
すごい湯気といい匂い!

d0182179_14194206.jpg




美味しそうだよねー

d0182179_14433487.jpg


かなり具だくさんですよ。

d0182179_15041612.jpg


はい、どうぞ。

d0182179_18572985.jpg



ね、美味しそうでしょ?

d0182179_18591504.jpg


自分で握ってきたおにぎりとアツアツの豚汁で、
楽しい昼食タイムです♪

d0182179_19014166.jpg


豚汁が美味しすぎて、
おかわりする人続出でした。

中には4杯くらい食べてた男の子も。

ほんと美味しかった。
ごちそうさまでした!




ご飯の後は、
小中学生の進行による交流会が行われました。

すべて子どもたちが仕切ってくれるので、
私たちコーディネーターは完全にお任せ。

d0182179_19071498.jpg


ゲーム説明をしてくれる子。

d0182179_19055081.jpg


やり方実演をしてくれる子。

d0182179_19092780.jpg


みんなそれぞれの役割をきっちりと遂行していて、

事前の中学生リーダーたちの準備段取りが、きっと素晴らしかったんだろうと容易に想像できました。


地域の大人たちと小中学生がちゃんと交流できるように
よく考えられたゲームで、

気づいたら大人と子どもの距離が縮まって、とても和気藹々とした雰囲気に。

素晴らしい交流タイムとなりました。




ゲームの後はいつものよっちょれも披露してくれた子どもたち。

d0182179_19124762.jpg

d0182179_18481677.jpg


d0182179_19133304.jpg

相変わらず元気もらえました!


みんなで高尾小学校の校歌を合唱したりもして。

d0182179_19143191.jpg

d0182179_19333756.jpeg


最後の感想発表にて交流会は終了となりました。

d0182179_19163421.jpg

小学生の発表をさり気なくフォロー する中学生のお姉ちゃん。

こういう微笑ましい光景を見ることができるのも、
探検隊ならではなんですよね。



お別れの時です。

d0182179_19194267.jpg

一人一人と握手して。

バスへと乗り込みます。

d0182179_19221509.jpg



高尾町内会の皆さん、
お世話になりました。

d0182179_19243121.jpg




ということで、
今年の牧っこ探検隊、無事終了。







私は、今回高尾地区のコーディネーターを一緒に務めた横尾さんとツーショット写真を。
d0182179_10212929.jpg

たまたまお揃い牧Tだったので〜♪









by shinyanagi | 2018-06-17 22:11 | イベント | Comments(2)
年に一度の「牧っこ探検隊」

今年も先週の土曜日に実施されました。



保育園の年長さん、牧小学校、牧中学校の生徒たちが、
6チームの縦割り班に分かれて、牧区内を探検に出かける一大イベントです。






まずはコミュニティープラザ前に全員集合。

d0182179_12540957.jpg



私は、この探検隊のコーディネーターをさせてもらうようになって今年で3年目。

過去2回は深山荘のある白峰(しらふ)地区の担当だったのですが、
今回は、初の高尾地区に行かせてもらえることになりまして。

過去2年のものとは全く違う景色をブログに載せられる!
と張り切って参加してきました。





私たちは第4班。
メンバー全員マイクロバスに乗り込み、その高尾地区へと向かいました。


午前9時30分。

高尾の中心にある「琴毘沙(ことひさ)神社」に到着しました。


d0182179_19450489.jpg



境内にある大きなケヤキの木は、
上越市の指定文化財になっている天然記念物です。

d0182179_19473380.jpg



鳥居をくぐって境内へ。

なのですが・・・

「鳥居をくぐる前に注意点!」
と、待っていてくれた高尾町内会長の太田修二さん。

「真ん中は神様の通り道と言われているので、皆さんは端っこを歩いてください。」


d0182179_19532562.jpg



ということで、
みんな真ん中を避けて鳥居をくぐりました。



さて、改めてご挨拶。

町内会長と、長老の太田義一さんです。

d0182179_19541408.jpg




おはようございます。
よろしくお願いします!


d0182179_07204053.jpg



太田さんから、
高尾の歴史についてお話を聞かせてもらいました。


d0182179_19544491.jpg



子どもたち、一生懸命メモを取りながら聞いていました。

私にとっても興味深い話がたくさんだったので、
多分子どもたち以上に真剣にメモ取りしてたと思います、私。


例えば、

牧区内のあちらこちらで行われている小正月の行事「さいの神」がありますが、
高尾地区はやらないんだそうです。

それは、昭和6年に大火があって、
ここの氏神様は火が嫌いなんだと言われるようになったからなんだそうです。






続いて、
天然記念物である大ケヤキのお話。



と、

ここでクイズです。
と町内会長。


このケヤキの高さは何メートルでしょうか?
そして、幹まわりは何メートルでしょうか?


d0182179_20001993.jpg


木のそばに行って、
自分の身長が○○cmだから・・・自分が何人分くらいかな~?

