上越市牧区にある温泉にも入れる割烹 新柳です。各種ご宴会、ご法要などのご用命をお待ちしております。


by shinyanagi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

レストランみやま

東京に向かう新幹線の中からサクッと書きます。


先日、深山荘の食堂のドアを綺麗にしてもらいました!

d0182179_11311797.jpeg


だいぶ明るくなりました。


せっかくなので、
今まではただの食堂だったのを、
「レストランみやま」と命名して、

d0182179_07211268.jpg


山小屋風の雰囲気抜群な木の看板を付けてもらいました。



そして、さらにせっかくなので、
広告もしちゃおう!となり、

先日撮影をしてもらいました。


d0182179_07231409.jpg


d0182179_07235652.jpg





メニューも色々リニューアルします。


d0182179_07260083.jpg



d0182179_07263260.jpg


d0182179_07270814.jpg



d0182179_07273842.jpg



新しく生まれ変わった「レストランみやま」

d0182179_07282565.jpg


これからどうぞよろしくお願いします。



さてさて、
私は今、カレーを携えて東京の商談会へと向かっています。


そして、
おじさまたちと一緒に新幹線に乗ると、
やっぱりこうなりますねー


d0182179_11275550.jpeg



しかし、朝からビールってなんか幸せかも♡

d0182179_11283675.jpeg


ちょっとほろ酔いでのブログでした。

では行ってきます!











# by shinyanagi | 2018-09-06 11:29 | 深山荘のこと | Comments(0)

レトルトカレー再検討中

久しぶりのブログ。

なのに、またカレーの話です。


なんかいつもカレーばっかりですみません・・・




先日、
毎日新聞さんの新潟版で記事にしていただきました。

ありがとうございます。


d0182179_18192776.jpeg


ここにも書いてもらっているのですが、

1000食分のカレーのレトルト加工が終了し、
次はパッケージ作りへと進みます。

という段階まで来ていました。


・・・来ていたはずでした。


はずだったんですが・・・



新聞の取材を受けた、ちょうどその直後くらいに、

なんと
カレーの中身をもう一度検討しなおすことになってしまったんです。


実は、
食品の商品開発専門の先生からアドバイスをもらう機会があって、

そしたら、その先生から
「インパクトがなさすぎる、もっと特徴のある具材を入れないと絶対だめ!」
と厳しい指摘を受けてしまったんです。



えー!
苦労してやっとここまで来たのに。


ちょっと先生に抵抗もしてみたし、
気持ちはかなり凹んだし、
どうしたらいいのか真っ白になったし。


でも。

自己満足の域で完成させてしまうのか、
お客様が欲しいと思って選んでくれるものを追求するのか。

そう考えたら、
そんなの迷うまでもないことでした。

販売開始前のご指摘でよかったんだ。
と思うことにして、再挑戦することに決めました。





しかし、
目前に商談会出展が迫っておりまして。。。


9月7日、池袋。
「新潟食の大商談会」

とりあえず、ここに新しくトライするカレーを
試食用として持ち込まなければなりません。


ということで、
この10日間ほどは、新しいカレーの試作にできるだけの時間を割いて、
もうとにかく必死で取り組んでおりました。


そして、何とか作り終え、

タイムリミットギリギリにレトルト工場へと発送することができました。


そんなんで、
今ちょっと一息ついたところです。



しかし、この短時間での作り直し。

さすがに、完成品というわけにはいかないので、
「開発途中なんです」と伝えて、
逆にバイヤーさんの意見やアドバイスなどをたくさんもらってこようと思います。




さて、再挑戦したカレーは、
先生からのアドバイスで、新しく特徴のある具材をプラスしてみたんですが。

それ、何だと思いますか?




