上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2018年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鯉の田んぼで稲刈り

牧小5年生の7人の子どもたちは、
5月に田植えして、6月にその田んぼに鯉を放しました。



↓その時の写真です。

d0182179_19585664.jpeg


d0182179_20000572.jpeg


放した鯉の大きさは体調10センチ弱くらいでした。

d0182179_20070755.jpeg




それから3ヶ月半ほど経った昨日、
みんなが植えた苗の稲刈りが行われました。



5年生たち、佐藤さんから稲の刈り方を教わって、

d0182179_18563945.jpg



いざ、田んぼの中へ。

d0182179_18564957.jpg



昨日は今にも雨が降り出しそうな寒い日で、
ちょっと裸足で水の中はかわいそう!
って見てる方は思ってしまいましたが、

一歩田んぼに踏み込むと、
「水冷たーい!」って言いながらも、
みんなとてもワクワクと楽しそうで、

かわいそうとか思う必要なかったなとちょっと反省です。

d0182179_18570117.jpg





さあ、稲刈りスタートしました。

d0182179_08450383.jpeg


佐藤さんに習ったようにカマの角度をちゃんと考えて。

d0182179_18571242.jpg



やった!
素晴らしいね。

d0182179_19193413.jpg



しかし、
みんなの集中度がすごくてびっくりです。


d0182179_19192148.jpg


黙々と刈ってます。

d0182179_19192650.jpg


d0182179_09213263.jpeg


d0182179_19194079.jpg




校長先生がおっしゃてましたが、
今年の5年生は真面目な頑張り屋さんだそうです。


ほんと、
たしかにたしかに!

とにかくみんな誰一人遊ぶことなく真剣に、
しかしとても楽しそうにどんどん刈り取っていました。



そして、作業が進んでいくと。


それまで田んぼの中で静かに鳴りを潜めていた鯉たちが、
いよいよ動き始めました。



あ、いた!!

d0182179_19210343.jpg



捕まえた!

d0182179_19211550.jpg



わ!
逃げた。

d0182179_19210934.jpg



鯉も必死ですからね。

d0182179_19212292.jpg



それでも頑張りました。

d0182179_19212881.jpg



落っことさないようにそーっと運びます。

d0182179_19223830.jpg




そして、
無事バケツの中へ入れることができました。


d0182179_19224959.jpg



「うまく捕まえることができましたね」
ってJCVさんからのインタビューです。


d0182179_19225610.jpg




みんな次々と捕まえてますよ。


d0182179_19250184.jpg



わー!こんなに大きく成長してる。


d0182179_19250421.jpg



あっちでも。


d0182179_19250933.jpg




こっちでも。


d0182179_09530720.jpeg




裸足で田んぼの中歩くから、
刈り取ったあとの苗が刺さったりして大変。


d0182179_19251328.jpg



鯉のこと気にしながら、
一歩一歩そーっと進みます。

d0182179_19263621.jpg




しかし、
それにしても大きく成長しました。


d0182179_19231161.jpg


佐藤さん始め雪太郎の郷の皆さんが、
エサをやったり、外敵対策してくださったり、
台風や日照りや、そんなことから守るために見回って下さっていたお陰ですよね。



ということで。

最後まで雨に遭うこともなく、
無事に刈り取りと鯉の捕獲が終了しました。


d0182179_19264601.jpg





田んぼから上がってお茶&おやつタイムです。

d0182179_19265157.jpg




校長先生と子どもたちがとってもフレンドリーで、
見ていてなんかとても和みました〜


d0182179_19265631.jpg


校長先生がやさしくて気さくな方だからだろうけれど。

それにしてもこういうのって少人数校ならではの光景。
ほんといいですよねー





さてさて、
まだ仕事があります。



さっき刈り取った稲が軽トラの荷台に乗って運ばれてきました。


d0182179_19395599.jpg




佐藤さんからやり方を教わって、
今度はハサがけの仕事をします。


d0182179_19400617.jpg




ここでも、
真面目で一生懸命な5年生のカラーが出てましたねー


d0182179_19401524.jpg


d0182179_19402555.jpg


d0182179_19403863.jpg


d0182179_19422448.jpg


d0182179_19423490.jpg



またしても誰一人ふざけることなく、
着々と作業を進め、


あっと言う間に、
ハサがけ終了となりました。

d0182179_19424761.jpg



牧小5年生のみんな、
本当にお疲れ様でした。


d0182179_19425820.jpg



最後に佐藤さんへ感想発表。


d0182179_19430975.jpg



d0182179_19441073.jpg


d0182179_19441869.jpg



今日はありがとうございました!



