上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

うみがたりオープン

上越市立水族博物館「うみがたり」

6月26日にグランドオープンしましたね!


d0182179_19061393.jpg




今日の上越タイムスの1面はもちろん「うみがたり」

d0182179_18164992.jpeg

”待ってたよ「うみがたり」”



うんうん。
私もめちゃくちゃ待ってた。



昔の水族館をすべて撤去して、新しく建てられた「うみがたり」。


横浜八景島シーパラダイスの運営会社が管理運営するということもあって、
個人的にも新水族館のオープンをとても楽しみにしていました。




実は、
先日、グランドオープンに先駆けての内覧会に行かせていただきました。






新水族館「うみがたり」です。


d0182179_19072778.jpg






ここが話題のスポット、
「日本海テラス」。


d0182179_19100782.jpg


大きな水槽と、
その先に見える日本海。

それが一体になって見えるつくりになっていて、
ものすごい開放感です。

その雄大な大海原を眺めていたらなんか胸がいっぱいになりました。

夕日の沈むころに見たらまたきっとすごい感動があるんだろうと思います。






「シロイルカレクチャー」

d0182179_19130731.jpg

この水槽には新潟県内初というシロイルカが2頭いて、
シロイルカの生態などを説明してもらいました。

かわいい芸も披露してもらいましたよ。

(見てのお楽しみに!)




館内の大水槽も、様々な魚たちが泳いでいて本当に素晴らしかったですが、


d0182179_19170022.jpg



中でも、イワシが大群で群れを成して泳ぐ様は感動の美しさでした。


d0182179_19172667.jpg




マゼランペンギンミュージアム。

d0182179_19234348.jpg
d0182179_19325486.jpg


d0182179_19295999.jpg

かわいらしいペンギンたち。
とにかくたくさんいました!


飼育数は世界一を誇るんだそうです。

ペンギンたちがかわいらしすぎて、
もう何時間でも眺めていられそうでした。






最後に、
これホント楽しかった!


d0182179_19303596.jpg


イルカたちの「ドルフィンパフォーマンス」

水上に飛びあがるジャンプの応酬は圧巻です。

あと、音楽に合わせて首を振ったりする姿がほんと可愛かった~







レストランやギフトショップもおしゃれでセンス良く、
「ここ、本当に上越?」って思ってしまったりして。。。






上越市立水族博物館「うみがたり」

本当にステキな場所でした。


市外からもたくさんのお客様にお越しいただいて、
活性化の起爆剤になってほしいと願います。

私もまた何度でも通いたい!






◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら








by shinyanagi | 2018-06-27 20:02 | その他 | Comments(0)

花に癒される。

少し前なんですが、
見附にあるイングリッシュガーデンに連れて行ってもらいまして。


きれいな花や草木にもうテンション上がりまくり、
そしてめちゃくちゃ癒されてきました。



もちろん写真もかなり撮りました。


で、
せっかくたくさん撮ったので、
今日は「花写真ブログ」でいこうと思います。



d0182179_20034853.jpg







ボーダーガーデンというやつでしょうか?


一歩踏み込むと、
通路の両脇には、色とりどり様々な花や草木が咲き乱れていて、

最初からもうテンションMAX状態。






d0182179_18523838.jpg



d0182179_18533029.jpg




d0182179_18555044.jpg


敷地がとても広大で、

d0182179_16464665.jpg





d0182179_16455828.jpg






バラのアーチやパーゴラなどがあっちにもこっちにも。





d0182179_20350217.jpg



d0182179_20353830.jpg




d0182179_16424433.jpg





d0182179_20332552.jpg



バラはちょうど満開を迎えていたこともあって、

もう見事!
としか言いようがありません。





d0182179_20341065.jpg




d0182179_20265783.jpg


パーゴラをくぐってる友達です。

d0182179_14251509.jpg





とにかく。

様々、色とりどりな花が咲き乱れていて!