多分たいていの方からは、「え?カレーに合うの?」
と思われてしまうであろう野菜です。




答えは、

地元のブランド野菜「雪太郎大根」です。



カレーに大根。。。。



果たして、どんな評価や感想が来るのか。

とても不安ですが、

その不安を抱えつつ商談会に参戦してきたいと思います。




あ、ちなみに。

糀六華(こうじりっか)カレーという名前はそのまま行きます。

元々のどぶろくや雪室野菜も変えていません。




ということで、
今週金曜日の商談会。


まだまだ準備することがたくさんで、気持ちはいっぱいいっぱいですが、
すべてをプラスにとらえて突き進もうと思います。

もうやるっきゃないので。




そして、
次回はカレー以外のブログ書きますね。


















# by shinyanagi | 2018-09-02 21:04 | その他 | Comments(0)

届きました!!

d0182179_19453460.jpg




全部で1000食分のレトルトカレー。

d0182179_20063928.jpg






雪室で熟成された甘~いじゃがいもは、

d0182179_19520105.jpg


みんなが協力してくれたおかげで、
あっという間に皮むきが完了し。

d0182179_20003919.jpg





米粉をまぶして油に投入。

d0182179_20024376.jpg




板前さんから、カリッと揚げてもらいました。

d0182179_20033352.jpg
d0182179_20040474.jpg






人参も。

もちろん雪室から出てきたばっかりで、
甘みがギュッと濃縮されてる一級品。


d0182179_19522641.jpg



皮むきはやっぱり女性陣の力が絶大で、
あれよあれよという間に終了してしました。

みんなの集中力と根気と仕事の速さに本当に頭が下がる。

もう感謝しかありません!







その後、
板前さんと2人、黙々とカットし続けて。

d0182179_20015095.jpg



大鍋でぐらぐらと。

d0182179_08572186.jpg

人参の仕込み完了です。







地元の誇るべき特産品。

「どぶろく」

これこそが最も大事なこのカレーの素材であります。


d0182179_19535675.jpg




20ℓ以上もあるどぶろくを濾してもろみを残し、
そのもろみを材料に使います。


アルコールを飛ばすために加熱して、こちらも完成です。

d0182179_10325519.jpg




すべての材料が整って、
配送前夜、みんなが帰った後、一人で荷造りしました。

d0182179_20055628.jpg



終わったー!

ホッと一息です。

そしたら今までのいろんなことが走馬灯のように…とまでは行かないけれど。

途中で投げ出さないで、あきらめないで頑張ってきてよかった。
としみじみ気分に浸りました。



でももちろん、
本当にたくさんの方に助けてもらってここまで来れたわけで。


だって、この材料の仕込みだけでも、
私が「やりたい」っていきなり言い出して独自路線で突っ走っているのに、

スタッフたちはめちゃくちゃ協力してくれて、

例えば、
この配送のための発泡スチロールの箱だって市場からかき集めて来てくれたり。


そんな些細なことだって、
全部一人でやろうと思ったら絶対絶対無理な話です。



感謝の気持ち忘れない!
といつも自分に言い聞かせていようと思います。





さてさて。

カレーの名前も決まりましたよ。



d0182179_20072486.jpg

糀六華カレーといいます。


「糀」でどぶろくを表し、
「雪の結晶」という意味の「六華(りっか)」で雪室野菜を表しています。

漢字の見た目「糀六華」も
「こうじりっか」という響きも

どちらも相当気に入っています。




ということで、これからはパッケージなどを最終決定して、
発売へと準備を進めていきます。


糀六華カレー。


どうぞよろしくお願いたします。













# by shinyanagi | 2018-08-21 11:20 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)

南魚沼「魚沼の里」へ。

書き入れ時のお盆ウィークも今日で終了。

ホッと一息ついています。



朝晩は寒いくらいの涼しさになりましたね。




さて、
先日、帰省中の娘と南魚沼の方までドライブに行ってきました。


残念ながら、かなりのどしゃ降りデイでした・・・

が、休日はその日オンリーだったので決行した次第です。



津南のひまわり畑とか、十日町の大地の芸術祭とか、
道中にも魅力的スポットがたくさんあるので、

本当は立ち寄りながら向かいたかったのですが、
とにかく雨がひどかったのでまたの機会に。



ということで、
友達から教えてもらった南魚沼のおしゃれスポット「魚沼の里」へ行ってきました。



八海山のふもとの広大な敷地にいろいろな施設が点在しているエリア。


まずはこちらへ。

大きな三角屋根が象徴的なおしゃれ建物です。

d0182179_19522737.jpg





猿倉山ビール醸造所

d0182179_19551282.jpg

地ビール好きの私ですので!