泥んこの足や手を洗って、

d0182179_19442540.jpg


運転手さんにお尻が汚れてないかのチェックをしてもらい、
バスに乗り込みます。
(このチェックが結構厳しかったー)



d0182179_19443018.jpg


やり遂げた!とでも言うような清々しい笑顔。
とても印象的でした。



この子たち、
ハキハキとものは言えるし、笑顔がほんと屈託ないし、
作業となると集中して取り組めるし。

さすが牧っこ!
って私もとても誇らしい気分になりました。




みんなが刈り取った稲。
美味しいコシヒカリとなりますように。


d0182179_19443817.jpg



食べれる日が待ち遠しいですね。

d0182179_19451225.jpg



もちろん鯉も後日食べていただきますからね。






by shinyanagi | 2018-09-28 11:10 | Comments(0)

新米!

昨日、
今年の新米が届きました!


d0182179_20313937.jpg

毎年のことながら、
「新米」というその響きには心躍るものがあります。


炊きあがった時のお米一粒一粒の輝き、
みずみずしくて、ふっくらモチモチな食感。

やっぱり新米っておいしさに幸せ感がプラスされるので特別で格別です。

今年の新米、早く炊いて食べたいです。





さてさて、
先日お客様のお宅に行った時、

この光景に目を奪われました。



d0182179_20333863.jpg



これ、米ぬかなんですよ。


d0182179_20340481.jpg


すっごくたくさん。
それも、めちゃくちゃきれいに整然と積み上げられています。




お客様に、
「これ何のために積んでいるんですか?」
と聞くと、

私があまりにも常識を知らなすぎるため、
説明していただいたことが実はよく把握できなかったんですが。

田んぼの中にパイプが埋めてあって、
そこに米ぬかをまくと軽くて水はけも良く、パイプが詰まらないとのこと。


って、
ご存知の方が読んだら、
何適当なこと書いてんの?
とお叱りを受けそうですね・・・

つまりはよくわかってないんですが、


とにかく、壮大な再利用方法だし、
この無駄を出さない感じにとても感心してしまいました。



現在、
平野部はほぼほぼ稲刈りが終わったようですが、
山間部に関しては今が真っ最中といったところ。

雨が多すぎて、皆さん晴れ間を見てはの作業なので、
まったく思うように進まないそうです。

「もう雨は一滴たりともいらない!」
って今日会った農家の方も言ってらっしゃいました。


d0182179_16510353.jpg

d0182179_17022663.jpg





今は、あちらこちらでそばの花も花盛りになってますよ。

d0182179_20321735.jpg




さて、明日は晴れの予報です。

どうか天気予報が当たりますように。






by shinyanagi | 2018-09-22 19:29 | 秋の風景 | Comments(0)
清津峡を後にして、
越後妻有里山現代美術館「キナーレ」にやって来ました。


d0182179_15264035.jpeg


十日町市と津南町全域で開催されている「大地の芸術祭」。

キナーレは、その十日町エリアの拠点とのことで、

「建築家とアーティストによる四畳半の宇宙」というテーマで、
様々なアート作品が展示されていました。



色々写真撮ってきました。


d0182179_16335141.jpg

d0182179_16343886.jpg

d0182179_16344337.jpg

d0182179_16345456.jpg

d0182179_16344922.jpg

d0182179_16343347.jpg

d0182179_16363760.jpg

d0182179_16160766.jpeg

なんというか独創的、近未来的な不思議アートが点在していて、
とても楽しくなっちゃう空間でした。





特にここが面白かった!



「アソビボックス」

d0182179_16364071.jpg


畳と障子戸。
昭和レトロなイメージの入り口を入ると・・・



中は真っ白な空間。

そこでは、雪のような映像が壁面にチラチラしてるんだけど、
その雪を手で触ると、パッと花火のように開くんですよ。


d0182179_16364272.jpg

d0182179_16370501.jpg


床も同じく、雪を踏むと、

d0182179_16371607.jpg



パッと開いて、すごくきれい!


d0182179_16371167.jpg


もう楽しくて、
というかジャストなタイミングで写真に撮りたくて、

何度も何度も壁叩いたり、床踏み込んだりしてしまいました。



真夏に見る「越後妻有の雪」デジタル雪合戦
という説明が書いてありました。


なるほど、
これ雪合戦で雪玉がはじける様子を表していたんだ!