しかし、
名前がわからない花が多いです・・・


なので、
ただただ写真だけを羅列していきます。


d0182179_20273472.jpg





d0182179_20285129.jpg




d0182179_20294825.jpg


d0182179_20301492.jpg



d0182179_20303966.jpg







d0182179_20322890.jpg





d0182179_20360591.jpg




d0182179_20370701.jpg




d0182179_20374146.jpg




d0182179_20381092.jpg





寄せ植えもボリュームがあって見応え満点。

自分で寄せ植えする時の参考にしようっと!
と、これまた写真を撮りまくりました。

d0182179_20400201.jpg




d0182179_20405178.jpg




d0182179_20412266.jpg



d0182179_20233836.jpg



d0182179_20280713.jpg




d0182179_18491115.jpg





敷地内には、
カフェもあって。

d0182179_20433141.jpg



中はこんなに素敵な空間。

d0182179_20444089.jpg



なので、ちょっとおしゃれ気分になって、

バラのレモネードっていうのをオーダーしてみました。

d0182179_20465483.jpg



レモンスライスと氷が入ったグラスに、
バラの花びらが散りばめられたシロップを注いで。


d0182179_16522983.jpg




ローズレモネード完成♪

d0182179_20473364.jpg


バラの花びらとハーブの葉がグラスの中でキラキラしていて、
もうめちゃくちゃ私好みでした。




ここ、
高速のインターからもすぐで、とても行きやすい場所だったので、
今度は一人でふらっと来ちゃおうかな。






サイトはこちらです。






みつけイングリッシュガーデン。
ぜひチェックしてみてくださ~い!










by shinyanagi | 2018-06-24 20:37 | オフ | Comments(0)

鯉を田んぼに放流

先月末、雪太郎の郷さんの田んぼで、
牧小5年生、附属小4年生の田植え活動がありました。

d0182179_20405204.jpg



その時のブログです。








それから3週間ほど経った今週月曜日。

両小学校の生徒さんたちが再び田んぼへとやって来ました。


d0182179_17173467.jpg



3週間前と比べて苗もこんなに背が高くなって、順調に生長している様子です。

d0182179_17170947.jpg




さて、今回の活動は。。。


d0182179_17175316.jpg


鯉の放流です。


d0182179_17171396.jpg



昨年、初の試みで田んぼに鯉を放流するという学習活動に、
牧小5年生たちが取り組みました。


田植えの後、鯉を水田に放して育て、
稲刈りの時に大きく成長したものを捕まえて食用にする。

これは昔、この地域の多くの農家で行われていたことだそうです。


鯉の役目は、
水田の中を泳ぎまわることで雑草を生えにくくしたり、
害虫を食べたりしてくれること。

そして、その役目を果たした後は食用となるのです。




昨年に引き続き、牧小5年生、
そして今年は附属小4年生も一緒に。

一連の体験を、現代の子どもたちがするわけです。




鯉は田んぼの中で成長を続けて、秋にはとても大きくなります。


そこで、どれくらい大きくなったかを検証するため、
放流前に体長を測っておくことにしました。


d0182179_09482201.jpeg

この子は小さくて9cmくらいかな。


今回放流するのは、昨年産まれた2年目の鯉だそうですが、
やっぱり人間と同じで大きいのや小さいのがいるんですね。

3匹ほど測ってみて、平均11cmというデータになりました。

秋には何センチくらいになっているかな~




ということで、

いよいよ放流です。



牧小の子どもたちは、校長先生から鯉の掴み方を教わって。

d0182179_21205895.jpeg


いざ!

d0182179_17332741.jpeg



みんな特になんの抵抗もなく鯉にさわれちゃうことにびっくり。

d0182179_17335954.jpeg



そして優しくつかむのがとても上手です。

d0182179_17341422.jpeg



そーーっと田んぼの中へ。

d0182179_17355663.jpeg



手から放すと、

d0182179_17362186.jpeg

田んぼの中へと泳いでいきました。





子どもたちがあまりにもスイスイと鯉を放していくのと、
昨年と違って今年は子どもたち自体が大勢いるので、

なんだかあっという間に放流タイムは終了してしまいました。




となると、もう遊ぶしかない!

