人気ブログランキング |

上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2019年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


先日「メイド・イン上越」に挑戦したことを書きました。


その審査結果ですが、

結局認証を受けることができませんでした。


実は、当日
審査員の方たちからのコメントを聞きながら、
「だめかもな~」という感覚はちょっと持ったんです。


完成した商品として審査に臨んでいるのに、
「ああした方がいい、こうした方がいい」と、
まるで未完成の商品にアドバイスをくださるような審査員の方たちのコメントで。

てことは、
「まだまだ」と判断されてるんだろうな~って思いました。



そして、
正式に「認証に至りませんでした」の通知をいただいて、

そこに書いてあった理由は、
「あれもこれも特徴がありすぎて、逆に決め手がない。
特徴を絞りましょう。」
というようなこと。


たしかに、
今回申請した「糀六華カレー」はたくさんの特徴を持っています。

どぶろく入り。
米粉のカレーなのでグルテンフリー。
雪室貯蔵で甘さが特徴のにんじん、じゃがいも使用。
牧区のブランド野菜「雪太郎大根」入り。
27品目アレルゲン不使用。
肉の入っていない超低カロリーカレー。

などなど、

ま、これらは開発を進めていく中で少しずつ増えていった特徴なので、
私の中では自然な流れだったのですが、

たしかに、
試食販売の時など、お客様に説明しようとすると、
言いたいことありすぎて、結局どの特徴もぼやけてしまう気はしていました。



ということで、
「メイド・イン上越」はダメでした。


応援してくださった皆さん、いいお知らせができなくてごめんなさい。
そして応援本当にありがとうございました。




しかし、
認証されなかったけれど、得るものはたくさんあったな~と思っています。


審査員の方たちからいただいたアドバイスはもちろん、

資料を作るところから始まり、
実際にプレゼンするという、初めての経験をさせてもらったし。


すべて無駄なことはないと思ってます。


それに私は「挑戦の人」と思われたいので、
簡単にパスしちゃいけないんですよ。


な~んて負け惜しみに聞こえるかな。

ていうか、
悔しくないわけないじゃないですか。

やっぱり悔しいですよ。

でも、
それがバネになるんですよね、確実に。


引き続き頑張ります。


写真は、「糀六華カレー」を持って自信ありげな私。



d0182179_12145123.jpeg



だって、特徴がたくさんあっておいしいカレーなんですから。


























by shinyanagi | 2019-07-31 19:25 | カレーのこと | Comments(2)

先週は。

先週の日曜日、大島のあおぞら市場へカレーの納品に行ってきました。



そしたら、
ポップが賑やかに華やかに飾られていた!


それ見てとても嬉しくなりました。

d0182179_15545481.jpg



吹き出しとか上手に使ってあって、
これはお客様の目を引きそうですねー


d0182179_15552418.jpg


作るの上手だな~と感動!


青空市場のスタッフの皆様、ありがとうございます。






月曜日には、
牧中学校の給食会に参加させていただきました。


d0182179_17083599.jpg




メインのおかずは、
ささみチーズフライと梅和え。

d0182179_21150665.jpg


給食会はもう何度も参加させてもらっていて、

ちょっとのんびりしてると、
食べ終わらないうちに「ごちそうさまでした」になってしまうことを経験してるので、

みんなとおしゃべりしながらも、食べることにも集中し、
今回もちゃんとごちそうさまの前に食べ終われることができましたよ。
ってちょっと自慢。


私の目の前ではこんなやり取りが。


d0182179_21153928.jpg


「私ご飯こんなにいっぱい無理だなー」

「じゃあ僕もらいます」

すっごいてんこ盛りになってました^ ^



今回の給食会は、職場体験に来る2年生との顔合わせも兼ねてます。

ということで、
新柳にもまた中学生が体験にやって来ますよ。

来週月曜日から1週間。

楽しみです。


by shinyanagi | 2019-07-28 08:05 | その他 | Comments(2)

スパークリングウォーター始めました。

d0182179_10324370.jpeg


いろはすのグラススパークリングウォーター。

無糖の炭酸水です。


今土屋太鳳ちゃんがコマーシャルで、
「あなたは何と合わせる?」って言ってるやつで、


炭酸のシュワシュワ刺激と無糖のスッキリ感が特徴の、
どんな食事にもマッチするスパークリングウォーターです。





私も先日、うちのお店の宴席につく機会があったので、
いつもはウーロン茶かノンアルコールビールのところ、

スパークリングウォーターをお供にしてみました。



d0182179_15484883.jpg


ウーロン茶って結構お腹いっぱいになるし、
ノンアルも本当のビールと比べるとイマイチだし、

実は最近飲み会っていうと、
焼酎グラスに水を入れてもらって飲んだりしてたんです。



そんな私にとっては、
まさに「待望の!」という感じのスパークリングウォーター。


スッキリしていてほどよい刺激もあって、

「今日の飲み会はアルコールは飲めない、飲まない」
って方に絶対おすすめしたい。






そして、
ボトルがとってもおしゃれ。


d0182179_16065392.jpg


波紋が波打ったようなデザインで、
このゆらゆらとした曲線に癒されます。

あと、
持った時の手になじむ感じが心地よいな~って思いました。



ちなみに、この瓶入りのものは飲食店限定のようで、
市販されてるのはペットボトル入りとのことですよ。


アルコール飲まない皆様にぜひぜひオーダーしていただきたい!