もうワクワクしながら中へ入りました。



そして、入って思わず歓声。


だって、
めちゃくちゃ開放的で明るくて、
都会的なおしゃれ空間!


d0182179_23331634.jpeg



その中にビール工場もあるという!

d0182179_23455071.jpg


大きなタンクがたくさん並んでいて、
まさにここで地ビールが製造がされているんですよ。





中心にはビールカウンターがあって、

d0182179_23435867.jpg

このサーバーからできたてのビールを注いでもらえるみたいで、

なんてもう魅力的なシチュエーションなんでしょう。



でも、運転があるのでここはぐっと我慢して。



家で楽しむことにして、買って帰ってきました。


d0182179_23551019.jpeg

「RYDEEN BEER」



買って帰りましたが・・・

ゆっくり味わいたいので、時間のある時に飲みたいじゃないですか。

だから、
まだ飲んでません。

今度のお休みの前の夜にでも飲みたいと思います。





ビールの代わりに、ジェラートを食べてきましたよ。

d0182179_23550401.jpg


ハスキージェラート

って都内にもお店があったりして、
なかなか有名なんだそうです。


おいしかったですよ~♪





さてさて、
敷地内にもう一か所。


素敵なスポットがあったので、
そちらも写真を載せていきます。


d0182179_23583217.jpg


八海山雪室

d0182179_00002864.jpg


雪室食材を中心にしたお土産品がおしゃれに陳列されていて、

どれもが、
商品開発のヒントになりそうなものばかりで、

めちゃくちゃ刺激を受けました。



d0182179_00035515.jpg


d0182179_00132844.jpg


d0182179_00065659.jpg

d0182179_00025286.jpeg


d0182179_00034430.jpeg

d0182179_00051047.jpeg

d0182179_00061615.jpeg


d0182179_00073605.jpeg








こちらは、
焼酎の貯蔵庫とのこと。

d0182179_00154961.jpg

奥の方までずーーっと大きな樽が何本も寝かされていました。




山のふもとのきれいなお水とおいしいお米で仕込まれているから、
格別のおいしさでしょうね~

d0182179_00172082.jpg




そして、
樽の棚の横には、シックな黒の焼酎ボトルがずら~~~!っと並んでいました。

d0182179_00201861.jpg


これは「面向未来」というメモリアル焼酎で、


d0182179_23564138.jpeg

ご購入のお客様にラベルメッセージを書いてもらい、
それを約束の日までこの棚で預かるというサービスだそうです。


例えば
「20歳おめでとう。 パパより」
とか書かれているわけです。


それが、何年後かの子どもさんの20歳の誕生日に届く!

愛情がたっぷり込められた世界にひとつだけのお父さんからのプレゼントってわけですよね。



「メモリアル焼酎」というこの発想。


普通の焼酎にこれほどのスペシャル感を持たせてしまう、
ユニークで心にくい演出に、またまた刺激をいただきました。



と、
商品開発心にたっぷりと火を付けさせてもらって。

とても有意義な南魚沼ドライブになりました。

そして、
普段離れて暮らす娘との思い出もまたひとつ作ることができてよかったです。




さて、
お盆の忙しさに振り回された日々も終わり、
明日から通常モードです。


新しい1週間のスタート。

皆さんも私も、
お互いに頑張ってまいりましょう!










# by shinyanagi | 2018-08-19 23:55 | オフ | Comments(0)

お盆休みに入られた方、多いでしょうか?

.