とかいろいろ考えてますよ。

・・・・


正解発表は長老から。

高さは35m、幹まわりは7m50cmもあるんだそうです。




じゃ、
さすがに高さは無理だけど、
幹まわりをみんなで測定してみよう。


d0182179_20011963.jpg



7m55cmありました!

d0182179_21124310.jpeg

本当にこんなに太いんですね。







大ケヤキは樹齢800年って言われているんですよ。

でも、
私が子どもの頃から800年って言われているから、
今は樹齢880年くらいかな?

って長老、ニコニコしながら話してくれました。



d0182179_21151955.jpeg


この幹の飛び出してるところに子どもの頃よく座って遊んだもんだよ。

d0182179_21162376.jpeg



終始穏やかに微笑みながらゆっくりと丁寧に話してくれた太田さん。

長老の風格というか品というか・・・
そういうものをしっかりと感じさせてもらいました。



最後にみんなで記念撮影。

d0182179_21165130.jpeg


太田さん、ありがとうございました!





境内を出る時もちゃんと端っこを通りましたよ。

d0182179_21245899.jpeg



しかし、
長老はうっかり真ん中を通っていたのを私は見てしまった!


そういうところにまたさらに好感を持ってしまったんですけどね。







さて、
バスに乗り込んで、次は棚広新田境へ。


ここは牧区の中でも一番積雪の多い場所と言われていて、
多い時は5mを超える積雪記録を持っています。


d0182179_21253086.jpeg


標高が高くあたりを見渡せるので、眺望も最高にいいのですが、

この日は雲が厚くて、
遠くに見えるはずの妙高・火打・焼山、そして反対側の米山を見ることができず。

残念・・・

でも、こんな感じで、
ずーっと下まで広がる棚田を見渡すことができて、やっぱり素晴らしい眺望でした。

d0182179_21272274.jpeg


1年生くんも頑張ってますよ。
でもちょっと飽きちゃったかな??

d0182179_21281173.jpeg





この後は、
地域の方たちと交流する会場「伏兵(ふすべ)キャンプ場」へと向かいます。





d0182179_21292338.jpeg





後編にて報告します。













◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら







by shinyanagi | 2018-06-12 08:21 | イベント | Comments(0)
昨年の8月、
深山荘の多目的ルームからスタートしたヨガ教室。


果たして参加してくれる人はいるのだろうか?という不安から、
最初は友達や知り合いに「一度だけでいいからまず参加してみて」
とお願いしたりしていました。


でも、ふたを開けてみたら、
たくさんの方が一度きりで終わらず継続して来てくれて。

その後、
平日の夜(月2回)は新柳でも開講の展開となり、

そのまま冬の雪がひどい時も、
教室はずっと途絶えることなく開催され続けています。




そして、
昨日はまた牧区内の新たな場所でレッスンを開講してみました。


d0182179_14435305.jpg

牧コミュニティープラザです。

普段は剣道のチーム「剣友会」が練習している道場なので、
胴着とか道具がたくさん並んでいたり、賞状もたくさん掲げられていたり。

剣友会のみんな、
道場、使わせてもらったよ。








それにしても、
何回かで終わってしまうかもと思っていたヨガ教室。

まさかこんなに続くとは。



先生が、よく「無理なく自分のペースで。」と言ってくれるので、
なんか気負わず参加できるんですよね。



d0182179_14451936.jpg





募集チラシです。


牧でまじめなヨガクラス


そう!みんなまじめにヨガを楽しんでいますよ。


d0182179_00133553.jpg


d0182179_00141812.jpg


ここに書いてあるように、
特に「呼吸」なんて意識してやらないものじゃないですか。

でも、意識して呼吸しようとするとこれが意外と難しい。

だから一生懸命呼吸に集中しようとするんです。


身体を動かすのも、
先生の指示通りにやらなきゃって思うと、もうそれだけに集中するんです。


他のことを考えずに集中すると、
心が安定するというか、ものすごく落ち着くというか・・・

うまく言えないけど、
ヨガって身体の健康だけじゃなく、
心の健康にも本当に良い効果をもたらすんじゃないか。

とそんなことを実感しています。

ちょっとした気分転換にも持ってこいだし。


ぜひ、皆さんも、牧でまじめなヨガクラス「Yoga×牧」に参加してみませんか?