と思う次第です。





さて、
今日お料理の配達で初めて通った道の景色が良かったので、
帰りに写真撮ってきました。


板倉区の温泉施設「やすらぎ荘」から山を越えて妙高市へ出るコース。


d0182179_12395783.jpg

「くびき野パノラマ街道」という道だそうです。


その名の通り、見晴らしのいいこと!


車窓から板倉の棚田が一望できて。

d0182179_12412771.jpg



また反対側は、
直江津の海の方まで見渡せます。


d0182179_12423453.jpg


ちょっと雲が厚いのが残念だったけど、

遮る物が何もない、
まさにパノラマビューなコースでした。





やすらぎ荘近くのアジサイもきれいでしたよ。


d0182179_12440237.jpg



d0182179_12444855.jpg







by shinyanagi | 2019-07-20 18:37 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)

メイド・イン上越に挑戦

「メイド・イン上越」というのがあります。

市が自信をもって全国、世界へ発信できると判断した特産品を、
「メイド・イン上越」として認証する制度です。


今回、私、
「メイド・イン上越」の認証を受けるべく糀六華カレーを申請することにしました。



先日、そのためのプレゼンがあったのですが。

d0182179_12143067.jpg




プレゼン、
言いたいことは言ってきたけれど、

審査員の先生方の突込みが厳しかったです~


それはそうですよね。

上越市が自信を持って発信できる特産品を選ぶんですから。

新規性、オリジナル性、信頼性、そして上越らしさなどなど、
いろいろな観点から審査されるわけです。


結果は今月中にお知らせがあるとのことですが、、、

ドキドキしながら待つことにします。


認証受けたいなー
でもダメかもな~

とかいろいろ考えてしまうけれど、

でも、何もないところから、何をどうやったらいいのかもわからないところから、
そんな状況で作り始めたこの商品を、
こんな審査会に出せちゃってること自体、当時の自分からしたら夢のようなことです。


って思って静かに結果を待ちたいと思っています。



メイド・イン上越のホームページ載せておきます。




結果が来たら、
ブログで報告しますね。










by shinyanagi | 2019-07-16 16:38 | カレーのこと | Comments(0)
今週の月曜日、
小学校6年生の皆さんにカレー作りについてのお話をして来ました。


d0182179_20165230.jpg




その時の様子を、
校長先生が撮ってくださいました。


d0182179_20175037.jpg


なんかちょっと私、先生みたい。
な~んて。






牧小の6年生は7名しかいません。

d0182179_20345373.jpg


少子高齢化、若者の流出、加速度的に進む過疎。。。
私たちの暮らすこの地域もご多聞に漏れず深刻な問題を抱えています。

伴って、
子どもたちの数も本当に少なくなってきています。


そんなこと考えると暗〜い気持ちになってきちゃうのですが。


彼らと話してたらそんなの一気に吹き飛びます。


和気藹々、穏やか、明るい、仲が良い、一所懸命、元気、
優しい思いやり、自分の意見を言える、友達の話もちゃんと聞ける。

私が感じたことを羅列するとこんな感じ。

とても雰囲気の良いまとまったクラスでした。


これは少人数だからこそなんだろうな。
人数が少ないって悪いことばかりじゃないな。

そんなことを感じました。





さて。

私はなぜどぶろくでカレーを作ろうと思い立ったのかから始まって。

試作を繰り返し、うまくいかなくて苦労したこと、
完成して本当に嬉しかったこと、

そして今はもっとカレーをたくさんの人に知ってもらうため
告知活動、販路開拓などを頑張ろうと思ってることなどを話しました。



d0182179_20361282.jpg



そしたら、
みんなからアイディアが出る出る!

もっとカレーを広めるために、

牧で取れる旬の具材をプラスしてシーズンごとに売り出すとか、
キャラクター作ろうとか、
お祭りやイベントで売ればいいと思うとか。


もう自分のことみたいに熱く考えてくれているのが伝わってきて、
とてもうれしくなりました。




ふと振り返ると、

私が話したこと、
子どもたちから出てきたアイディアなど。

担任の吉岡先生が黒板にこんなにたくさん書いてくれていました。

d0182179_20365562.jpg



元々、牧っこ探検隊の時に先生と同じグループで、
二人でおしゃべりしているうちに今回の話が決まったんです。


それが子どもたちの学習のお役に立てたなら本当にうれしい限り。


しかし、同じく私としても、
子どもたちに活動のことを知ってもらえることで、
この先につながっていきそうでとてもありがたく思いました。



6年生さんたち、さっそくゆるキャラを考えてくれているようで、
今後の展開がまた楽しみです。


素敵な機会を作ってくださった吉岡先生に感謝。

ありがとうございます。

















by shinyanagi | 2019-07-04 12:04 | 牧区のこと | Comments(0)