d0182179_17384881.jpeg


おーい!ここまで入っちゃったよ。

d0182179_17391700.jpeg







こちらでは何だか楽しそうに会話が弾んでいました。

d0182179_21215601.jpeg


こういう交流っていいですよね。






最後は、田んぼの中に泳いで行った鯉たちに向かって、

「また会おうね。」
「大きくなれよ。」


d0182179_17394085.jpeg


それぞれが声をかけていました。








さて、今度は秋の稲刈りの時。

大きく成長した鯉たちと再会します。

d0182179_17403024.jpeg


私も楽しみです。









◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら






by shinyanagi | 2018-06-20 21:48 | イベント | Comments(0)
先週行われた牧っこ探検隊報告後編です。


前編から何日も間があいてしまいました。

実は、パソコンのブログ編集ページがおかしなことになってしまっていて、

入力している途中で突然画面が白くなり、
元に戻す指令を出すと、
今まで打ち込んでいたものが全て消えてしまうという事態になり、

その繰り返しに、さすがにやる気を失っていました。

が。
そんなことも言ってられないので、

今はスマホのアプリから入力しています。

でも、
パソコンと比べてとても入力しにくいので既に疲労感を感じております。


ま、
気を取り直して。



前編は、
高尾地区の琴毘沙神社で天然記念物の大ケヤキを見学し、

d0182179_19450489.jpg


棚広新田境の高台からの景色を眺め、

d0182179_21253086.jpeg



地域の方たちとの交流会場「伏兵(ふすべ)キャンプ場」へと向かいました。

d0182179_21292338.jpeg

というところまでが前編でした。




キャンプ場まではだいたい2キロくらいの行程ですが、

下って。

d0182179_15492960.jpg


上って。

d0182179_21410771.jpeg

と、かなりハードな山道コースです。



でも、
途中、歌を歌ったり、
わざと道無き道を歩いてみたり、
きれいな花をたくさん見つけたり、

何でも楽しむことに変えちゃう子どもたちの能力はさす
がだなーと感心しました。



これは、クワの実を見つけて、
高い枝を先生から引っ張ってもらって摘もうとしているところ。


d0182179_21321067.jpeg



ほら、これ美味しいよ。

d0182179_21402695.jpeg



私も!ぼくも!
と、クワの実大人気でした。


d0182179_21314963.jpeg



そんなことしながらとにかくみんな頑張った。

キャンプ場まであとちょっとです。

d0182179_14084120.jpg



到着!

1年生くんも最後まで歩き通しました。

d0182179_21334823.jpeg

よく頑張ったね。


さて、
キャンプ場にはため池があって、
メダカがたくさん生息しているとのこと。


d0182179_14103967.jpg


でもメダカ、
なかなか見つからない!

d0182179_14113078.jpg


その代わりタニシが!

d0182179_14115980.jpg

これは珍しい。

子どもの頃は田んぼの中でよく見た気がするけれど、
大人になってからは初めて見ました。


さてさて、
改めて高尾町内会の皆さんにご挨拶です。

d0182179_14133014.jpg



今日はよろしくお願いしまーす!

d0182179_14140515.jpg



お母さんたちが大きな鍋に豚汁を作ってくれていました。

d0182179_14145278.jpg



フタを開けてもらった途端、
すごい湯気といい匂い!

d0182179_14194206.jpg




美味しそうだよねー

d0182179_14433487.jpg


かなり具だくさんですよ。

d0182179_15041612.jpg


はい、どうぞ。

d0182179_18572985.jpg



ね、美味しそうでしょ?

d0182179_18591504.jpg


自分で握ってきたおにぎりとアツアツの豚汁で、
楽しい昼食タイムです♪

d0182179_19014166.jpg


豚汁が美味しすぎて、
おかわりする人続出でした。

中には4杯くらい食べてた男の子も。

ほんと美味しかった。
ごちそうさまでした!




ご飯の後は、
小中学生の進行による交流会が行われました。

すべて子どもたちが仕切ってくれるので、
私たちコーディネーターは完全にお任せ。

d0182179_19071498.jpg


ゲーム説明をしてくれる子。

d0182179_19055081.jpg


やり方実演をしてくれる子。

d0182179_19092780.jpg


みんなそれぞれの役割をきっちりと遂行していて、

事前の中学生リーダーたちの準備段取りが、きっと素晴らしかったんだろうと容易に想像できました。


地域の大人たちと小中学生がちゃんと交流できるように
よく考えられたゲームで、

気づいたら大人と子どもの距離が縮まって、とても和気藹々とした雰囲気に。

素晴らしい交流タイムとなりました。




ゲームの後はいつものよっちょれも披露してくれた子どもたち。

d0182179_19124762.jpg

d0182179_18481677.jpg


d0182179_19133304.jpg

相変わらず元気もらえました!