と後で納得。
でした。





そして、
これすごかったな~!

「レアンドロ・エルリッヒ」
って舌を噛みそうです・・・


d0182179_16333638.jpg


回廊に囲まれた真四角のこの池のことをそう呼ぶみたいです。


青空を映した水面は、太陽の光を反射してキラキラしてました。

d0182179_16314518.jpg





娘の同級生ひなちゃんがちょっと水遊び。


d0182179_16315285.jpg

気持ちよさそう!




さて。



2階に上がってこの池を眺めると、

驚きの光景が待っていました。







水面に回廊の柱がくっきりと映っています。

d0182179_16332531.jpg



ではなくて、
これは水底に描かれた巨大トリックアートだったんです。


d0182179_16333205.jpg

まるで池の水が建物を映し出してるかのようで、
もう
巧みすぎます。

いや、ほんとに驚いた。
そしてめちゃくちゃ感動!




こういうこと考える人ってすごいなーー

緻密に計算し尽くしたうえで作り上げていくわけでしょうから、
もちろん完成させるまでに時間も労力もかかって、
ものすごく大変だったはずですが、

でも人を感動的に楽しませることのできる、素晴らしい仕事ですよね。

そんな仕事っていいな~

そして結構それって「地域活性化」のキーワードかも。


などなど、
と思ったのでした。




さて、


こんな楽しい催しですが、
なんと、あさって9月17日で終わっちゃうのですね。



「今度は3年後だよ。」
と、案内で立っていたおじさんが教えてくれました。


なるほど、3年に1回の大イベントだったのか。



大地の芸術祭、
かなり楽しめますよ。



しかし、あと2日です。


行ってみたいと思われた方、
この連休中にぜひ!











by shinyanagi | 2018-09-15 21:09 | オフ | Comments(0)
娘の大学の同級生が遊びに来ていたので、
2人と一緒に十日町へドライブに行ってきました。




まずは、
清津峡へ。

ここは国立公園に指定されていて、
日本三大峡谷の一つなんだそうです。

d0182179_16260823.jpg


家からだと車で1時間ちょっととそんなに遠くはないけれど、
ここのことあまりよく知らなくて、
今回初めて来てみました。



清津峡渓谷トンネルは最近リニューアルされたばかりで、
インスタなどでも時々見かけていたので、実はちょっと気になっていたんです。


d0182179_16261623.jpg




全長750メートル。
トンネルの中はこんな感じです。



d0182179_19532260.jpeg





おしゃべりしながら歩く女子大生2人。


d0182179_16262347.jpg


でも、
薄暗くて出口が見えないトンネルの中ってやっぱりちょっと息が詰まりそう。


そんな気分になってきた頃に、最初の見晴所に到着です。





外の光だ!

d0182179_16263044.jpg




切り立った峡谷が目の前に立ちはだかります。

d0182179_16263850.jpg




かなりの迫力!





下を見下ろすと、谷間を流れる渓流が。

d0182179_16292290.jpg


水の色は普通の川と全然違って、
なんというか深く澄んだエメラルドグリーンとでも言うのかな?

本当に清らかなんでしょうね。








次の見晴所はまたちょっと趣向が凝らされてました。

d0182179_16292885.jpg






これ私ですよ。

d0182179_16293228.jpg





さて、
一番最後に到達したのがここ。

パノラマステーションです。


d0182179_16293971.jpg


ドームがミラーになっていて、
地面には水が張られていて。

おかげで全体が鏡みたいになっているので、
写真に写すとちょっと不思議な感じになります。



でもほんと良く考えられていますよね。

みんなこのスポットに足を踏み入れた瞬間、
「わ~!」と声を上げていました。

もちろん私も。


仕掛けに対する驚きと、景色の美しさに対する感動と。
その両方が一気にくる感じです。


とにかく、ここはフォトジェニック!
インスタ映え間違いなしスポットだと思います。





なんにせよ、
こんな大自然の中に身を置くと、

自分って、人間って、
ちっぽけな存在なんだなーって思えてきます。

しかし同時に、
今しんどいことも、大したことじゃないとも思えてきます。


d0182179_16312536.jpg


清津峡。

めちゃくちゃおすすめスポットです。



川のせせらぎを聞きながら、ざるそばランチして。


d0182179_16313998.jpg

次に向かいます。






大地の芸術祭をやっている、
越後妻有里山現代美術館キナーレに行きました。



次のブログにて。









by shinyanagi | 2018-09-14 18:39 | オフ | Comments(0)