いつもと違うシチュエーションで、

このブログを読んでいらっしゃる方もいるかもしれませんね。

ということで。

私もいつもとちょっと違うことを書きます。

昨年、トラストコーチングスクール(TCS)の講座を受講してコーチングの資格を取りました。

現在、TCS認定コーチ、そしてマザーズティーチャーという2つの資格を持っています。


d0182179_01474229.png

実は、10年くらい前にコーチングを受けた経験があり、

その時からずっとコーチという仕事に興味を持っていました。




専務取締役の役職に就き、

「経営陣のひとり」という立場になったばかりの頃。

.

自分の立ち位置がよくわからなくて、まったく動けなくなってしまったことがありました。

.

「これからは自分の言動は、いつも経営者らしくなければならない。」

そう思い込んでいた当時の私。

.

でも、

一体それってどういう言葉を発すればいいの?

どんな行動をとればいいの?

それがわからない!

.

.

そして、

ちょっとでも経営者らしくない行動を取ったら、

きっと即座に「やっぱりだめね。」と判断されてしまうにちがいない。

.

私が口を開くたびに、何か行動をするたびに、

.

「それって経営者としてどうなの?」

「経営者のくせに」

「経営者はそんな言動しない」

「経営者らしくない」

.

とかとか思われてしまうんじゃないか?

.

そんな思いでがんじがらめになっていました。


でも。

コーチングを受けたことで、その呪縛から解放されるという経験をしました。

コーチとのやり取りの中で、

私が悩むところって「全然そこじゃないんだ!」と腑に落ちた瞬間がありました。

.

「経営者らしくない」と思われようが思われまいが、

そこじゃないんだよな~って。

.

そこじゃなくて、

お客様に喜んでいただくこと、お客様に選んでいただくこと。

そこを一番に考えればいいんだ。

と。

.

その視点に立てたことで、本当に楽になりました。

.

私、なんてお門違いの考え方をしていたんだろう。

と、

急にそれまでの自分の考えがとてもくだらなく思えたんです。

.


.

ということで、

まずお客様に選んでいただくにはどうしたらいい?と考えて。

.

「他と違うことをする、普通と違うことをやる。」

.

という行動基準を自分の軸にしようと決めました。

.

.

.

.

その頃、このブログを書き始めました。

.

当時はまだ「ブログ」という言葉が今ほど浸透していなかったので、

「ブログを毎日書こうと思う。」と言う私に返ってくる言葉は。。。

.

「毎日なんて書いたら仕事がおろそかになるから、1週間に一度くらいにしたら?」

とか、

「そんなことに時間割いている経営者、周りにいないよ。」

とか

「普通経営者はそんなお遊びみたいなことやらないよ。」

的なもの。

.

.

以前の私なら、

「じゃ、1週間に一度くらいでいいか・・・」

とか

「やっぱり他の経営者みたいにもっと本業に専念しなきゃ。」

とか

って考えなおしたと思うのですが。

.

「普通と違うことをやる」と決めていたので、

.

「普通は毎日書かないんだ~

じゃ、毎日書けば他と違いを出せる!」

と思ったし、

.

「普通の経営者がやらないことなら、逆にやるっきゃないでしょ」

と思いました。

.

.

だから業務終了後、毎日のようにブログを書きました。

.

.

そして、

お遊びと言われたブログは、

今はうちの店と他のお店との違いを出せる非常に大切なPRツールのひとつになりました。

.

あの時、

コーチが、今までの私になかった新しい視点に気づかせてくれたからこそなんですよね。

.

そのコーチには今もとても感謝しています。

.

.

それ以来、

ずっとこの仕事が気になっていましたが、

昨年、資格を取れる講座が身近にあることを知り、受講を始めたというわけなんです。

.

.

「トラストコーチングスクール」

リンクを貼っておきます。






もしご興味があるという方がいらっしゃったらぜひご連絡いただければと思います。

詳しく説明しますので。

.

また、受講してみたいと思われた方がいらっしゃれば、

私の都合とそちらの都合を調整できればいつでも開講させていただきます。

.

.

.

.

さてさて。

.

本業があるのにコーチの仕事もするのか?

もっと経営に専念しなきゃだめじゃないか。

という声が聞こえてきそうです。

.

.

が。

.