牧区以外の方も大歓迎。
現在通ってきているメンバーも牧区以外の方、何人もいらっしゃいます。




ご興味持ってくださった方。
まずはお気軽にお問い合わせくださいね!







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら







by shinyanagi | 2018-05-28 22:29 | イベント | Comments(0)
4月21~22日に行われた「春の養生リトリートin上越」

2日目。


今回ツアーの発起人&取りまとめ役のさきちゃん。

彼女はヨガ講師で、
2日目のスタートは、彼女の朝ヨガから始まりました。




d0182179_17534959.jpg




窓の外の新緑を眺めながら早朝7時からのヨガ。

って聞いただけでも健康的ですよね。

特に都会で生活している方には、
深山荘の大自然を眺めることだけでも心に良い効果がありそうです。




まさに心身ともに健康的な朝を迎えた、
都会から来たメンバーたちです。

d0182179_17521082.jpg



私はこの早朝ヨガには参加しなかったんですが、

実は前日、メンバー参集前に上越在住者向けレッスンを受講済み。


d0182179_12383641.jpg



彼女は千葉県の人なのですが、
お父さんが高田出身で、小さい頃からおじいちゃんおばあちゃんのところに遊びに来ているので、

上越にはとても親しみを持ってくれています。


初心者の私たちに向けて、
リラックスできる雰囲気を上手に作ってくれて、
最初から和気あいあいとした中での気持ちのいいレッスンでした。


やっぱり呼吸を意識して身体を動かすと心も喜ぶというか、
ヨガって心身ともにいいんだな~と改めて感じました。




もちろん、深山荘の多目的ルームでレッスンを受けましたよ。

d0182179_18405309.jpeg

それにしてもこうやって写真を見ると、

深山荘の多目的ルームは、新しくて明るくて広くて清潔でおまけに眺めもよくて。
ほんといろいろと利用価値のある場所ですよ。


なのに、現状はほとんど使われていません・・・

とてももったいないので、
皆様からご利用いただくのを切望いたします!!

どうぞよろしくお願いいたします。



と、
ちょっと脱線しました・・・





朝ヨガ後の朝食、
美味しく召し上がってもらえたでしょうか。


d0182179_16542930.jpeg







朝食後、私も合流。

やはり今回のメンバーが講師を務める、
「漢方と春の養生」というテーマの勉強会です。


d0182179_16354312.jpg



講師を務めてくれた小林良子(りょうこ)ちゃん。


d0182179_16361697.jpg


「養生」とは、心身の健康に向かって生命力を高めていくこと。

「漢方的養生」とは、自然に従いながら心身ともに養うこと。

養生にはいろいろな方法がある中で、今回は「食養生」について教えてもらいました。

「食養生」の基本は、
旬のものを食べる、生まれ育った土地のものを食べることなんだそうです。


今の季節の食養生➝この土地の春の食べ物
ということで、

彼女からは事前に、
「地元の山菜や食に詳しい方から話を聴きたい」というリクエストをもらっていました。


で、私が白羽の矢を立てたのは、よもぎの会の小林良子(よしこ)さん。

そのオファーに快く応えてくれて、
2人の小林良子さんによるセミナーが実現しました。



よしこさんは、
深山荘の周りからフキとヨモギを取ってきて並べてくれたりして。

d0182179_18010469.jpg

上越牧でのセミナーならではの演出!