初めての商談会報告

9月7日の商談会。

「うまさぎっしり新潟 食の大商談会 2018」


行ってきました。


d0182179_19443043.jpeg



今回、牧商工会の事業の中で、
どぶろく製造業者のお2人と一緒にブースを持たせてもらって、
初めて商談会というものに参加してきました。



会場は、池袋サンシャインシティ。



これは前日の設営風景です。

d0182179_16263570.jpg



途中、
レトルトカレー温め用に持ち込んだ鍋が、
現地で借りたIH電熱器では使えないことが発覚し、慌ててIH対応の鍋を買いに行ったり。

そんなハプニングもあったけれど、
準備は無事に終了しました。




さて、
その日の宿泊。

こんなゴージャスなお部屋だったんですよ。

d0182179_09443062.jpeg


36階。
それもツインルームを独り占め!


大都会の夜景が見渡せるなんともおしゃれでラグジュアリーな空間。

もう仕事で来たことを忘れてしまいそうでした。



しかし、

そんな素敵なお部屋にこんなものを持ち込みました。


d0182179_16264045.jpg

はい、炊飯器です。

カレー試食用のお米を、前の晩に仕掛けておくためです。

d0182179_16264626.jpg

で、
こんなおしゃれな洗面所でお米を研いだのでした~







翌朝、窓の外にスカイツリー見っけ!

d0182179_16265127.jpg

これはかなりの感動。


よし!
と気合を入れて商談会の会場へと向かいました。






私たちのブースは、「新潟の発酵」というコーナー。

d0182179_16262809.jpg




ブースのこっち側がどぶろく。
向こうがカレーです。

d0182179_16293397.jpg





今回、ものすごく急遽作成した「糀六華カレー」のパネル。

d0182179_16274801.jpg


商談会というものがまったく分かっていなくて、
非常に安易に構えていたのですが、

直前に、ブース内をそれっぽくにぎやかに!というアドバイスをもらって、
めちゃくちゃ慌てて作成しました。


パッケージデザインをお願いしているデザイナーさんと、
いつもお世話になっている制作会社さんの連係プレイによって、

東京へと向かう前日にぎりぎりセーフで間に合ったものです。




さあ、
商談会がスタートしました。


と、
それからはもう何がなんだか・・・


次から次へと来られるバイヤーさんとお話しすることで、
とにかくいっぱいいっぱいでした。




だから、
協力体制が万全でどれだけ助かったことか。




商工会の室長がたくさん声をかけてくれて、
PRしてくれました。


d0182179_16275427.jpg



商工会長は、
私がカレーの説明をしている間じゅうずっと、
試食の盛り付けを担当してくれました。

(背中しか写せなかったですが、
黙々とカレーをよそってくれています・・・)


d0182179_16281421.jpg


おかげで、
たくさんの方に試食していただけて、(多分150~160名くらい)
アドバイスもらったり、
名刺交換して次につなげられる足掛かりを作れたり。

商品が完成したら連絡が欲しい。
と言っていただけた方も数社いらっしゃいました。


まずは一つ経験したことによる気づきや出会いなど、
本当に収穫は大きかったと思います。






さてさて、
肩を並べて3人娘風になっていますが。

よろず相談で支援をしてもらっている2人の先生です。

d0182179_16293641.jpg

2人とも私にとってとても心強い存在!


当日もたくさん力を貸してくださいました。

もう感謝しかありません。




ということで、
必死の商談会、無事に終了しました。






それにしても。



おじ様たちとの移動は、常にビール、ビール、ビールで。



行きの新幹線の中からこんな感じ。

d0182179_16294108.jpg


お昼ご飯も。

d0182179_16345527.jpeg


そして、夜は居酒屋でかなりの大宴会。

d0182179_16304377.jpg


でも、
一緒に頑張るメンバーと飲む生ビール、最高です。


d0182179_18544755.jpeg




ということで。


ホント疲れました!