そう思ってもらえるとしたら、それこそがさらにエネルギーになります。

.

それは普通と違うことをしているというサインだから。

.

.

.

でも、

.
コーチングというのは、そもそもコミュニケーションツール。

.

.

d0182179_01433323.jpg

.
.

スタッフとのコミュニケーションやお客様とのコミュニケーションにも、

すごく有効なのです。

.

それによってスタッフがモチベーションを上げて仕事にやりがいを感じてくれたら、

お客様がより喜んでくださったら。

.

これはすなわち本業の仕事そのものなのかもしれません。

.

.

そして、いつかはコーチングを使った新規事業を展開していけたら。

と、

実はそんなことも考えたりしています。

.

.

.

.

以上、

今日はいつもと違った異色記事でございました。

.

.

皆様、

素敵なお盆休みをお過ごしくださいね!

.

.

.

.

.






# by shinyanagi | 2018-08-11 02:18 | その他 | Comments(0)

2018年の職場体験

職場体験活動の季節。

今年も中学生が5日間のお仕事体験にやって来ました。

d0182179_14180667.jpg




牧中2年生、りさちゃんです。

d0182179_14255797.jpg


お皿がたくさんあってビックリしましたー!
って言ってましたが、

「楽しいです」って言いながら、
せっせと大量のお皿拭きをしてくれました。



皿洗いの場所と食器棚のある所は離れているので、
拭き終わったお皿をそちらへと運んでくれているところ。


d0182179_14271787.jpg


お皿重いのに軽々!

たのもしいです。

そして、スラっとしているのがわかりますか?

とても背が高いんですよ。

バレー部のエースアタッカーだということで、
なるほど納得しました。



お皿の種類、かなりたくさんあるので、
食器棚のどこにしまったらいいかを探すのがまた大変。

d0182179_14280132.jpg


「この皿はここだよ。」って教わりながら食器棚に収めていました。

d0182179_14282942.jpg






調理場の仕事も体験してもらいました。

d0182179_14225492.jpg
真剣に聞いている表情がまたかわいらしいこと。



盛り付けのお仕事は・・・

d0182179_14243156.jpg



「授業より楽しいー!」

・・・って言ってました。




温泉掃除もしましたよ。

d0182179_14304125.jpg


冷たい水でお風呂掃除、気持ちいいね。


d0182179_14311022.jpg

実はりさちゃんのお父さんは新柳の温泉の常連さん。

次、ご入浴の時は、
娘の掃除したお風呂ということで、格別な思いで入ってもらえることでしょう~





先週はちょうどレトルトカレーの仕込みも始まって、
じゃがいもの皮むきまでやってもらっちゃいました。


d0182179_14292508.jpg

体験終了時に、
「どの仕事が一番きつかった?」と聞いたら、

「ジャガイモの皮むき」とのことで、、、、


みんなと一緒に黙々と皮むきしてくれたりさちゃんに、
改めて感謝の気持ちが湧いてきました。

りさちゃん、ありがとね。







みんなでお茶休憩。

d0182179_14314773.jpg

初日から特に緊張した様子も見せず、
大人たちの中にスッと溶け込んでいてビックリしましたが。


天真爛漫でのびのびとしていて、
りさちゃんはなかなかの大物かもしれません。


ちょっと天然な感じが私に似てるかも??