会場はヨガと同じ多目的ルーム。


d0182179_16350205.jpg

何度も言いますが、こういうセミナーにも向いているお部屋なんですよ。




りょうこちゃんが用意してくれたヨモギ茶と、
よしこさんが持ってきてくれた「よもぎだんご」をいただきながら、

2人それぞれから「食」についてのお話を聞くことができて、
とてもためになりました。


d0182179_17583737.jpg


色々な話を聞けたけど。

まとめると、
その季節にその土地で取れるものを食べることが、心と体の健康には一番!
だそうですよ。






ママと一緒に参加の姫様。
見てください、この真剣な表情。


d0182179_18001884.jpg

よもごだんご、おいしかったね。







ということで、

土曜日の午後に上越妙高駅に集まってから24時間という時間の中で、
いろいろ盛りだくさんに詰め込まれた充実のツアー。

このセミナーをもって無事に終了いたしました。




最後、深山荘出発の際、
お土産コーナーで、みんな珍しいこのタケノコをお買い上げしてくれました。

d0182179_19060242.jpg


なので、
山菜料理ならおまかせの調理場の太田さんを呼んできて、
皮のむき方から切り方食べ方を伝授してもらいました。


d0182179_18024293.jpg



d0182179_18034195.jpg


みんな自宅に戻って美味しいタケノコ料理作れたかな。



ちなみに、
やっぱりタケノコは味噌汁にするのが最高の食べ方ですよね。

d0182179_15550569.jpg

この写真は、
みんなを上越妙高駅に送った後、私が食べた昼食です。


まかないのタケノコ汁、おいしい~!
と私もほっと一息つきました。




さて、

ツアー名の「リトリート」にはこんな意味があるそうです。

仕事や家庭生活等の日常生活から一旦切り離し、
自分と向き合う時間や新しい体験を新しい場所でする事で思考の転換を行い、
”よりハッピーに人生を再スタート”



深山荘に泊まり込みでヨガやセミナー、観光も。
と、まさに今回の企画は「リトリート」そのもの。


私もたくさん刺激をもらった「春の養生リトリートin上越」でした。







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら











by shinyanagi | 2018-05-06 22:47 | イベント | Comments(0)

「春の養生リトリートin上越」

春日山観光を終えた後は、一路「深山荘」へ。


到着した時はちょうど夕暮れ時で、西の空がきれいなオレンジ色。

d0182179_17472563.jpg



お泊まりのお部屋の窓からもよく見えます。


d0182179_17464788.jpg
(チェックイン後の女子のお部屋の写真を拝借しました)




さて、夕食前のひと時。
多目的ルームに集合して、ちょっとお勉強です。


d0182179_13140111.jpg

TCS認定コーチ/MCSマザーズティーチャーの資格を持つのりちゃんから、
「コーチングとは」についてレクチャーしてもらいました。


コーチングとは、
対話により相手の自己実現や目標達成をサポートするコミュニケーション技術。

もともと「コーチ」の語源は「馬車」という言葉で、
相手を目的地へ運ぶ技術ということで「コーチング」という言葉が生まれたそうです。



実は私も同じ資格を昨年取得しました。

私も今後開講していこうと思っているので、
彼女の話で実践のイメージが湧いてきて、とてもためになりました。



と、
ただの旅行じゃなく、
「学び」があるのがちゅうつねスタイルです。





2歳のお嬢さんと一緒に滋賀から来てくれたのりちゃん。

d0182179_16521060.jpeg

レクチャーありがとう。
お疲れさまでした。








夕食タイムです。


d0182179_16535272.jpeg



生ビールで乾杯!

d0182179_17481713.jpg


もちろん、
どぶろくや岩の原ワインなど、おいしい地酒も飲んでいただきましたよ。




そして最後に、普段はお出ししていないんですが、
米粉チーズケーキを食べてもらいました。

d0182179_17510349.jpg


今回のメンバーから「米粉チーズケーキ食べてみたい」って言ってもらっていて、
もうそれが嬉しくて、

「みなさん!米粉のチーズケーキでーす!」
とわざわざ注目を集めてから出させていただきました。



そして、さらにちゃっかりと、
「SNSに投稿してもらえませんか?」ってPRをお願いするという・・・

ちゅうつねメンバーは発信力がありますからね。



そしたら、
みんなさっそくFacebookやインスタに投稿してくれました!

d0182179_16304490.jpg


「米どころ新潟の米粉チーズケーキ」なんて、
キャッチコピーとして使えそうなコメントまでつけてもらったりして。

もうみんなに感謝感謝です。







翌日も早朝から盛りだくさんの「春の養生リトリートin上越」

また次のブログに続きます。









◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら




by shinyanagi | 2018-05-02 09:08 | イベント | Comments(0)
オンラインサロン「ちゅうつねカレッジ」有志メンバーによる
「春の養生リトリートin上越」