みんなで高尾小学校の校歌を合唱したりもして。

d0182179_19143191.jpg

d0182179_19333756.jpeg


最後の感想発表にて交流会は終了となりました。

d0182179_19163421.jpg

小学生の発表をさり気なくフォロー する中学生のお姉ちゃん。

こういう微笑ましい光景を見ることができるのも、
探検隊ならではなんですよね。



お別れの時です。

d0182179_19194267.jpg

一人一人と握手して。

バスへと乗り込みます。

d0182179_19221509.jpg



高尾町内会の皆さん、
お世話になりました。

d0182179_19243121.jpg




ということで、
今年の牧っこ探検隊、無事終了。







私は、今回高尾地区のコーディネーターを一緒に務めた横尾さんとツーショット写真を。
d0182179_10212929.jpg

たまたまお揃い牧Tだったので〜♪









by shinyanagi | 2018-06-17 22:11 | イベント | Comments(2)
年に一度の「牧っこ探検隊」

今年も先週の土曜日に実施されました。



保育園の年長さん、牧小学校、牧中学校の生徒たちが、
6チームの縦割り班に分かれて、牧区内を探検に出かける一大イベントです。






まずはコミュニティープラザ前に全員集合。

d0182179_12540957.jpg



私は、この探検隊のコーディネーターをさせてもらうようになって今年で3年目。

過去2回は深山荘のある白峰(しらふ)地区の担当だったのですが、
今回は、初の高尾地区に行かせてもらえることになりまして。

過去2年のものとは全く違う景色をブログに載せられる!
と張り切って参加してきました。





私たちは第4班。
メンバー全員マイクロバスに乗り込み、その高尾地区へと向かいました。


午前9時30分。

高尾の中心にある「琴毘沙(ことひさ)神社」に到着しました。


d0182179_19450489.jpg



境内にある大きなケヤキの木は、
上越市の指定文化財になっている天然記念物です。

d0182179_19473380.jpg



鳥居をくぐって境内へ。

なのですが・・・

「鳥居をくぐる前に注意点!」
と、待っていてくれた高尾町内会長の太田修二さん。

「真ん中は神様の通り道と言われているので、皆さんは端っこを歩いてください。」


d0182179_19532562.jpg



ということで、
みんな真ん中を避けて鳥居をくぐりました。



さて、改めてご挨拶。

町内会長と、長老の太田義一さんです。

d0182179_19541408.jpg




おはようございます。
よろしくお願いします!


d0182179_07204053.jpg



太田さんから、
高尾の歴史についてお話を聞かせてもらいました。


d0182179_19544491.jpg



子どもたち、一生懸命メモを取りながら聞いていました。

私にとっても興味深い話がたくさんだったので、
多分子どもたち以上に真剣にメモ取りしてたと思います、私。


例えば、

牧区内のあちらこちらで行われている小正月の行事「さいの神」がありますが、
高尾地区はやらないんだそうです。

それは、昭和6年に大火があって、
ここの氏神様は火が嫌いなんだと言われるようになったからなんだそうです。






続いて、
天然記念物である大ケヤキのお話。



と、

ここでクイズです。
と町内会長。


このケヤキの高さは何メートルでしょうか?
そして、幹まわりは何メートルでしょうか?


d0182179_20001993.jpg


木のそばに行って、
自分の身長が○○cmだから・・・自分が何人分くらいかな~?

とかいろいろ考えてますよ。

・・・・


正解発表は長老から。

高さは35m、幹まわりは7m50cmもあるんだそうです。




じゃ、
さすがに高さは無理だけど、
幹まわりをみんなで測定してみよう。


d0182179_20011963.jpg



7m55cmありました!

d0182179_21124310.jpeg

本当にこんなに太いんですね。







大ケヤキは樹齢800年って言われているんですよ。

でも、
私が子どもの頃から800年って言われているから、
今は樹齢880年くらいかな?