とにかく、
今年の職場体験も無事終了。


地域の中学生を受け入れるということは、
ここで交流したことによってできたご縁がこの先も続いていくということ。


もちろん、
「中学生が将来設計をする上での大事な経験」という目的の活動なのでしょうが、

地域の大人と子どもとのつながりができるという意味でも、
とても有意義なことだと思います。


人口減少が進む私たち地域においてのキーワード「地域活性化」。

そこに暮らす大人と子どもが手を取り合うことで、
いろんな地域活性活動が可能になると思うので。


来年度の職場体験もまた楽しみにしたいと思います。




※りさちゃんのご家族からは掲載許可をいただいています。




# by shinyanagi | 2018-08-07 08:05 | イベント | Comments(0)
届きました。

雪室で貯蔵されたじゃがいもとにんじん。

d0182179_07502433.jpg

レトルトカレーの具材です。
これで1000食分です。




どぶろくも数日前に納品されました。


d0182179_08024623.jpg




今まで何度も何度もカレーの試作を繰り返してきました。

でも今度は試作じゃない。
ついに本番です。


来週、長岡の工場でレトルト加工されて、
いよいよ製品化の運びです。




カレー開発に意欲を燃やして頑張り続けてはいたけれど、

でもそれとは裏腹に、
「私、途中で投げ出すんじゃないだろうか?」
「果たして本当にカレーはできるのだろうか?」
的な不安はいつもありました。


だから、
まだまだこれから大変なことたくさんあって気は抜けないですが、
でもまずはここまで来れて本当に嬉しいです。





補助金にもチャレンジしました。


d0182179_08035437.jpg


1ヶ月ほど、申請書類の作成にかかりきりで、
これも投げ出したくなるほど大変だったけど、

商工会の室長からたくさん助けてもらって何とか書き上げました。


申請書を提出しに行った時、
受け付けてくださった担当の方が、「よく頑張りましたねー」ってほめてくれたんですよね。

それ、めちゃくちゃ嬉しかったです。






並行してパッケージも検討を進めています。

d0182179_08052369.jpg

フリーのデザイナーさんにお願いしています。

たたき台として、何パターンものデザイン案を出してもらって、
それをもとに妹に相談に乗ってもらったりしています。

上の写真は、妹との検討会の図。





以前、ブログで、
「安塚のキューピッドバレーの雪室に野菜を入れさせてもらって、それを具材として使う予定」
と書きましたが。


結局、今回本番ではその野菜は使わず、

地元の上越フルーツさんから仕入させてもらいました。


上越フルーツさんが独自に研究検証を重ねられて、
温度、湿度、貯蔵期間など、ベストな状態で管理されている、
本当に品質の良いにんじんとじゃがいもです!


d0182179_08071698.jpg

d0182179_08084654.jpg


雪室の中でじっくりと熟成されているからか、
びっくりするくらい甘くておいしいですよ。




きれいな水とお米から作られた自慢のどぶろくと、
雪室で仕込まれた糖度の高い野菜たち。

これで主役が揃いました。

ご当地レトルトカレー、間もなく完成します!











# by shinyanagi | 2018-07-31 22:26 | 新柳ってこんなところ | Comments(0)

虹と夕焼け

夕方、
東の空に大きな虹が弧を描いているのを見つけて、

写真撮ろう!
と慌てて屋上に上りました。


d0182179_20111779.jpg

事務所で仕事をしていて、
ちょっと気分転換に外に出たら、この虹に遭遇できました。

なぜかふと外に出てみようと思ったんですよね。

特に理由もなくふっと思い付くことというのは何かのお知らせだ。
って本で読んだことありますが。

まさしく、
「外に出たらいいことあるよ。」っていうお知らせが来てたのかもしれませんね。





さて、屋上は360度を見渡せるので、
東の空から西の空に目を移すと、こんなにきれいなオレンジ色!

d0182179_20193812.jpg

大きな虹と夕焼け空。

どちらも感動的な美しさでした。



今日は私の誕生日。

私が生まれた日の空はどんなだったのかな~


この1年は挑戦の年だったけど、
これからの1年は「もっともっと挑戦」の年にする!

と空を眺めながら気持ちを新たにしました。








# by shinyanagi | 2018-07-28 22:10 | 夏の風景 | Comments(0)
上越地域限定のフリーマガジン「365【サンロクゴ】」。

先月創刊になったばかりの地域密着情報誌ですが、

地元の皆さんはもうご覧になりましたか?