先週末実施されたこのツアーで、
関東・関西から、8名とお子さん2名の計10名が上越にやって来てくれました。

d0182179_21331144.jpeg




土曜日のお昼過ぎ、
参加者が上越妙高駅に集結し、

ツアースタートです。


d0182179_19051169.jpg



私は運転手。

d0182179_19060666.jpg





さて、
まずは昼食です。



美味しい手打ちそばが食べれる、
ふるさと村「木草庵」へお連れしました。



d0182179_19102241.jpg

藁葺き屋根の建物は昔の庄屋さんの家なんです。




部屋の中は昔の造りそのままの広いお座敷。


d0182179_19105239.jpg

この空間でのお食事で、
のどかな田舎の雰囲気も楽しんでもらえたかな。




天ざるです。

天ぷらのメインはコシアブラ、ウドなどの山菜!
小皿にはコゴミ。

d0182179_19111950.jpg


都会でも山菜は食べれると思いますが、
とれたてで新鮮な旬の山菜は、絶対ここじゃなきゃ食べれませんよね。











昼食後は、春日山へ向かいました。


まずは埋蔵文化財センターへ、この人に会いに。


上杉謙信公。

d0182179_19340807.jpg


そして、
この人にも会いに。


いつも何かとお世話になっている、
越後上杉おもてなし武将隊の足軽、十吾郎さんです。


d0182179_19360354.jpg


当時の春日山一帯の説明や、教科書には載っていないような裏話的な話などを、
わかりやすく、おもしろおかしく説明してくれて、

みんな「へー」「なるほど」と話に耳を傾けていました。



d0182179_20471515.jpg

しかし、
いつも響き渡るような大きな声で、
元気いっぱいに話してくれる十吾郎さんですが、

この日は少々テンション抑え気味・・・



実は、
2歳の彼女たちが、ちょっと変わったいでたちの十吾郎さんにおびえちゃって。

d0182179_21103147.jpg


「姫たちを怖がらせちゃいけないと思って、いつもより抑えておりまする。」
って言ってました。







最後に
エイエイオー!の雄たけびでパチリ。

d0182179_18535455.jpg

いい写真撮れました。

おもてなし武将隊の皆さん、ありがとうございました。






ということで。

十吾郎さんの説明で予備知識を身に着けて、
いざ林泉寺へ。


d0182179_20475505.jpg




有名な「第一義」が掲げられた山門

d0182179_20541920.jpg



その奥には林泉寺です。

d0182179_20574505.jpg


謙信のお墓もあります。

d0182179_21001019.jpg






背の高い杉林が青空に映えていて、
何とも言えず清々しかったです。


d0182179_20484862.jpg




続いて、春日山神社へ。

神社へと上る石段は全部で136段あるそうで、
その136って人間の持っている厄の数と同じなんだそうです。


すなわち、
この136段の石段を上ると厄落としができると言われているそうですよ。
(十吾郎さんからの予備知識。)

d0182179_21005324.jpg


急な石段をみんなスイスイとあっという間に登り切っちゃって。



d0182179_21114467.jpg

厄落とし完了ですね。




神社の境内ってやっぱり空気が違う気がする。

d0182179_13094096.jpg



そして、ここにも謙信の像が。




d0182179_21120782.jpg



眼下に広がる景色を見下ろしていました。

d0182179_21122962.jpg





春日山観光を終えて、
このあと泊まっていただく深山荘へ向かいます。


続きは次のブログで。










◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら








by shinyanagi | 2018-04-29 22:34 | イベント | Comments(0)
今日で3月は終わり。

ついこの間、新しい年になったばかりだと思ったのに、
もう3か月経っちゃったんですね。
もう1年の4分の1は終わっちゃうんですよね。

とか、
あちらこちらの会話の中でよく耳にする今日この頃。

そして実際、
ここ数日は、私もお客様と話すときに何度もそのような言葉を発しています。


そうです。
もう4月ですよ。


どうしてこうも月日の流れは早いんでしょうね。






なーんにもしないまま4月になっちゃった・・・
とため息。


そんな方もいらっしゃるでしょうか?


そんな方!
ヨガやってみませんか?




ということで、

春から始めるヨガのお誘いです。




冬期間お休みしていた深山荘のヨガ教室。

4月から再開いたします!


【深山荘のヨガ教室】

月1回、毎月第2日曜日の10:00~11:30に開催。


大自然の中で気持ちよーく身体を動かしてみませんか?




そして、通年で開催している【新柳ヨガ教室】

今まで通り月2回、第1.第3月曜日の18:30~20:00。

お仕事帰りにいかがですか?






先生が作ってくれた新しいチラシ。
心和む素敵なのができました!




d0182179_18134723.jpg








このチラシにも書いてあるように、

基本的な動きが中心で、愉しむことを大切にした頑張りすぎない内容なので、
初めての方でも全然大丈夫ですよ。


興味を持ってくださった方、まずはお気軽にご参加を!

皆様のお申込み、いつでもお待ちしています。







◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら









by shinyanagi | 2018-03-31 23:36 | イベント | Comments(0)