商談会は金曜日だったんですが、
土日はまーーったく疲れが抜けず、目の前の仕事だけをやっとこさこなし、

3日経って、本日やっと通常モードに戻れた感じです。



ですので、ここからはまた気合を入れて、
商談会で得たものをちゃんと整理し、課題を明確にして、
新たな次の一歩を踏み出したいと思います。















by shinyanagi | 2018-09-10 20:32 | イベント | Comments(2)

レストランみやま

東京に向かう新幹線の中からサクッと書きます。


先日、深山荘の食堂のドアを綺麗にしてもらいました!

d0182179_11311797.jpeg


だいぶ明るくなりました。


せっかくなので、
今まではただの食堂だったのを、
「レストランみやま」と命名して、

d0182179_07211268.jpg


山小屋風の雰囲気抜群な木の看板を付けてもらいました。



そして、さらにせっかくなので、
広告もしちゃおう!となり、

先日撮影をしてもらいました。


d0182179_07231409.jpg


d0182179_07235652.jpg





メニューも色々リニューアルします。


d0182179_07260083.jpg



d0182179_07263260.jpg


d0182179_07270814.jpg



d0182179_07273842.jpg



新しく生まれ変わった「レストランみやま」

d0182179_07282565.jpg


これからどうぞよろしくお願いします。



さてさて、
私は今、カレーを携えて東京の商談会へと向かっています。


そして、
おじさまたちと一緒に新幹線に乗ると、
やっぱりこうなりますねー


d0182179_11275550.jpeg



しかし、朝からビールってなんか幸せかも♡

d0182179_11283675.jpeg


ちょっとほろ酔いでのブログでした。

では行ってきます!











by shinyanagi | 2018-09-06 11:29 | 深山荘のこと | Comments(0)

レトルトカレー再検討中

久しぶりのブログ。

なのに、またカレーの話です。


なんかいつもカレーばっかりですみません・・・




先日、
毎日新聞さんの新潟版で記事にしていただきました。

ありがとうございます。


d0182179_18192776.jpeg


ここにも書いてもらっているのですが、

1000食分のカレーのレトルト加工が終了し、
次はパッケージ作りへと進みます。

という段階まで来ていました。


・・・来ていたはずでした。


はずだったんですが・・・



新聞の取材を受けた、ちょうどその直後くらいに、

なんと
カレーの中身をもう一度検討しなおすことになってしまったんです。


実は、
食品の商品開発専門の先生からアドバイスをもらう機会があって、

そしたら、その先生から
「インパクトがなさすぎる、もっと特徴のある具材を入れないと絶対だめ!」
と厳しい指摘を受けてしまったんです。



えー!
苦労してやっとここまで来たのに。


ちょっと先生に抵抗もしてみたし、
気持ちはかなり凹んだし、
どうしたらいいのか真っ白になったし。


でも。

自己満足の域で完成させてしまうのか、
お客様が欲しいと思って選んでくれるものを追求するのか。

そう考えたら、
そんなの迷うまでもないことでした。

販売開始前のご指摘でよかったんだ。
と思うことにして、再挑戦することに決めました。





しかし、
目前に商談会出展が迫っておりまして。。。


9月7日、池袋。
「新潟食の大商談会」

とりあえず、ここに新しくトライするカレーを
試食用として持ち込まなければなりません。


ということで、
この10日間ほどは、新しいカレーの試作にできるだけの時間を割いて、
もうとにかく必死で取り組んでおりました。


そして、何とか作り終え、

タイムリミットギリギリにレトルト工場へと発送することができました。


そんなんで、
今ちょっと一息ついたところです。



しかし、この短時間での作り直し。

さすがに、完成品というわけにはいかないので、
「開発途中なんです」と伝えて、
逆にバイヤーさんの意見やアドバイスなどをたくさんもらってこようと思います。




さて、再挑戦したカレーは、
先生からのアドバイスで、新しく特徴のある具材をプラスしてみたんですが。

それ、何だと思いますか?




多分たいていの方からは、「え?カレーに合うの?」
と思われてしまうであろう野菜です。




答えは、

地元のブランド野菜「雪太郎大根」です。



カレーに大根。。。。



果たして、どんな評価や感想が来るのか。

とても不安ですが、

その不安を抱えつつ商談会に参戦してきたいと思います。




あ、ちなみに。

糀六華(こうじりっか)カレーという名前はそのまま行きます。

元々のどぶろくや雪室野菜も変えていません。




ということで、
今週金曜日の商談会。


まだまだ準備することがたくさんで、気持ちはいっぱいいっぱいですが、
すべてをプラスにとらえて突き進もうと思います。

もうやるっきゃないので。




そして、
次回はカレー以外のブログ書きますね。


















by shinyanagi | 2018-09-02 21:04 | その他 | Comments(0)