d0182179_19383963.jpg



その365の今月号、
8月号に深山荘のジンギスカン広場が載ってるんです。


d0182179_19391656.jpg






掲載が決まって、そのための写真撮影をしたのですが、
以下はその時の様子です。


d0182179_19401823.jpg


d0182179_19411803.jpg



d0182179_19555427.jpg


モデルになってくれているのは私の強い味方たち。

イベントや撮影などで子どもメンバーが必要な時、いつもお助け隊として来てくれる
ゆあちゃん、ちいちゃん、るかちゃん、れなちゃんの4人とママです。





これは、3年くらい前、深山荘で雪遊びの撮影をした時の彼女たち。


d0182179_11453074.jpg


この頃の写真を見ると、
みんな大人っぽくなったなーと改めて感じます。

いつもこちらのお願いに対して、気持ち良く応えてくれるので、
本当にありがたい存在です。


みんな、
これからもどうぞよろしくね!




さて、
肝心のジンギスカン。


d0182179_19420417.jpg


柔らかラム肉と野菜のセットが用意されているので、
手ぶらで来ても大丈なんですよ。

もちろんお好きな材料のお持ち込みもOKです。


ちなみに、ラム肉と野菜のセットは2人前1200円。
要予約になります。

d0182179_19422751.jpg


セットになっている自家製のタレがまた最高に美味しいので、

材料お持ち込みの場合も、ぜひラム肉と野菜のセットを1セットだけでもご注文してもらって、
自家製タレをゲットしていただければと思います。



館内には広々キッズスペースもあり。

d0182179_19443273.jpg


涼しい館内で子どもたちを遊ばせれば、
熱中症の心配もないですね。


ということで。

いよいよ始まる夏休み。

遊べる深山荘へ、
ご家族、お友達お誘い合わせの上、
是非是非遊びに行ってみてくださいね。


皆様のご来館、お待ちしています。





◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら









# by shinyanagi | 2018-07-21 16:29 | 深山荘のこと | Comments(0)

精進料理のご注文


昨日の調理場。

d0182179_21165255.jpg

折詰料理が並んでます。


お寺の報恩講のご注文で、
仕出しの精進料理を作っています。



全体的に落ち着いた色合いで華やかさはないけれど、
それがかえって厳かな上品さを醸し出していますよ。



もちろんすべてが手作りです。

たとえば、白和え。

d0182179_21211205.jpg


ピーナッツバターが練り込まれているという隠し技ありのこの白和え。

めちゃくちゃクリーミーで、
ほんのりとした甘さとコクが後引くおいしさです。




地元産ユウガオの煮物。

d0182179_00114517.jpg

あんかけがトロトロで冷めてもとてもおいしい、どこか懐かしいお味です!




野菜のかき揚げ。

d0182179_21213584.jpg


ご注文の時に、住職から
「必ず入れてください。」とご希望のあったかき揚げ。

パリッと揚がってますよ。




こちらもご希望がありました。

手作りゴマ豆腐です。

d0182179_21220144.jpg

5~6センチ角くらいはあるビッグサイズです。

ゴマの風味が香ばしくて、市販のものとは全く別物のおいしさですよ。


そして、そこに添えられているのは、
椎茸の甘露煮と里芋のウニ焼きです。




拡大したらピンボケになってしまいましたが・・・

これが里芋のウニ焼き。

d0182179_23433178.jpg


里芋の上にウニを練ったものをとろっとかけて、
コンベクションで焼き上げました。


振りかけられたケシの実の粒々食感と磯の香り。
その両方が楽しい一口サイズの里芋です。





「磯の香り」といえば・・・


今、新柳の会席コースでは夏らしいこんな焼き物料理をお出ししています。

d0182179_05542146.jpeg

サザエのつぼ焼きと海老の鬼殻焼き。

磯の香りがお部屋中に広がって、お客様から大好評をいただいてます!






話戻ります。

ということで。


d0182179_21184437.jpg


新柳では、このような精進料理もそうですし、
その他、お客様のご要望にできる限りお答えしてお料理をお作りしています。


特別のご希望などあれば、
どうぞ何なりとお申し付けくださいね。








◆牧湯の里深山荘ホームページはこちら
◆割烹新柳ホームページはこちら



# by shinyanagi | 2018-07-15 07:26 | 新柳のお料理 | Comments(0)