って長老、ニコニコしながら話してくれました。



d0182179_21151955.jpeg


この幹の飛び出してるところに子どもの頃よく座って遊んだもんだよ。

d0182179_21162376.jpeg



終始穏やかに微笑みながらゆっくりと丁寧に話してくれた太田さん。

長老の風格というか品というか・・・
そういうものをしっかりと感じさせてもらいました。



最後にみんなで記念撮影。

d0182179_21165130.jpeg


太田さん、ありがとうございました!





境内を出る時もちゃんと端っこを通りましたよ。

d0182179_21245899.jpeg



しかし、
長老はうっかり真ん中を通っていたのを私は見てしまった!


そういうところにまたさらに好感を持ってしまったんですけどね。







さて、
バスに乗り込んで、次は棚広新田境へ。


ここは牧区の中でも一番積雪の多い場所と言われていて、
多い時は5mを超える積雪記録を持っています。


d0182179_21253086.jpeg


標高が高くあたりを見渡せるので、眺望も最高にいいのですが、

この日は雲が厚くて、
遠くに見えるはずの妙高・火打・焼山、そして反対側の米山を見ることができず。

残念・・・

でも、こんな感じで、
ずーっと下まで広がる棚田を見渡すことができて、やっぱり素晴らしい眺望でした。

d0182179_21272274.jpeg


1年生くんも頑張ってますよ。
でもちょっと飽きちゃったかな??

d0182179_21281173.jpeg





この後は、
地域の方たちと交流する会場「伏兵(ふすべ)キャンプ場」へと向かいます。





d0182179_21292338.jpeg





後編にて報告します。













◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら







by shinyanagi | 2018-06-12 08:21 | イベント | Comments(0)
昨年に引き続き、
今年も小学校の授業で、稲作と鯉の放流の活動が行われることになりました。

今年は、牧小5年生だけでなく、
上越教育大学附属小学校4年2組の生徒さんたちも同じ活動をすることに。



先週、火曜日に牧小の子どもたちの田植え、
水曜日に附属小の子どもたちの田植えがそれぞれ行われました。


で、私は附属小の活動を見学してきました。


d0182179_20333385.jpg



靴を脱いで、

d0182179_20272988.jpg




いざ、田んぼの中へ。

d0182179_20264200.jpg







今年も雪太郎の郷さんにお世話になります。


苗の植え方を教わってますよ。

「苗をこれくらいに分けて、」

d0182179_20281582.jpg



「そうそう、そうやって植えるんだよ。」

d0182179_20290106.jpg




一旦教わると、
みんなすぐに把握してどんどん植えて行きます。


d0182179_20295405.jpg



しかし時々、
「間隔あけすぎだよ。この印のところに合わせて植えてって言ったでしょ。」
とか、
「遊んでないでどんどん植えて行かないと、次のラインに移れないよ!」
とか、
はっぱをかけられてましたけどね。

d0182179_20362011.jpg



d0182179_20352944.jpg





見てください。
長靴、どろんこ!!


d0182179_20343937.jpg


長靴だとずぶずぶの泥に足を取られて歩きにくいので、
返って脱いじゃったほうが動きやすいんだそうです。



よって、
長靴を脱ぎ捨てて、靴下で田んぼの中へ。


d0182179_20310327.jpg


うわ~!



・・・泥んこの靴下、撮らせてくれてありがとう。



しかし、靴下だけじゃなく体操着からなにからすべてが泥んこで。。。

こりゃ洗濯大変だわ~
と、ついついおうちの方への同情の気持ちでいっぱいになりました。


そういえば、
私も子どもたちの洗濯にはずいぶん苦労させられましたから・・・

泥んこになって自然と触れ合うってとても大切なこと。
ってわかってても、やっぱりね~










この日は空はどんよりで、時々雨が当たるようなお天気でしたが、
それでも大きな雨に降られることなく、無事田植えが終了しました。


d0182179_20324891.jpg




今度は苗が活着した頃にこの田んぼに鯉を放流しますよ。

その活動は6月の終わりころ、
牧小、附属小が一緒に行う予定です。





また報告しますね。





◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら











by shinyanagi | 2018-06-04 21:49 | 牧区のこと | Comments(0)